ナビゲーションをスキップする
プレビュー

Azure Cognitive Services コンテナーがプレビュー段階に入りました

公開日: 11月 14, 2018

コンテナー サポートのプレビュー版をいくつかの Azure Cognitive Services で利用できるようになりました。たとえば、Computer VisionFaceText Analytics などです。コンテナー サポートを利用して、Azure Cognitive Services をオンプレミス、エッジに展開します。Cognitive Services コンテナーを使用すると、開発者は Azure で利用できるものと同じインテリジェント API を使用できますが、それに加えて Docker コンテナーの持つ柔軟性を享受できます。データを完全に制御しつつ、Cognitive Services を使用することができます。これは、データをクラウドに送信できない状況で、Cognitive Services テクノロジを利用する必要がある場合に不可欠です。Cognitive Services コンテナーを使用すると、ソリューションに展開するモデルのバージョン管理と更新を柔軟に行うことができます。クラウド、オンプレミス、エッジに展開できる移植可能なアプリケーション アーキテクチャを作成することもできます。

詳細については、ドキュメントをご覧ください。

  • Azure Cognitive Services
  • Services