提供中

Data Factory のデータ フローにスキーマのインポート、接続テスト、カスタム シンクの順序付けが追加

公開日: 2月 07, 2020

デバッグ クラスターからスキーマをインポート

アクティブなデバッグ クラスターを使用して、お使いのデータ フロー ソースにスキーマ プロジェクションを作成できるようになりました。

すべてのソースの種類で使用できます。スキーマをインポートすると、データセットで定義されているプロジェクションが上書きされます。データセット オブジェクトは変更されません。スキーマの作成と変更に関する既存のすべての方法は引き続き有効で、互換性があります。

[プロジェクション] タブの詳細については、データ フロー ソース ドキュメントをご覧ください。

Spark クラスターで接続をテストする

データ フローで Spark を使用する場合、アクティブなデバッグ クラスターを使用して、データ ファクトリがお客様のリンク済みサービスに接続できることを確認できます。これは、データ フローで使用する場合にお客様のデータセットおよびリンク済みサービスが有効な構成であることを確認するための、整合性チェックとして役に立ちます。

カスタム シンクの順序付け

お使いのデータ フロー内に複数の宛先がある場合に、データ フローの書き込み順序を指定できるようになりました。既定では非決定的であるため、カスタム シンクの順序付けを有効にすると、データ フロー シンクの順次書き込みが可能になります。

カスタム シンクの順序付けの詳細についてご確認ください。

詳細については、Tech Community の投稿をご覧ください。

  • Data Factory
  • Features

関連製品