Azure IoT Hub

IoT デバイスと Azure 間の双方向通信を可能にするマネージド サービス

双方向通信を使用する IoT アプリケーションの構築

IoT アプリケーションと、その管理を受けるデバイス間の、きわめて安全で信頼性の高い通信を実現します。Azure IoT Hub は、事実上すべてのデバイスに接続可能な、クラウドでホストされるソリューション バックエンドを提供します。デバイスごとの認証、ビルトイン デバイス管理、スケーリングされたプロビジョニングにより、クラウドからエッジまでソリューションを拡張します。

セキュリティが強化された通信チャネルで IoT デバイスとデータを送受信

ビルトイン デバイス管理とプロビジョニングを利用した大規模な IoT デバイスの接続と管理

Event Grid との完全な統合とサーバーレス コンピューティングで IoT アプリケーション開発を簡略化

Azure IoT Edge との互換性を活かしたハイブリッド IoT アプリケーションの構築

何十億台もの IoT デバイスと双方向通信を確立

device-to-cloud 利用統計情報を使用して、デバイスの状態を把握し、他の Azure サービスへのメッセージ ルートを定義できます。コードを書く必要は一切ありません。cloud-to-device メッセージでは、接続されたデバイスにコマンドや通知を信頼性の高い方法で送信できます。また、受信確認メッセージを使用してメッセージの配信を追跡できます。断続的な接続に対応するため、必要に応じてデバイス メッセージを自動で再送信します。

ドキュメントを読む

各デバイスを認証してセキュリティを強化

接続されるデバイスごとに ID と資格情報を個別に設定することにより、cloud-to-device と device-to-cloud の両方のメッセージについて、機密性を保持するのに役立ちます。必要に応じて、特定のデバイスへのアクセス権を選択的に取り消すことができます。

IoT 向け Azure Security の詳細情報

デバイス プロビジョニングの自動化により IoT のデプロイを迅速化

デバイスをゼロタッチで、きわめて安全かつスケーラブルに登録およびプロビジョニングします。IoT Hub Device Provisioning Service は、IoT Hub と互換性がある IoT デバイスであれば、種類を問わずサポートしています。

IoT Hub デバイス プロビジョニングの詳細情報

クラウドのメリットをお使いのエッジ デバイスに提供

IoT Edge モジュールを簡単に作成およびデプロイして、クラウドとエッジの間でコードやサービスを送信できます。AI その他の高度な分析を含むインテリジェンスを、さまざまなデバイスに配布します。そのすべてを実現すると同時に、IoT アプリケーション コストの削減、開発作業の単純化、オフラインまたは断続的に接続が途切れる状況でのデバイスの実行を可能にします。

IoT Edge の詳細

何十年もの経験に裏付けられた、エンド ツー エンドのデータとデバイスのセキュリティ

  • Azure Security Center for IoT でセキュリティ体制の管理、脅威監視と修復機能を使用して、リスクを軽減できます。
  • Microsoft の厳格なセキュリティ基準と、業界最大のコンプライアンス認定ポートフォリオにより、ビジネス資産を保護します。
  • スタートアップ企業、政府機関、Fortune 500 にランクインしている企業の 95 パーセントが Microsoft クラウドに信頼を寄せています。

Azure IoT Hub の価格

  • 初期費用や解約手数料なしで、必要な分だけお支払いいただくことにより、何十億もの IoT 資産に接続、監視、制御できます。

Azure IoT Hub の使用を開始する

無数のデバイスをスケーリングするための機能や使い慣れたツールの使用方法についてビデオを視聴する

ステップバイステップのチュートリアルに従う

ドキュメント、学習用のリソース、コミュニティ

ドキュメント

クイック スタート、攻略ガイド、チュートリアル、API リファレンス ドキュメント。

ドキュメントを探す

開発者ガイド

最初に参照すべきリソースを探して、技術的な課題に対処してください。

ガイドを参照

IoT スクール

IoT の初心者も、優位性を維持したい経験豊富なプロフェッショナルも、必要な情報、教材、リソースを見つけて IoT ソリューションの構築に着手できます。

IoT スクールを開始する

IoT ショー

IoT ソリューションの構築方法に関するライブ ストリーム イベントを視聴し、インテリジェント エッジ、DevOps、資産管理などのリクエストの多いトピックに関する詳細をご確認ください。

今すぐ見る

IoT 技術コミュニティ

Microsoft のエンジニアや Azure コミュニティのエキスパートに質問して回答をもらいましょう。

最新ニュースを確認する

Azure IoT Hub で画期的なソリューションを構築しているお客様

地球規模の水問題の解決を IoT がサポート

"Azure and IoT services have helped us get much closer to our ambition to help customers operate at water-neutral."

Nalco Water、取締役副社長兼社長、Christophe Beck 氏

事例を見る

Ecolab

自動車オーナー向けに構築された革新的な IoT ソリューションにより、時間、費用、ガソリンを節約し、命さえ救う可能性も

"By analyzing sensor data from a connected car in Azure, drivers can see alerts about engine issues and metrics about gas consumption and driving performance, such as idle time. They can also configure their own recipe for rating their driving style and then drill down for details."

TEXA、IoT プラットフォームおよびハイブリッド クラウド サービス ディレクター、Riccardo Zamana 氏

事例を見る

TEXA S.p.A

IoT を利用したグリーン エネルギー インテリジェンスがドイツで加速

"We used Azure because we knew E.ON had high standards for data security, and Azure is highly secure by design. We passed E.ON's security tests easily using Azure."

M&M / WAGO、Head of Business Units and System Solutions、Frank Schmid 氏

事例を見る

Avacon

Azure IoT Hub の更新プログラム、ブログ、お知らせ

Frequently asked questions about Azure IoT Hub

  • IoT Hub Basic は、双方向通信の必要がないなら、IoT デプロイを開始するのに最適な選択肢です。とはいえ、デバイスごとの認証、スケーラビリティに優れたデバイスのサポート、IoT Hub Standard へのシームレスなアップグレード パスなど、基本的な IoT セキュリティは備えています。Standard では、デバイス管理と Azure IoT Edge のサポートが有効になります。Event Hub は、Web サイトのデータ インジェストなど、ビッグ データ シナリオ向けに設計されています。詳細な比較をご確認ください。
  • 各 Azure サブスクリプションには、サービスの悪用を防ぐために既定のクォータ制限が設けられています。これらの制限が IoT ソリューションのスコープに影響する可能性があります。現在、Azure サブスクリプションごとの IoT ハブの数は 50 個までに制限されています。クォータの増加を要求する場合は、サポートにお問い合わせください。詳細についてはこちらでご確認ください。
  • Azure IoT Hub と IoT Hub デバイス SDK は、次のプロトコルを使ったデバイスの接続をサポートしています。

    • HTTPS
    • AMQP
    • WebSocket 経由の AMQP
    • MQTT
    • WebSocket 経由の MQTT

    サポートされるプロトコルのいずれかをお客様のアプリケーションで使用できない場合は、次の方法で IoT Hub を拡張すれば、カスタム プロトコルをサポートできます。

  • Azure IoT Hub は、Azure SLA の下で 99.9 パーセントの SLA を提供します。詳細についてはこちらを参照してください
  • IoT Hub は、接続されている数十億ものデバイス、さらには毎秒数十億のイベントに対応するようにスケーリングすることにより、IoT ワークロードをサポートします。スケーラビリティに関するお客様のニーズに最適なサービス レベルをお選びいただけます。詳細については、価格のページをご覧ください。

準備が整ったら、Azure の無料アカウントを設定しましょう。