Azure Site Recovery

Azure の組み込みの "サービスとしてのディザスター リカバリー" (DRaaS)

大規模な IT 停止状態の場合でも、ビジネスを稼働し続けることができます。Azure Site Recovery では、容易なデプロイ、高いコスト効率、および信頼性が実現されます。Site Recovery を使用してレプリケーション、フェールオーバー、および復旧プロセスをデプロイすると、計画された停止または計画外の停止時にアプリケーションを実行し続けることができます。

Site Recovery は、ネイティブの "サービスとしてのディザスター リカバリー" (DRaaS) であり、ガートナーの「サービスとしてのディザスター リカバリー向け 2019 マジック クアドラント」の中で、Microsoft はビジョンの完全性と実行能力に基づき、DRaaS のリーダーとして評価されています。

*ガートナーは、ガートナー・リサーチの発行物に掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを推奨するものではありません。また、最高の評価を得たベンダーのみを選択するようテクノロジの利用者に助言するものではありません。ガートナー・リサーチの発行物は、ガートナー・リサーチの見解を表したものであり、事実を表現したものではありません。ガートナーは、明示または黙示を問わず、本リサーチに関して、商品性や特定目的への適合性を含め、一切の保証を行うものではありません。

簡単なデプロイと管理

Azure Site Recovery を設定するには、Azure portal から直接、別の Azure リージョンに Azure VM をレプリケートするだけです。完全に統合されたオファリングである Site Recovery では、新しい Azure 機能がリリースされると、自動的に更新されます。複数の仮想マシンで実行されている多層アプリケーションを順序付けすることにより、復旧での問題を最小限に抑えることができます。運用ワークロードやエンド ユーザーに影響を与えずにディザスター リカバリー計画をテストすることで、コンプライアンスを確保できます。また、オンプレミスから Azure へ、または Azure から別の Azure リージョンへの自動復旧機能により、障害時にもアプリケーションの可用性が維持されます。

インフラストラクチャ コストの削減

コストのかかるセカンダリ データセンターを構築または管理する必要がなくなるので、オンプレミスのディザスター リカバリー インフラストラクチャのデプロイ、監視、パッチ、および維持のコストを削減できます。また、Azure でアプリケーションをサポートするのに必要なコンピューティング リソースに対してのみ課金されます。

信頼性の高い復旧でダウンタイムを最小限に短縮

別個の Azure リージョン間で Site Recovery を有効にすることで、ISO 27001 など産業規制に容易に準拠できます。Azure のサービス可用性およびサポートにより、ビジネスに不可欠な必要数のアプリケーションに合わせて対象範囲の規模を設定できます。Site Recovery を使用して、最新のデータをすばやく復元できます。

Azure Site Recovery を使用しているお客様

ドキュメントおよびリソース

関連製品およびサービス

Azure Backup

データ保護を簡素化し、ランサムウェアから保護する

ストレージ アカウント

耐久性があり、高度にスケーラブルな高可用性クラウド ストレージ

仮想マシン

Windows と Linux の仮想マシンを数秒でプロビジョニング

Site Recovery の更新情報、ブログ、お知らせ

Site Recovery を無料アカウントとして使用