提供中

Azure Analysis Services の多対多リレーションシップの一般提供が開始されました

公開日: 4月 14, 2020

Azure Analysis Services の多対多リレーションシップの一般提供が開始されました。これらは、両方の列が一意ではないテーブル間のリレーションシップであり、Power BI の多対多リレーションシップに基づいています。

多対多リレーションシップの結果生成されるモデルでは、論理的にグループ化された列を含むテーブル数が少なくなるため、それによりユーザー エクスペリエンスが向上し、ディメンション テーブルを正規化する必要がなくなります。リレーションシップは、ディメンション テーブルとファクト テーブルの間で、ディメンションのキー列よりも高い粒度で定義することができます。たとえば、製品カテゴリ レベルで予算を定義する場合は、製品ディメンションを別々のテーブル (製品の粒度のテーブルと製品カテゴリの粒度のテーブル) に正規化する必要がありません。

多対多リレーションシップのシナリオの詳細については、ドキュメントをご覧ください。

多対多

SQL Server Data Tools またはオープンソースのコミュニティ ツールである Tabular Editor を使用して、多対多リレーションシップを作成できます。または、TOMTMSL などの SSAS プログラミングおよびスクリプト インターフェイスを使用することもできます。

  • Azure Analysis Services
  • Features
  • Services