ブロックチェーン

Azure Blockchain Service を使用して、よりスマートで効率的なサプライ チェーンを作成し、不正行為を減らし、トランザクションをより迅速に検証し、革新的な新しいビジネス モデルを生み出します。

開始する

Azure での 3 ステップの実証済みアプローチを使用してブロックチェーンで成功を収める

不変の共有ネットワーク上でデータとロジックを即座に共有して、ワークフロー全体でパートナー間の記録保持と検証を簡素化および迅速化します。Azure でのブロックチェーンに対する 3 ステップのアプローチを実施してコンソーシアム ネットワークを構築し、ガバナンスと管理を簡素化し、現在使用しているシステムとツールにブロックチェーン ソリューションを統合します。

コンソーシアム ネットワークをデプロイし、台帳をデプロイし、メンバーを招待し、権限を設定して、ブロックチェーン アプリケーションの基盤を作成します。

  • Azure Blockchain ServicePREVIEW を使用して、事前構成されたネットワークとマネージド インフラストラクチャから独自のアプリを構成、デプロイ、管理します。

コンソーシアムのビジネス ワークフローをスマート コントラクトでデジタル化し、共有データが不変であることを保証できます。

  • VS Code 用の Azure Blockchain 拡張機能に備わっている直感的に使用できる UI を使用し、スマート コントラクトを作成してコンパイルした後に、それを Azure Blockchain Service でデプロイします。
  • Azure DevOps でバージョン管理と更新を簡素化します。
  • 組み込みの Azure 接続や Azure Blockchain Workbench で使い慣れたツールを使用して、ブロックチェーンのシナリオをスピーディーに繰り返して検証できます。

インフラストラクチャとスマート コントラクトをセットアップした後の最終ステップは、独自のアプリを構築し、現在のビジネスで使用するツールと連携して動作するように拡張することです。

  • Azure Blockchain Service を使用してソースに接続し、台帳との間でデータを変換し、スマート コントラクトの結果をデータベースやアプリケーションに発行します。ブロックチェーン アプリをはじめて構築する場合は、Azure Blockchain Workbench テンプレートを使用します。
  • Azure Blockchain Development Kit を使用して、ブロックチェーン アプリケーションを既存のアプリおよびデータベースと接続して統合します。

Azure ブロックチェーン ソリューション アーキテクチャ

Ethereum ネットワークなどのブロックチェーン テクノロジでデータをセキュリティで保護してワークフローをデジタル化するしくみを、ここに示すアーキテクチャ シナリオで確認しましょう。

Blockchain workflow applicationBusinesses use blockchain to digitize workflows they share with other organizations, such as moving physical assets across supply chains. The anatomy of blockchain apps is similar across use cases. Here, we use Azure Blockchain Service as the foundational managed blockchain network and build a consortium application that can ingest signals from relevant user interfaces and communicate ledger data to consuming apps across the consortium.11234456
  1. 概要
  2. フロー

ブロックチェーン ワークフロー アプリケーション

概要

企業では、ブロックチェーンを使用して、サプライ チェーン全体での物的資産の移動など、他の組織と共有するワークフローをデジタル化しています。ユース ケースは違っても、ブロックチェーン アプリのしくみは似ています。ここでは、基盤となるマネージド ブロックチェーン ネットワークとして Azure Blockchain サービスを使用し、共同事業体アプリケーションを作成します。このアプリは、関連するユーザー インターフェイスから信号を取り込んで、共同事業体の全域にある消費アプリに台帳データを伝達します。

フロー

  1. 1 関連するアプリ、デバイス、データ ソースからメッセージ ブローカー (Azure Service Bus) にイベントまたはデータが送信されます。
  2. 2 分散型台帳テクノロジ (DLT) コンシューマー ロジック アプリが Service Bus からデータをフェッチし、トランザクションを構築して署名するトランザクション ビルダーに送信します。
  3. 3 署名されたトランザクションは、台帳固有のロジック アプリ コネクタを介して Azure Blockchain Service (フル マネージドの Ethereum コンソーシアム ネットワーク) にルーティングされます。
  4. 4 ブロックチェーン データ マネージャーは、構成済みのトランザクション ノードからブロックとトランザクション データをキャプチャし、イベントとプロパティをデコードしてから、データを構成済みの宛先に送信します。
  5. 5 メッセージ ブローカーは、台帳データをコンシューマー側ビジネス アプリケーションとオフチェーン データベースに送信します。
  6. 6 オフチェーン データベースへの接続により、情報は Power BI などのツールを使用して分析、視覚化されます。
Supply chain track and traceLearn how to use the Azure Blockchain Workbench. Build an asset tracking application for supply chain with a step-by-step flowchart.12345678
  1. 概要
  2. フロー

サプライ チェーンの追跡とトレース

概要

一般的なブロックチェーンのパターンに、IoT を利用した、マルチパーティ サプライ チェーンに沿って移動する資産の監視があります。食品や薬剤などの傷みやすい商品の冷蔵輸送がこのパターンの良い例であり、このような場合、輸送プロセスの全期間を通して一定のコンプライアンス ルールが守られなければなりません。このシナリオでは、サプライ チェーン上の管理者が遵守しなければならない契約上の条件 (必要とされる湿度および温度の範囲など) を、依頼元の取引先企業 (小売店など) が指定します。いずれかのポイントで、デバイスによって範囲外の温度または湿度が測定されたとします。すると、スマート コントラクトの状態が更新され、コンプライアンスが遵守されていないことが示されます。そして、ブロックチェーン上でトランザクションが記録され、ダウンストリームで修正イベントがトリガーされます。

フロー

  1. 1 IoT デバイスが IoT Hub と通信します。ルートとして構成された IoT ハブがそのルートと関連付けられたサービス バスに特定のメッセージを送信します。そのメッセージはデバイスのネイティブ形式のままであるため、Azure Blockchain Workbench で使用される形式に変換する必要があります。 変換は Azure ロジック アプリによって行われます。その IoT ハブに関連付けられたサービス バスに新しいメッセージが追加されるとトリガーされます。そして、そのメッセージが変換され、Azure Blockchain Workbench にメッセージを配信するために使用されるサービス バスに配信されます。 1 番目のサービス バスは IoT ハブ用の "送信トレイ" として効率的に機能し、2 番目のサービス バスは Azure Blockchain Workbench 用の "受信トレイ" として機能します。
  2. 2 DLT コンシューマーによって、メッセージ ブローカー (Service Bus) からのデータが取り込まれ、データがトランザクション ビルダー (署名者) に送信されます。
  3. 3 トランザクション ビルダーがトランザクションを作成して、それに署名します。
  4. 4 署名されたトランザクションがブロックチェーン (プライベート Ethereum コンソーシアム ネットワーク) にルーティングされます。
  5. 5 DLT ウォッチャーがブロックチェーンへのトランザクション コミットメントの確認を受け取り、その確認をメッセージ ブローカー (Service Bus) に送信します。
  6. 6 DB コンシューマーが、確認されたブロックチェーン トランザクションをオフチェーン データベース (Azure SQL Database) に送信します。
  7. 7 オフチェーン データベース (Azure SQL Database) への接続により、Power BI などのツールを使用して分析、視覚化される情報。
  8. 8 台帳からのイベントは、ダウンストリーム コンシューマーによって使用されるため、Event Grid と Service Bus に配信されます。"ダウンストリーム コンシューマー" の例としては、ロジック アプリや関数など、該当するイベントに対してアクションを実行するように設計されたコードが挙げられます。たとえば、Azure 関数では、イベントを受信して、それを SQL Server などのデータストアに配置することができます。

Azure ブロックチェーンに関する最新のニュースとリソースを入手

Azure ブロックチェーンにより、お客様はすばらしい成果を上げています

GE Aviation

GE Aviation はブロックチェーンを使用して、工場から飛行までの航空機部品の追跡を効率化しています。

Starbucks

Starbucks では、Azure を利用して、小作農家を支援し、その生産物を豆からバリスタの元まで追跡しています。

Insurwave

Insurwave 社では、分散型共通台帳を使用して、保険のクライアント、ブローカー、保険会社、第三者のリスクとエクスポージャーを削減しています。

Buhler

Bühler 社では、ブロックチェーン テクノロジを使用して、農場から食卓まで作物を追跡し、毎日 20 億人の人々のために食物の健全性と安全性を確保しています。

Singapore Airlines

Singapore Airlines では、Azure を利用して、顧客のマイルをブロックチェーンベースのトークンに変換し、そのトークンを小売業界のパートナーのネットワーク全体で利用できるようにしています。

Webjet

Webjet では、Azure を使用して、オンライン旅行市場向けの決済調整サービスである Rezchain をサポートしています。

3M

3M では、サプライ チェーンをセキュリティで保護するために、Azure Blockchain を使用して新しい「サービスとしてのラベル」アプローチを実現しました。

Nasdaq

Nasdaq では、ブロックチェーン テクノロジを資本市場に取り入れて、複数のブロックチェーンと支払いメカニズムからのトランザクションの受け渡し、支払い、決済を管理しています。

Xbox

Microsoft では、ブロックチェーン ソリューションを使用して、Xbox ゲーム パブリッシャーのロイヤルティ明細書を数か月ではなく数時間で計算できるようになりました。

よく寄せられる質問

  • ブロックチェーンは、複雑な暗号に基づいた記録保持とコントラクト実施のテクノロジです。組織は、アセットとトランザクションを共有台帳 (しばしば分散型台帳テクノロジ、または DLT と呼ばれます) で交換および追跡することで、サプライ チェーンのような共有ワークストリームを効率化できます。

    ブロックチェーンのネットワークはパートナーのコンピューターすべてに分散しており (コンソーシアム ネットワークと呼ばれます)、各パートナーは、ネットワークで発生するすべてのトランザクションをリアルタイムで確認できます。また、各パートナーは誤ったトランザクションが台帳に適用される前に拒否することができます。これにより、監査が簡素化され、不正行為のリスクが大幅に削減されます。

    サプライ チェーンと共有ワークストリームのアプリケーションに加えて、開発者はブロックチェーンを元にした製品やサービスを作成することで、新しい収入源を創出することができます。

  • 「ブロック」とは、ブロックチェーン内のデータの集まりで、一意識別子と履歴が含まれています。「ブロック」にはトランザクションの情報が格納されています。これには、日付、時刻、金額、さらにはトランザクション参加者のデジタル署名 (ユーザー名に似たもの) などがあります。

  • ブロックチェーンには、パブリック、プライベート、コンソーシアムという 3 つの主な種類があります。

    • パブリック ブロックチェーンは完全な分散型で、ネットワーク上に管理主体はいません。このチェーン上のすべてのトランザクションは、ネットワーク上のすべてのノードに公開されています。
    • プライベート ブロックチェーンは、個人が所有するもので、ノードにはネットワークへのアクセス権限が必要です。
    • コンソーシアム ブロックチェーンはプライベート ブロックチェーンの一種で、分散型の管理主体がネットワークの利益が最大になるように行動します。
  • ブロックチェーンは透過的で検証可能なシステムです。トランザクションのセキュアな共有台帳が複数のコンピューターのネットワークに分散されていることから、ブロックチェーンでは無駄が排除され、不正行為のリスクが軽減され、さらには新たな収入源を生み出すことが可能になります。

  • Azure Blockchain Service では、Azure の複数の機能を使用して、データの安全性と可用性が維持されます。データは、分離、暗号化、認証を使用してセキュリティで保護されます。分散化と不変性という特徴によって、ブロックチェーンは高度なセキュリティを実現しています。

Azure Blockchain Service を使い始める

フル マネージド型のブロックチェーン ネットワークを数クリックでデプロイし、コード不要のコンソーシアム管理で大規模に管理します。

Block Talk を視聴

Channel 9 の Block Talk でデモを視聴して最新のブロックチェーン テクノロジについての情報を手に入れましょう。

Azure Marketplace を参照

Microsoft とパートナーによる既製のブロックチェーン ソリューションが多数あります。