ナビゲーションをスキップする
提供中

評価用の Azure Sphere OS バージョン 21.02 の提供を開始

公開日: 2月 18, 2021

Retail Evaluation フィードで、評価用の Azure Sphere OS 更新プログラム 21.02 の提供が開始されました。 Retail Evaluation の期間として 14 日間が設けられており、下位互換性のテストを行うことができます。この期間中に、お使いのアプリケーションとデバイスがこのリリースで正常に動作することを、Retail フィードを通じてリリースが広範囲にデプロイされる前に確認してください。2 週間後に 21.02 が公開されるまで、Retail フィードでは引き続き OS バージョン 21.01 が提供されます。 Retail Evaluation の詳細については、ブログ記事「お客様が実行する最も重要なテスト: Azure Sphere Retail Evaluation」をご覧ください。

 評価リリースには OS 更新プログラムのみが含まれていて、更新された SDK は含まれません。

21.02 リリースでの互換性テストで特に重点を置くべき領域には以下が含まれます。

  • /proc/<pid>/syscall を利用するアプリと機能。
  • SNTP サーバーの機能。

さらに、21.02 リリースには、次の CVE を軽減するための更新プログラムが含まれています。

  • CVE-2021-3336
  • CVE-2020-8285
  • CVE-2020-8286
  • CVE-2020-8284
  • CVE-2020-8231

Azure Sphere OS フィードと評価デバイス グループの設定の詳細については、「Azure Sphere OS のフィード」と「OS 評価用のデバイスを設定する」をご覧ください。

セルフヘルプでの技術的なお問い合わせについては、Microsoft Q&A または Stack Overflow にアクセスしてください。技術サポートが必要な場合やサポート プランをお持ちの場合は、Microsoft Azure サポートでサポート チケットを提出するか、担当の Microsoft テクニカル アカウント マネージャーにお問い合わせください。サポート プランを購入する場合は、Azure サポートのプランをご検討ください。

  • Azure Sphere
  • Operating System

関連製品