提供中

Azure API Management の更新情報 - 2020 年 2 月

公開日: 2月 24, 2020

Azure API Management のサービス更新プログラムの配信が 2020 年 2 月 20 日に開始されました。これには次のような新機能、バグ修正、変更、およびその他の改善事項も含まれています。

新着

  • 診断 (グローバルおよび API レベル) で新しい logClientIp プロパティを使用して、ログでクライアントの IP アドレスを非表示にすることができます。IP アドレスは 0.0.0.0 に置き換えられます。
  • disableGateway プロパティを使用して、リージョンの API ゲートウェイで API トラフィックを無効にできるようになりました。例えば次が挙げられます。
    • 新しいリージョンを追加した後に、初めは無効のままにして、先にリージョンのバックエンド サービスの構成とテストを行います。
    • リージョンのバックエンドが障害の影響を受けた場合に、リージョンを無効にして、API 要求を正常なリージョンに自動的にリダイレクトできます。

このプロパティは、2019-12-01-preview バージョン以上の API でサポートされていて、内部仮想ネットワークでデプロイされたサービスではサポートされていません。リージョンをすべて無効にすることはできません。
下記の例では、"米国東部" という場所は無効になっていますが、プライマリの場所である "米国西部" はアクティブなままです。

clip_image002

  • サービスが仮想ネットワークでデプロイされている場合に接続を確認するために、Network Status API を使用して新しい GCS エンドポイント gcs.prod.monitoring.core.windows.net を監視できるようになりました。監視およびログ機能が動作するためには、このエンドポイントに対するアクセス許可が必要です。
    エンドポイント prod.warmpath.msftcloudes.com は、間もなく非推奨になる予定です。

固定

  • Azure Monitor のログで、クライアントの待機時間の原因が誤って API Management の待機時間にされることはなくなりました。
  • 従量課金レベル サービスによって内部サーバー エラーの詳細がクライアントに表示されることはなくなりました。

変更

  • トレース ポリシーのメッセージとメタデータ フィールドで、オブジェクトの種類ではなく、文字列のみを返せるようになりました。
  • 添付された証明書の有効期限が切れている場合、カスタム ドメインのバインドは、従量課金レベル サービスをアクティブ化したときにサービスから自動的に解除されます。
  • API オブジェクトの subscriptionRequired プロパティが常にペイロードで返されるようになりました。以前は、値が true の場合は省略されていた可能性があります。

開発者ポータルでは、個別のリリース ライフサイクルが追跡され、リリースごとの変更ログを GitHub で確認できます

詳細についてはこちら (英語) をご覧ください

  • API Management
  • Features

関連製品