Azure の更新情報

Azure 製品の重要な更新情報、ロードマップ、お知らせをご確認ください。最新情報を入手するために通知を受け取ることができます。

RSS フィード

8月 2019

08/19

App Service および Functions での Linux 向けマネージド ID の一般提供

提供中

App Service on Linux および Azure Functions Linux 従量課金プランでのマネージド ID のサポートが一般提供されました。

  • App Service (Linux)
  • Azure Functions
  • Features
  • Security
08/19

App Service および Azure Functions でのユーザー割り当てマネージド ID の一般提供

提供中

App Service および Azure Functions でのユーザー割り当てマネージド ID のサポートが一般提供されました。

  • App Service
  • App Service (Linux)
  • Azure Functions
  • Features
  • Security

7月 2019

07/24

Azure Functions Premium プランでの Linux のサポート

プレビュー

Azure Functions Premium プランのプレビューが、Linux ホスティングおよびカスタム Docker コンテナーにまで拡張されました。

  • Azure Functions
  • Features
  • Open Source
  • Services

5月 2019

05/07

Durable Functions による新しいステートフルなエンティティ パターンのサポート開始

プレビュー

Durable Functions で、新しいステートフルなエンティティ パターンがサポートされるようになり、アクターにマップするステートフルな Azure Functions を構築できるようになりました。

  • Azure Functions
  • Features
  • Microsoft Build
  • Services

4月 2019

04/29

Azure Functions の PowerShell サポート

プレビュー

Azure Functions の PowerShell サポートのプレビュー版を使用して、操作タスクを自動化したり、ネイティブの Azure 統合を活用してサービスの提供と管理を最新化したりできるようになりました。

  • Azure Functions
  • Features
  • Services
04/03

Azure Functions の Premium プラン

プレビュー

Premium Plan は Function Apps の新しいホスティング オプションです。これにより、事前ウォーミングされた worker が提供されるため、アプリを実行する際に、アイドル状態になった後の遅延が発生したり、VNET の接続や強力なハードウェアが必要になったりすることがありません。待ち時間やスケールで妥協する必要がなくなります。

  • Azure Functions
  • Services

3月 2019

03/06

SignalR Service のバインド

提供中

Azure Functions では、SignalR Service のバインドを使用して、関数実行の一環としてリアルタイム データを Web アプリに送信できるようになりました。バインドは、C#、JavaScript、Java を含む、一般提供されているすべての言語でサポートされます。

  • Azure SignalR Service
  • Azure Functions
  • Features
  • Services

2月 2019

02/25

Azure Functions での TypeScript サポート用ツールの機能強化

提供中

Azure Functions での TypeScript 開発者エクスペリエンスが向上しました。新しいツールには、Azure Functions Core Tools、Visual Studio Code 用 Azure Functions 拡張機能のほか、TypeScript と Azure Functions を連携させたり、いくつかの npm スクリプトを使用したりして、一部の func コマンドを抽出するための型定義を含む npm パッケージなどがあります。

  • Azure Functions
  • Features
  • SDK and Tools
  • Services
02/25

Azure Functions、Java サポートの一般提供

提供中

Azure Functions では、Functions 2.0 ランタイム上での Java 開発のサポートが一般提供されました。

  • Azure Functions
  • Features
  • SDK and Tools
  • Services

12月 2018

12/04

サーバーレス コミュニティ ライブラリ

プレビュー

サーバーレス コミュニティ ライブラリは、Functions と Logic Apps を使用する一般的なユース ケースに基づいた、オープンソースの事前構築済みコンポーネント セットです。

  • Azure Functions
  • Microsoft Connect
  • Open Source
12/04

Durable Function の JavaScript サポートが利用可能です

提供中

本番のワークロードに使用される一般的な可用性 (GA) での JavaScript をサポートする Azure Functions ランタイムへの Durable Functions 拡張機能を用いて、サーバーレスなワークフローをプログラム的に調整します。

  • Azure Functions
  • Microsoft Connect
12/04

Azure Functions における Python のサポートはプレビュー段階です

プレビュー

Azure Functions では、Functions 2.0 ランタイム上で Python 開発をサポートするようになりました。

  • Azure Functions
  • Microsoft Connect

11月 2018

11/28

App Service on Linux/Web App for Containers のユーザー割り当てマネージド ID サポート

プレビュー

Linux アプリにはマネージド ID を使用し、App Service プラットフォームにはユーザー割り当て ID を使用します。これには、App Service プランでホストされている Azure Functions が含まれます。

  • Azure Functions
  • App Service (Linux)
  • Services
11/28

Azure Functions—Key Vault の統合

プレビュー

Azure Key Vault を Azure Functions と統合することによって、すぐに安全なサーバーレス アプリケーションを構築でき、シークレットの管理を活用して、ローテーション ポリシーおよび一元化されたアクセス制御の恩恵を受けることができます。

  • Key Vault
  • Azure Functions
  • Security
  • Services
11/14

Azure Functions 2.0 が IoT Edge で利用可能になりました

提供中

Azure Functions 2.0 ランタイムが IoT Edge で利用可能になりました。

  • Azure Functions
  • Azure IoT Edge
  • Services

9月 2018

09/24

Azure Functions

プレビュー

Azure Functions 2.0 ランタイムの一般提供を開始

  • Azure Functions
  • Services
09/24

Azure Functions - Functions ランタイム 2.0 の一般提供を開始

提供中

機能強化されたクロス プラットフォームの Azure Functions ランタイムの一般提供を開始しました。これにより、クロス プラットフォームの .NET Core アセットを Functions アプリ内で使用できるようになりました。

  • Azure Functions
  • Services
09/24

Azure Functions、Linux 向け従量課金プラン - パブリック プレビュー

プレビュー

Azure Functions で、Linux へのデプロイ向けの従量課金プランがサポートされるようになりました。

  • Azure Functions
  • Microsoft Connect
  • Services
09/24

Azure Functions - Python のサポート (プレビュー段階)

プレビュー

Azure Functions では、Functions v2 (クロス プラットフォーム) ランタイムで Python 3.6 を使用した Python 開発をサポートするようになりました。

  • Azure Functions
  • Services

8月 2018

08/14

Azure Functions Runtime 2.0 breaking changes

The upcoming release of the Azure Functions Runtime 2.0 introduces some major improvements, but some of these changes will cause breaks to existing apps deployed with the v2 runtime.

  • Azure Functions
  • Features
  • SDK and Tools

Build での Azure

関連資料

四半期ごとの Azure の更新情報の振り返りをダウンロードします。

2019 年第 4 四半期

2019 年第 3 四半期

2019 年第 2 四半期

Azure ブログで最新ニュースを確認しましょう。

ブログ

Azure へのご意見や今後の要望をお聞かせください。

フィードバックの提供

Azure は、他のどんなクラウド プロバイダーよりも多くのリージョンでご利用いただけます。

自分のリージョンで製品が利用可能か確認する