提供中

Azure API Management の更新情報 - 2020 年 6 月

公開日: 6月 11, 2020

Azure API Management の定期的なサービス更新プログラムの配信が 2020 年 6 月 10 日に開始されました。これには次のような新機能、バグ修正、変更と、その他の改善事項が含まれています。API Management サービスで更新プログラムを受信するには、1 週間以上かかることがあります。

新着

  • Validate-jwt ポリシーでは、アップロードされた証明書を使用して、RSA 署名済みおよび RSA 暗号化済みの JWT 検証がサポートされるようになりました。
    • 発行者の署名キーの certificate-id 属性は、証明書のエンティティ識別子を指定します。
    • 発行者の署名キーの n 属性は、base64url エンコード RSA モジュラスを指定します。
    • 発行者の署名キーの e 属性は、base64url エンコード RSA 指数パラメーターを指定します。
    • 暗号化キーの certificate-id 属性は、証明書エンティティ識別子を指定します。
  • API Management では、zlib でラップされた Deflate ストリームの展開がサポートされるようになりました。
  • セルフホステッド API ゲートウェイでは、JSON から標準出力へのログ記録がサポートされるようになりました。
  • セルフホステッド API ゲートウェイでは、UDP 経由での DNS エンドポイントへのローカル テレメトリのログ記録がサポートされるようになりました。

変更

  • メトリック監視 DNS ゾーンは、.nsatc.net から .microsoftmetrics.com に変更されています。サーバーの IP アドレスは変更されていません。
  • ノードのホスト名が、セルフホステッド API ゲートウェイのハートビートに含まれるようになりました。
  • API Management では、秘密キーなしで証明書をアップロードできるようになりました。秘密キーの存在は、構成の変更中 (認証-証明書ポリシー、バックエンド エンティティ、ゲートウェイの hostnameConfiguration エンティティ)、またポリシー式の実行中に確認されます。
  • Application Insights テレメトリのプロパティが変更されました。
    • Apim Request Id カスタム プロパティの名前が Request Id に変更されました。
    • ApimanagementRegion カスタム プロパティの名前が Region に変更されました。
    • ApimanagementServiceName カスタム プロパティの名前が Service Name に変更されました。
    • 要求テレメトリの Operation Name は、API と操作が一致する場合、api_id;rev=api_revision - operation_id の形式になりました。それ以外の場合は、古い形式 HTTP_VERB - request_url が使用されます。

開発者ポータルでは、個別のリリース ライフサイクルが追跡され、リリースごとの変更ログを GitHub で確認できます。

 

  • API Management
  • Features

関連製品