App Service で Java 11 のサポート (Linux と Windows) を開始

2019年5月7日 に投稿済み

App Service で Java 11 のサポートが開始され、言語サポートは Java ランタイムの 2 つの最新 LTS バージョンに拡張されました。 これにより、無料のセキュリティ パッチとプラットフォーム バグ修正をすべて受けながら、予定外の Java SE サブスクリプション料金を負担することなく Java アプリケーションを実行できるようになりました。Java 11 のサポートは Linux バージョンと Windows バージョンの両方の App Service で提供されており、一般提供が開始されました。

詳細についてはこちら (英語) をご覧ください

詳細についてはこちら (英語) をご覧ください

Related feedback