ナビゲーションをスキップする

Azure Confidential Ledger

高信頼実行環境 (TEE) でホストされ、暗号的に検証可能な証拠に裏付けられた、改ざん防止の非構造化データ ストア

安心のデータ保存

Azure confidential ledger は、ブロックチェーンに裏付けられたデータ エントリ用に管理され分散された台帳を提供します。改ざん防止ストレージにより、未承認または偶発的な変更を防止することで、データの整合性を維持します。Azure の機密コンピューティングで使用されるハードウェアを利用したセキュリティで安全なエンクレーブを使用して、静止時、転送中、使用中のデータを保護します。

Blockchain 構造体を基盤とする改ざん防止データ ストレージ

任意のタイミングで利用可能な改ざんの証拠

転送中のデータの保護を含む、Azure コンフィデンシャル コンピューティングのすべてのメリット

トラステッド コンピューティング ベース (TCB) を管理するための柔軟なオプション

Blockchain によるデータ保護

時間が経過しても機密データ レコードが損なわれないようにすることができます。分散型の Blockchain 構造体では、合意ベースのレプリカと暗号的に署名されたブロックを使用して、Confidential Ledger にコミットされた情報を永続的に改ざん防止にしています。Blockchain ソリューションの主要な特徴であるコンソーシアムの概念を使用して分散型台帳アクティビティで共同作業するため、複数のパーティを追加するオプションが間もなく用意される予定です。

任意のタイミングで改ざんの証拠にアクセスする

保存されたデータが変更できないことを、ご自分で確かめて信頼できます。サーバー ノード、台帳に格納されているブロック、およびすべてのユーザー トランザクションについて、改ざんの証拠を示すことができます。また、各トランザクションの確認メッセージも利用できます。

Azure コンフィデンシャル コンピューティングのメリットを活用する

使用中のデータだけでなく、保存データや転送中のデータも保護できます。Confidential Ledger は、Azure コンフィデンシャル コンピューティングの高信頼実行環境 (TEE) でのみ実行されます。トランスポート層セキュリティ (TLS) はエンクレーブ内で終端します。これにより、クラウド プロバイダーと管理者はそのトラステッド コンピューティング ベース (TCB) の外部に保たれるため、最高レベルのセキュリティを実現できます。さらに、Confidential Ledger 内の各トランザクションは、信頼のハードウェア ルートによってデジタル署名されています。

クラウド プロバイダーを TCB の外部に保つ

サービス開発者、データセンター技術者、クラウド管理者がお客様のデータにアクセスできないようにします。Confidential Ledger は、ミニマルなトラステッド コンピューティング ベース (TCB) で実行されます。これにより、証明書ベースの認証などのオプションを使用して、クラウド プロバイダーをコンピューティング計画から除外することができます。

包括的なセキュリティとコンプライアンスの組み込み

  • Microsoft では、サイバー セキュリティの研究と開発に年間 10 億米国ドルを超える投資を行っています。
  • Microsoft には、データ セキュリティとプライバシーを専門とする 3,500 人を超えるセキュリティ エキスパートがいます。
  • Azure は、他のクラウド プロバイダーを上回る数の認定を受けています。包括的なリストをご確認ください。

confidential ledger の価格は使用量ベースです

価格は、使用された台帳の数と、それらが使用されている期間に基づいています。使用した分だけお支払いください。

Azure Confidential Ledger のリソースとドキュメント

Azure Confidential Ledger に関してよく寄せられる質問

  • リージョン別の提供状況をご確認ください。
  • すべてのデータ エントリを検証できます。すべてのユーザー トランザクションの改ざんの証拠を、トランザクション固有の確認メッセージで検証できます。改善の証拠は、分散型台帳に格納されているサーバー ノードとブロックについても使用できます。

準備が整ったら、Azure の無料アカウントを設定しましょう。

どのようなご用件ですか?