ナビゲーションをスキップする
提供中

Azure Automation の更新された DNS レコード

公開日: 6月 22, 2020

Azure Private Link などの Azure Automation の新機能をサポートするため、Automation の URL が更新されました。リージョン固有の URL の代わりに、アカウント固有の URL になりました。 特定のリージョンに対して定義されている Automation アカウントをお持ちの場合は、お使いのファイアウォールのセキュリティ規則で次の DNS レコードを使用するか、ハイブリッド Runbook Worker の通信をそのリージョンのデータセンターに制限してください。 

旧 Automation URL:

ac-jobruntimedata-prod-su1.azure-automation.net

ac-agentservice-prod-1.azure-automation.net

 

パブリック クラウド用に変更:

https://<accountId>.webhook.<region>.azure-automation.net :    

Webhook URL で POST を行うことによって Runbook を開始するために必要です。  

 

​https://<accountId>.agentsvc.<region>.azure-automation.net :   

Automation の状態の構成のシナリオで必要です。 

 

​https://<accountId>.jrds.<region>.azure-automation.net : 

ハイブリッド ジョブのハイブリッド Runbook Worker に必要です。

 

​​​説明

<accountID> は Automation のアカウント ID です。

<region> は各 Automation リージョンのリージョン コードです。

Automation アカウント ID を [Automation アカウント] ブレードの [キー] セクションから取得します。

​ 

注意: 1.6.10.2 以降のバージョンが使用されていない限り、Linux ハイブリッド ワーカーの登録は新しい URL では失敗します。*新規* でご登録の場合は、新しいバージョンの Linux ハイブリッド ワーカーにアップグレードしてください。 

すべての既存のマシンは、問題なく動作し続けます。 こちらで言及されている古い Automation URL は、お客様が移行の時間を確保できるよう、引き続き機能します。  

各リージョンの新しい DNS レコードについての詳細は、こちらをご覧ください。

 

  • Automation
  • Services
  • Security

関連製品