提供中

Azure Service Fabric 7.0 の提供開始

公開日: 12月 11, 2019

新しい Azure Service Fabric リリースの提供開始このリリースでは、安定性とパフォーマンスの向上に加えて、次のようないくつかの新機能が導入されています。

  • リソースのガバナンスと分離の改善。
  • ステートレス サービスのカスタマイズ可能な安全性チェック。
  • クラスター操作の安全性チェックの追加。
  • “VeryHigh” MoveCost のサポートにより、許容度がほとんどないワークロードのプロアクティブなリバランスに対応。
  • Service Fabric Explorer UI を使用したバックアップと復元サービスの管理。
  • ステートフル サービスのアップグレードの安全性を判断するための ReliableCollectionsMissingTypesTool の提供。
  • 整合性があり安定したセカンダリ読み取りの提供。
  • プレビュー:
    • 範囲およびシーケンスベースの ReliableDictionary 操作。
    • アプリケーション シークレットに対応するための KeyVaultReference を介したマネージド ID 統合。

詳細については、リリース ノートコミュニティのお知らせをご覧ください。

  • Service Fabric
  • Features

関連製品