ナビゲーションをスキップする
プレビュー

Visual Studio Code 用の Azure API Management 拡張機能を使用して Azure Functions を生成する

公開日: 11月 02, 2020

Visual Studio Code 用の Azure API Management 拡張機能を使用して Azure Functions を生成できるようになりました。この新しい実験的な機能は、API の定義に基づいて、API に必要なすべての関数のスキャフォールディングを行うのに役立ちます。生成後は、必要に応じて各関数にビジネス ロジックを追加できます。現在、C#、Java、Python、TypeScript がサポートされていて、JavaScript と PowerShell が近々サポートされます。

リリースに関する詳細をご覧ください

  • API Management
  • Features

関連製品