ナビゲーションをスキップする

アプリケーションの先進化とは

これは、ビジネス ニーズに合わせて現在のアプリとデータをクラウド ファースト モデルに更新するプロセスです。これには、クラウドへの移行が含まれる場合があります。

先進化とは何ですか?

先進化とは、組織のプロセス、システム、ツールを最新のバージョンまたはベスト プラクティスに更新することです。クラウド コンピューティングのコンテキストにおいては、先進化は組織のアプリケーション、プロセス、およびデータ管理をクラウドファーストのアプローチに移行するプロセスです。目標は、組織と技術的なパフォーマンスを向上させ、顧客と従業員のエクスペリエンスの品質を向上させ、新しいオファリングと更新プログラムの市場投入までの時間を短縮することです。

アプリケーションの先進化とは

アプリケーションの先進化は、組織の既存のアプリをクラウドファーストモデル (レガシ先進化とも呼ばれる) に更新するプロセスです。組織がオンプレミスのアプリを使用している場合、先進化では、それらのアプリをパブリック、プライベート、ハイブリッド クラウドに移行する場合があります。一般的に先進化されたアプリとデータには、次のものが含まれます:

  • .NET アプリ
  • Linux Web アプリ
  • Java アプリ
  • SAP アプリ
  • SQL データベース

組織の現在のソフトウェア システムとプログラムは、最初に実装されたときは優れていたかもしれませんが、最新の (または将来の) テクノロジに対応できない可能性があります。この課題に取り組むための 1 つのアプローチは、最初からやり直し、利用可能な最新のテクノロジ スタックと互換性のある新しいアプリを構築または購入することです。(最新のスタックは常に進化していますが、最新化の最新の推進要因には、新しいセキュリティのベスト プラクティス、スケーラビリティ要件、AI、仮想化、IoT、コンテナーの進歩などがあります)。ただし、この方法はコストがかかり、時間がかかる可能性があります。また、課題は存続します。最新のアプリであっても、テクノロジ エコシステムによって追い越される可能性があります。

組織は、完全に新しいアプリを作成して最初から開始するのではなく、既に存在するアプリを先進化することができます。また、アプリを段階的に最新化する方法に取り組むのは、多くの場合可能で実用的です。たとえば、多くの組織では、"リフト アンド シフト" 移行でオンプレミスのデータセンターからクラウドにアプリを移動するだけで開始し、クラウド コンピューティングの最も基本的な利点をすぐに利用できるようになります。そこから、新しい機能やベスト プラクティスを採用するためにアプリの全部または一部を再構築するなど、より高度な先進化技術に移行することができます。

アプリの先進化の利点は何ですか?

イノベーションの加速と市場投入までの時間の短縮。組織は、アプリやインフラストラクチャの保守に多くの時間とリソースを費やす必要がない場合、イノベーションにより多くの時間を費やすことができます。クラウドベースのツールとサービスは、開発プロセスの合理化に役立ち、市場投入までの時間を短縮します

セキュリティと信頼性。クラウドファーストのアプローチにより、組織は組み込みの更新とセキュリティ機能を使用してワークロードを保護できます。その他の組み込み機能には、高可用性、ディザスター リカバリー、バックアップ、パフォーマンス監視などの重要なタスクの自動化が含まれます。

互換性と機敏性。アプリを先進化する利点は、最新のテクノロジで作業できるだけでなく、テクノロジの進化に伴い引き続き機能することです。このシームレス性により、現在および将来のビジネス ニーズを満たすためのクイック更新と変更が可能になります。また、自動スケーリングを有効にすると、需要が突然増加した場合でもアプリが引き続き正常に動作し、需要が突然減少したときにはコストを即座に削減することもできます。

効率 。慎重に行うと、新しいアプリを最初から作成するよりも、既存のアプリの先進化が簡単な場合があります。そうすることにより、組織は時間とお金を新しいものに費やすのではなく、既存の投資に基づいて構築することができます。アプリの最新化は、既存の操作にまったく新しいアプリを接続するのと比較して、現在の多くのプロセスを保持し、、ビジネス継続性を維持するのにも役立ちます。

アプリケーションの先進化の手順と戦略

先進化の柱

アプリの先進化を成功するための手順と戦略は、組織の目標のフレームワークをサポートするために機能する必要があります。たとえば、Azure Well-Architected Framework には、組織の目標に向けた 5 つのアーキテクチャの柱があります。これらは、アプリの先進化にも使用できます。

  • 信頼性: システムがエラーから回復して機能し続ける機能。
  • セキュリティ: アプリケーションとデータを脅威から保護します。
  • コストの最適化: コストを管理して、提供される値を最大化します。
  • オペレーショナル エクセレンス: 運用中にシステムを実行し続ける運用プロセス。
  • パフォーマンス効率: 負荷の変化に適応するシステムの機能。

アプリの先進化の手順

組織のアプリを最新化するプロセスは、3 つの手順で大まかに定義できます。

  1. 計画。この最初のステップでは、組織がアプリの最新化の目標について慎重に検討し、アクションを実行する前に戦略を定義する必要があります。これは、変更に備えて既存のアプリと環境を検出して評価する時間です。
  2. 実装。このステップでは、組織が新しいスキルを構築し、アプリの先進化を繰り返し行います。反復型の先進化アプローチにより、組織は必要に応じてプロジェクトのスコープまたは戦略を柔軟に変更できます。
  3. 操作。アプリの先進化は、一度すればそれで終わるというものではありません。組織がクラウドファーストのアプローチに移行すると、クラウド プラットフォームのサービスとツールを使用して、アプリのセキュリティ保護、管理、管理、最適化を行うことができます。

アプリの先進化戦略

これらの戦略は、組織の先進化の目標と、アプリ自体に対するコード変更の必要性によって区別されます。アプリの先進化戦略は、計画手順中に定義され、実装手順中に有効になります。

再ホスト。"リフト アンド シフト" と呼ばれることもあります。この先進化戦略では、実際にコードの変更を必要としないため、速度が重視されます。組織は以前の環境からアプリを取得し、そのまま現在の環境に移行します。

再プラットフォーム。このアプローチは、リホストとリファクタリングの間にあります。再プラットフォームを使用すると、組織はコードを変更して、アプリをクラウド テクノロジで使用できるようにします。

リファクター (または再パッケージ化)。リファクタリングでは、生産性と速度が優先されます。この戦略では、アプリがクラウドファースト環境に簡単に接続して最大限に活用できるように、最小限のコード変更のみが必要になります。

再設計。組織でクラウドのスケーラビリティが必要な場合は、再設計が適切なアプローチである可能性があります。再設計を使用すると、アプリの機能とコードが変更され、クラウドでのスケーリングが向上するように拡張されます。

リビルド (または書き換え) 。クラウド ソリューションを使用してアプリを再作成するには、再構築が適切なオプションである場合があります。これのよりリフトの負荷は高くなりますが、既存のアプリの機能や有効期限が制限されている場合に必要になる場合があります。

置換。アプリが再構築後も現在または将来のビジネスニーズを満たさない場合は、そのアプリを既存のソリューションに置き換える必要がある可能性があります。このアプローチは、再構築するよりも高速で、貴重な開発リソースを解放することができます。ただし、アプリを置き換える場合、ビジネス プロセスの中断や、将来の先進化イニシアティブへの制限など、課題が発生する可能性があります。

アプリ開発プロセスの先進化

アプリ自体の最新化に加えて、組織の長期的な戦略の重要な要素は、アプリ開発へのアプローチ (開発者ベロシティとも呼ばれます) を最新化することです。これには、開発者チームのツールとプロセスを最新化して、仕事効率化、コラボレーション、作業品質を最大化することが含まれます。組織が開発書ベロシティを評価して改善するのに役立つツール、アナリストの調査、その他のリソースがあります。

ツールとサービス

アプリケーションを先進化しようとしている組織には、さまざまな方法が用意されています。組織の IT 資産の最適化をサポートするテクノロジは次のとおりです。

クラウド コンピューティング

インターネット ベースのクラウド サービスにより、アプリケーションのパフォーマンス、効率、スケールを向上させることができます。

コンテナー

これらのソフトウェア パッケージは、アプリケーション コードをバンドルし、複数の環境にシームレスに展開できるようにします。

マイクロサービス

このアーキテクチャ アプローチにより、各コア関数 (サービスとも呼ばれる) を個別に構築できるため、アプリケーション開発の機敏性が向上します。

Automation

一般的なタスクを自動的に実行するサード パーティのサービスは、アプリケーションの展開、管理、診断を最適化するのに役立ちます。

AI と機械学習

インテリジェントなサービスとソリューションは、会社がアプリケーションとデータからより豊富な分析情報をマイニングするのに役立ちます。

アプリケーションの先進化サービス

フル マネージド サービスは、企業がアプリケーション開発を加速し、顧客と従業員のエクスペリエンスを向上させ、アプリケーションのセキュリティと信頼性を高めるのに役立ちます。

Azure Cosmos DB

フル マネージドの NoSQL データベース サービスにより、スケーラブルでハイパフォーマンスなアプリを先進化できます。

Azure Monitor

アプリ、インフラストラクチャ、ネットワークを完全に監視することができます。

Azure Virtual Desktop

事実上どこからでも安全なリモート デスクトップ エクスペリエンスを実現できます。

Azure API Management

マルチクラウド環境とハイブリッド環境全体で統合された API 管理を使用して、より迅速に移行する

Azure DevOps

最新の一連の開発サービスを利用して、以前よりスマートに計画を立て、より効率的に共同作業を行い、より迅速に公開しましょう。

Azure Spring Apps

Microsoft と VMware のフル マネージド サービスを使用して、Spring Boot アプリをビルドしてデプロイする

Azure VMware Solution

オンプレミスの VMware 環境を Azure に移行または拡張

Azure App Service

あらゆるプラットフォームやデバイスに対応したエンタープライズ対応の Web アプリとモバイル アプリをすばやく簡単に作成

Azure Kubernetes サービス (AKS)

マネージド Kubernetes を使用したデプロイとスケーリング

Azure SQL Database

クラウドで管理されたインテリジェントな SQL を使用してスケーラブルなアプリを構築する

Azure Web アプリケーション ファイアウォール

強力なクラウドネイティブ Web アプリ ファイアウォール サービスでアプリを保護する

Azure Arc

あらゆる場所で、インフラストラクチャ、アプリ、Azure サービスのセキュリティ保護、開発、運用を行います。

Azure Machine Learning

ビジネスクリティカルな機械学習モデルを大規模に構築する

Azure SQL Managed Instance

使い慣れたツール、スキル、リソースを使用して既存のアプリを大規模に先進化する

Personalizer

ユーザーごとにパーソナライズされた関連性の高いエクスペリエンスを提供する

アプリケーションの最新化ツール

既存の IT システムの先進化は、最初は難しく感じるかもしれません。しかし、テクノロジへの投資を更新したい組織は、単独で行う必要はありません。クラウド プロバイダーは、企業がシステムを更新できるように設計された多くの評価ツール、方法、プログラムを提供しています。

たとえば、Microsoft Azure では、企業が独自のペースで先進化を始めるのに役立つ次のリソースを提供しています。

電子書籍: Microsoft Azure を使用したクラウド移行と先進化

移行と先進化の分析情報、戦略、および作業を開始するためのヒントの概要。

Azure Migrate

ほぼすべての先進化シナリオ向けの Azure 移行ツールのクリアリングハウスです。

Azure 移行およびモダン化プログラム

企業が自信を持ってクラウド環境をセットアップするために使用できるエキスパートの支援、技術トレーニング、リソース。

Microsoft Cloud Adoption Framework for Azure

クラウド導入を加速するように設計された、実績のあるドキュメント、ガイダンス、ベスト プラクティス、ツールのコレクションです。

Azure App Service 移行ツール

企業が Web アプリを迅速に評価し、Azure に移行するのに役立つ、無料の直感的なツール。

ドキュメント: ASP.NET アプリのコンテナー化と Azure App Service への移行

Azure Migrate App Containerization ツールを使用した ASP.NET アプリのコンテナー化と Azure への移行に関するステップ バイ ステップ ガイダンス。

戦略的な移行評価と準備ツール (SMART)

評価ツールは、企業がアプリケーションを Azure に移行する準備ができているかを判断するのに役立ちます。

アプリケーションとデータの先進化準備ツール

会社がアプリとデータを先進化するためのビジネス戦略を評価するのに役立つ評価ツール。

よく寄せられる質問

  • アプリケーションの先進化を通じて、組織はアプリをクラウドファーストモデルに移行します。これには、オンプレミスアプリを使用している場合、移行が含まれる場合があります。

    詳細情報

  • "レガシ先進化"は、"アプリケーションの先進化" とも呼ばれています。ただし、以前のアプリと新しいアプリの両方をクラウド テクノロジで最新化して、より機敏性、安定性、 およびイノベーションを向上させることができます。

    詳細情報

  • アプリケーションの先進化は、アプリ自体と、アプリを先進化する組織の両方にさまざまな利点を提供します。主な利点としては、効率の向上、クラウド テクノロジとの互換性、セキュリティの向上、可用性の向上、市場投入までの時間の短縮などがあります。

    詳細情報

  • アプリケーションの最新化には、計画、実装、運用という 3 つの包括的な手順があります。計画には、先進化戦略の定義が含まれます。実装には、スキルの構築とアプリの先進化が含まれます。運用 では、継続的なガバナンス、管理、最適化に対応します。

    詳細情報

  • アプリの先進化戦略は、組織の先進化の目標をサポートするように設計されている必要があります。Azure Well-Architected フレームワークは、信頼性、セキュリティ、コストの最適化、オペレーショナル エクセレンス、パフォーマンス効率という、これらの目標に向けて機能する 5 つの柱を展開しています。

    組織がアプリに対して行うコード変更のレベルによって区別される 4 つの広範な先進化戦略があります。再ホストは、アプリを以前の環境から新しい環境にそのまま移動します。再プラットフォームは、アプリをクラウドに接続するためのコード変更の一部を行います。同様に、リファクタリングにおいてもコードの変更が必要になるため、アプリはクラウド優先の環境を最大限に活用できます。再設計には、クラウドのスケーラビリティのためにアプリを大幅に変更する必要があります。再構築には、クラウド ネイティブ ソリューションを使用してアプリを再作成する必要があります。置換は、現在のビジネス ニーズを満たすために、組織のアプリをまったく異なるアプリと交換します。

    詳細情報

  • 組織のニーズに応じて、さまざまなアプリケーションの最新化ツールとサービスを利用できます。たとえば、 のようなフル マネージド サービスであるクラウドにアプリやデータを取り込むことで、組織がコストを最適化し、自信を持って運用し、機能をより迅速に出荷したいと考えている場合、 Azure App Service などのフル マネージド サービスの方が適している可能性があります。

    詳細情報

どのようなご用件ですか?