レガシ メディア エンコーダーの廃止 (2019 年 11 月 30 日)

更新: 2月 11, 2020

これまでの数年間、Azure Media Services のエンコード機能は着実に改善され続けてきました。Media Encoder Standard (MES) および Premium Workflow (MEPW) エンコーダー機能は、機能、堅牢性、信頼性、パフォーマンス、価格の面で大幅な改善を遂げています。これに対し、レガシ エンコーダーの Windows Azure Media Encoder (WAME) および Azure Media Encoder (AME) は以前のテクノロジを基に構築されたものです。これらのコンポーネントに依存するワークフローは、今では不利な状況に置かれています。 

そのため、WAME および AME の両方のレガシ コンポーネントは 2019 年 11 月 30 日をもって廃止されることになりました。お客様には、Media Encoder Standard (MES) または Premium Workflow (MEPW) エンコーダー機能を使用するように、コードを移行していただくことが必要になります。 

どのような影響がありますか?

2019 年 11 月 30 日以降、レガシ WAME または AME メディア プロセッサを使用して開発したアプリケーションでは、現在の MES または MEPW エンコーダー機能にアプリケーションを更新するまでジョブ エラーが発生する可能性があります。

どのような対応が必要ですか?

アプリケーションの中断を避けるため、MES または MEPW エンコーダー機能を使用するようにコードを更新してください。詳細については、「Windows Azure Media Encoder から Media Encoder Standard に移行する」および「Azure Media Encoder から Media Encoder Standard に移行する」を参照してください。

  • Media Services
  • Retirements

Related Products