プレビュー

REST API を使用して Power BI レポートを PDF、PPTX、PNG ファイルにエクスポートする

Published date: 3月 09, 2020

REST 呼び出しを使用して Power BI レポートを PDF、PPTX (PowerPoint)、PNG ファイル形式にエクスポートできる機能セットが Power BI に追加されました。

この Export-To-File API は、さまざまな方法で使用できます。

  • 印刷用に送信するボタンの作成 - お使いのアプリケーションで、クリックするとエクスポート ジョブをトリガーするボタンを作成できます。このジョブでは、表示されたレポートを PDF または PPTX としてエクスポートできます。それが完了すると、ユーザーはファイルをダウンロードとして受け取ることができます。API は非同期であるため、ファイルが使用可能になるまでに時間がかかることがあります。
  • メールの添付ファイル - 添付 PDF レポートを使用して、設定した間隔で自動でメールを送信できます。これは、週次レポートを役員に自動的に送信する場合などに便利です。

Export-To-File API が呼び出されると、エクスポート ジョブがトリガーされます。エクスポート ジョブをトリガーした後、Polling API を使用してジョブが完了するまで追跡できます。エクスポート ジョブが完了すると、Polling API 呼び出しによって、ファイルを取得するための Power BI URL が返されます (URL は 24 時間の間利用できます)。この API は、同時エクスポート ジョブ要求をサポートしています。同時に実行できるジョブの数は、レポートが存在する SKU によって異なります。

新しい API には、次の機能セットが用意されています。

  • 選択したレポート ページのエクスポート - エクスポートするページとその順序を指定します。
  • ブックマーク - ブックマーク機能を使用して、フィルターを適用した後、特定の状態でレポートをエクスポートできます。
  • 行レベル セキュリティ (RLS) - 行レベル セキュリティ (RLS) を使用して、特定のユーザーにのみ表示されるデータが含まれるレポートをエクスポートできます。たとえば、リージョン別のロールで定義された売上レポートをエクスポートする場合は、特定の地域のみが表示されるように、プログラムでレポートをフィルター処理できます。
  • データ保護 - PDF および PPTX 形式で秘密度ラベルがサポートされます。機密度ラベルが設定されたレポートを PDF または PPTX にエクスポートすると、エクスポートされたファイルには、そのレポートとその秘密度ラベルが表示されます。
  • ローカリゼーション - API を使用するときに、目的のローカルを渡すことができます。ローカライズの設定は、たとえば、選択したロケールに従って書式設定を変更するなど、レポートの表示方法に影響を与えます。

レポートとエクスポートするレポートのデータセットの両方が、Premium または Embedded 容量に存在する必要があることに注意してください。その他のプレビューの制限事項については、ファイルへのレポートのエクスポートの記事をご覧ください。

また、すべての新しい Power BI API と同じように、Export-To-File API は Power BI API .NET SDK v3にのみ含まれていることに注意してください。

詳細情報

<p"> </p">
  • Power BI Embedded
  • Features
  • SDK and Tools

Related Products