Site Recovery

障害復旧プランの調整

Site Recovery を使用しているお客様

クラウドでのシンプルで自動化された保護と障害復旧

設定と制御を行うポリシーに基づいて、仮想マシンのレプリケーションを自動化することで、ご使用の環境を保護できます。Site Recovery によって Hyper-V、VMware、物理サーバーを保護でき、Azure またはセカンダリ データセンターを復旧サイトとして利用できます。Site Recovery では、System Center や SQL Server AlwaysOn などの既存のテクノロジを統合して、継続中のデータのレプリケーションを調整し、管理します。

調整された障害復旧プラン

サービスとしての調整された障害復旧 (DRaaS)

プライマリ データセンターでサイト停電が発生した場合に、Site Recovery でサービスの復旧手順を自動化できます。複数のアプリケーションが調整された方法で起動されるため、複雑な多層ワークロードが発生する場合も、サービスの復元を迅速に実行できます。障害復旧計画は、Microsoft Azure クラシック ポータルを通じて簡単に作成でき、そこに格納されます。障害復旧計画は、実際の業務要件に合わせてシンプルなもの、または拡張されたものとすることができます。カスタム Windows PowerShell スクリプトと Azure Automation Runbook を実行し、途中で手動介入のために中断することも可能です。プライマリ サイトと復旧サイトの間で仮想ネットワークをマップしてネットワークをカスタマイズし、いつでも好きなときに、プライマリ サイトでのサービスを中断せずに障害復旧計画をテストできます。

Azure へのレプリケーションと障害復旧

ワークロードを Azure に複製することで、新しい機能が有効になります。数回のクリックでアプリケーションを Azure に移行することも、需要が急増した場合に一時的に Azure にバーストすることもできます。レポートと分析を Azure にある実稼働ワークロードのコピーに対して実行すれば、ユーザーに影響を与えません。ライブ データのコピーを使用してアプリケーションの新バージョンの開発テストを行ってから、データセンターの運用環境に新バージョンをシームレスに配置します。

Azure へのレプリケーションと障害復旧
Azure Site Recovery からの DRaaS による継続的な正常性の監視

Site Recovery による継続的な正常性の監視

Site Recovery は、保護されたインスタンスの状態を Azure からリモートで継続的に監視します。制御対象の 2 つのサイト間でレプリケーションを行う場合、仮想マシンのデータとレプリケーションは、お客様のネットワーク上にとどまります。Azure との通信はすべて暗号化されています。セカンダリ サイトとして Azure にレプリケートする場合、データは暗号化されます。保留中にデータを暗号化することも選択できます。

関連製品およびサービス

Backup

クラウドへのシンプルで信頼性の高いサーバー バックアップ サービス

Storage

耐久性があり、高度にスケーラブルな高可用性クラウド ストレージ

Virtual Machines

Windows と Linux の仮想マシンを数分でプロビジョニング

Site Recovery を無料アカウントとして使用