提供中

コンテナーの Azure Monitor が利用可能

公開日: 12月 11, 2018

一般提供が開始されたコンテナーの Azure Monitor は、Azure Kubernetes Service (AKS) でホストされている Kubernetes クラスターの正常性とパフォーマンスの監視を行います。このサービスのプレビューの開始 (2018 年 5 月のビルド) 以来、AKS クラスター作成直後に監視を有効化する機能などの新機能について、お客様から喜びの声を多数いただきました。現在は、コンテナーへのサインインや他のツールを使用せずに、Azure の集中管理された場所ですべての監視テレメトリを取得することもできるようになりました。プレビュー開始後、以下の新機能が追加されました。

  • マルチクラスター ビュー— マルチ クラスター ビューではサブスクリプション、リソース グループ、ワークスペースにおけるすべての AKS クラスターが検出され、正常性ロールアップ ビューで表示されます。監視されていないクラスターを発見することもでき、その場合は数回クリックするだけで監視を開始できます。  
  • パフォーマンス グリッド ビュー— パフォーマンス グリッド ビューには、ノード、コントローラー、コンテナーの正常性とパフォーマンスが表示され、ドリルダウンによる詳細分析が可能となります。ノード ビューのタブから、ポッドでノイズの多い近隣ノードの問題を検出し、その問題を抱えているコントローラーの詳細を簡単に調べることができます。また、コントローラーの制限、要求の設定、実際の使用状況を見て、コントローラーが正しく構成されているかどうかを判断することもできます。詳細を調べるには、そのコントローラーに関連付けられている Kubernetes イベント ログを確認します。
  • ライブ デバッグ— ライブ ログを使用すると、コンテナー ログのライブ ストリームがリアルタイムで Azure portal に表示され、対話形式で問題のトラブルシューティングを行うことができます。ライブ ストリームを一時停止してログ ファイル内でエラーや問題を検索することができます。Azure Monitor ログとは異なり、ライブ ストリーム データは一時的なものであり、リアルタイムのトラブルシューティングのために使用されます。
  • オンボード— Azure portal に加えて、コンテナーの Azure Monitor のオンボーディングを自動化する方法がいくつか追加されました。現在は、Azure CLI (単一のコマンド)、ARM テンプレート、Terraform を使用できます。

詳しくは、この ブログ記事 および弊社のドキュメントを参照してください。 

  • Azure Monitor
  • Azure Kubernetes Service (AKS)
  • CLIs
  • Services