Azure Machine Learning を利用する

Azure Machine Learning は、運用環境における予測モデルのビルドからデプロイまでのプロセスを簡潔にして合理化します。

1.Azure サブスクリプションを作成する

1 か月間の無料試用版 Azure サブスクリプションにサインアップし、後でフル サブスクリプションにアップグレードすることができます。Azure サブスクリプションを直接購入することもできます。

Azure サブスクリプションを作成する

2.Machine Learning のワークスペースのセットアップ

ユーザーまたは IT サポートの担当者は、わずかな手順で Microsoft Azure クラシック ポータルで ML ワークスペースをセットアップできます。

  1. Microsoft Azure クラシック ポータルへアクセスし、画面の左下の [新規] をクリックします。
  2. [Data services] をクリックし、[Machine Learning] をクリックします。
  3. [簡易作成] をクリックし、[ワークスペース名]、[所有者]、および [Storage アカウント] に入力します。

詳細については、「Azure Machine Learning のワークスペースの作成」を参照してください。

ワークスペースのセットアップ

3.ML Studio の使用開始

最新の Web ブラウザーで稼動するワークベンチである Machine Learning Studio で、予測モデルをビルドします。前の手順で作成したワークスペースを使用します。

最初の予測分析のエクスペリメントを作成する方法

ワークスペースを利用する