提供中

Azure API Management の更新情報 (11 月 28 日)

更新: 11月 29, 2018

11 月 28 日に、Azure API Management サービスの定期更新が開始されました。以下のバグ修正、変更、新機能が含まれています。

  • "ユーザーの招待" 機能のセキュリティ強化。招待されたユーザーが現在のパスワードを提供せずにパスワードを変更できるバグを修正しました。
  • "試してみる" 機能のセキュリティ強化。開発者ポータルの "試してみる" コンソールにアップロードするファイルのサイズの上限を 2MB に設定しました。回帰を緩和したため、シークレットが既定で非表示に戻り、"表示" ボタンが以前と同じように機能するようになりました。
  • 開発者ポータルのバグ修正。いくつかの有効なサブスクリプションがポータルに表示されない要因となる問題を修正しました。さらに、ユーザー プロファイルの名前変更がポータルにすぐに反映されるようになりました。
  • OpenAPI のインポートまたはエクスポートの信頼性の向上。"ファイル" 型のパラメーターの一連の操作を正しく実行できるようになりました。 スキーマの操作を最適化したため、特にサイズの大きいスキーマの作成または変更操作が大幅に改善されました。
  • 中国および US Gov リージョンでの MSI サポート。それらのリージョンにいるユーザーは、Azure Key Vault で保管されている TLS 証明書を使用できるようになりました。
  • Azure portal での分析レポート。発行者ポータルで入手できたのと同じレポートのプレビュー版を Azure portal でも入手できるようになりました。この機能が一般公開されたら、発行者ポータルからそれらのレポートを削除する予定です。
  • .NET SDK の新しいバージョン。2018-01-01 API の安定バージョンが使用され、いくらかの変更が加えられています。

更新は一括で徐々に展開され、アクティブなサービス インスタンスすべてが受け取れるまでには 1 週間以上かかります。

  • API Management
  • Features

Related Products