ナビゲーションをスキップする

Azure IoT Hub

何十億台もの IoT 資産を接続して、監視、管理する—Azure IoT Hub を使用し、何十億台ものデバイスを安全に接続、監視、管理して、モノのインターネット (IoT) アプリケーションを開発しましょう。IoT Hub は、オープンで柔軟性の高いサービスとしてのクラウド プラットフォームであり、オープン ソース SDK と複数のプロトコルをサポートします。

Azure IoT Hub による IoT アプリケーションの構築

デバイスの管理やプロビジョニングなどの IoT Hub 機能により、使い慣れたツールを使用して何十億台ものデバイスにスケーリングできるしくみについてご紹介します。

何十億台もの IoT デバイスと双方向通信を確立

device-to-cloud テレメトリ データを使用して、デバイスの状態を把握し、コードを記述することなく、他の Azure サービスへのメッセージ ルートを定義できます。cloud-to-device メッセージでは、接続されたデバイスにコマンドや通知を信頼性の高い方法で送信できます。また、受信確認メッセージを使用してメッセージの配信を追跡できます。デバイスのメッセージは、断続的に接続されるデバイスに対応できるように、持続的な方法で送信されます。

デバイスごとの認証により IoT ソリューションのセキュリティを向上

接続されるデバイスごとに ID と資格情報を個別に設定することにより、cloud-to-device メッセージと device-to-cloud メッセージの両方について、機密性を保持するのに役立ちます。システムの整合性を維持するために、必要に応じて、特定のデバイスへのアクセス権を選択的に取り消すことができます。

IoT デバイスのプロビジョニングと登録の自動化により、IoT のデプロイを迅速化

デバイスをゼロタッチで、安全かつスケーラブルに登録およびプロビジョニングすることで、IoT を迅速にデプロイできます。IoT Hub Device Provisioning Service は、IoT Hub と互換性がある IoT デバイスであれば、種類を問わずサポートしています。

ドキュメントを読む

クラウドのメリットをお使いのエッジ デバイスに提供

IoT Edge を活用すると、ハイブリッド クラウドとエッジ IoT ソリューションを実現できます。IoT Edge は、コードとサービスの間に簡単なオーケストレーションを実現し、クラウドとエッジの間で安全な通信を行うことで、さまざまなデバイスにインテリジェンスを提供します。エッジでの人工知能の使用やその他の高度な分析を可能にし、IoT ソリューションの開発にかかるコストを軽減し、開発を楽にして、オフラインや断続的な接続でのデバイスの操作を可能にします。

IoT Edge の詳細

Azure IoT ソリューション アクセラレータにより、お客様はすばらしい成果を上げています

関連ソリューション

Azure IoT の概要

クラウドに関する専門知識が不要な IoT 向けのシンプルな SaaS を利用

テンプレートを使用して、一般的な IoT のシナリオ向けに自在にカスタマイズが可能なソリューションを作成

何十億台もの IoT 資産を接続して、監視、管理する

クラウドのインテリジェンスと分析をエッジ デバイスに拡張

詳しい情報を見る

協力パートナーを探す

Azure IoT Hub を使ってみる