Azure IoT Central

目指しているのは概念実証ではありません。Microsoft では、ホスト型 IoT アプリケーション プラットフォームで業界最先端のソリューションを構築するお手伝いをします。

Azure IoT Central は皆様の IoT アプリ プラットフォームです

Azure IoT Central は安全性に優れ、ビジネスの成長に合わせて拡張できるほか、既存のビジネス アプリとの統合も可能です。また、投資の再現性も確保されます。

  • 高い安全性
  • エンタープライズ級
  • 予測可能な料金
  • 業界優先

お使いの IoT デバイスをクラウドにすばやく簡単に接続できます

お使いのデバイスを再構成して更新するための一元的な管理を提供します

お使いのビジネス アプリケーションと IoT データの間のギャップを埋める

IoT アプリ プラットフォームでビジネスを変革する

起動から運用まで、安全で信頼できるスケーラブルなインフラストラクチャで、エンタープライズ レベルの IoT アプリケーションを迅速に構築します。

すぐに開始

接続

管理

スケール

拡張

収益化

手順 1/1

小売、エネルギー、医療、政府機関などの業界に特化したアプリ テンプレートを使用して、すぐに開始できます。

手順 1/1

Azure Certified Device カタログで認定デバイスを検索し、IoT プラグ アンド プレイを使用してお使いのデバイスをシームレスに接続できます。

手順 1/1

高度なルールや分析を含む中央デバイス管理により、お使いのデバイスの修正、更新、再構成を行うことができます。

手順 1/1

アプリケーションのエクスポートでアプリケーションを繰り返し利用できるものにしたり、ホワイトラベル付けを使用してソリューションのエクスペリエンスをカスタマイズしたりすることができます。

手順 1/1

ビジネス アプリケーションへのコネクタとパブリック拡張性 API を使って、デバイスの分析情報と意思決定を結び付けます。

手順 1/1

Microsoft AppSource マーケットプレースに公開し、Microsoft チャネルを使用してビジネスを拡大できます。

安全でスケーラブルな IoT エンタープライズ ソリューションを構築する

ご自分の IoT ソリューションを必要に応じてどのように拡張していくのか、またデバイス上やクラウド内のデータを保護する方法について検討しましょう。スケーラブルで非常に安全な IoT ソリューションのプロパティを使って構築されたアプリ プラットフォームは、Azure IoT Central だけです。

ストア内の分析

場所をデジタル接続し、カスタマー エクスペリエンスを個人用に設定して、運用コストを削減します。

詳細はこちら

デジタル流通センター

主要な資産と作業をデジタル化することで、倉庫の効率を高めます。

詳細はこちら

コネクテッド ロジスティクス

場所と条件を監視して、航空輸送、船舶輸送、陸上輸送での出荷をリアルタイムで追跡します。

詳細はこちら

スマート在庫管理

調達から顧客満足まで、センサーを使用して、入荷、製品の移動、循環棚卸、追跡を自動化します。

詳細はこちら

ビデオ分析

物体検知のシナリオでカメラをセンサーとして使用して、インテリジェントなビデオ分析と IoT エッジおよび AI ソリューションを作成できます。

詳細はこちら

患者の継続的なモニタリング

病院の壁を越えて患者の治療を拡張し、再入院を減らし、病気を管理します。

詳細はこちら

スマート メーター監視

ユーティリティ メーターを接続して、請求に関する分析情報を取得し、消費量を予測して、障害を事前に検出します。

詳細はこちら

ソーラー パネルの監視

お使いのソーラー パネルとエネルギー生成を接続、監視、および管理します。

詳細はこちら

水質のモニタリング

水処理をデジタルで監視して、コストを削減し、健康リスクを減らします。

詳細はこちら

水消費量のモニタリング

水流をリモートで監視および制御して、消費量を減らします。

詳細はこちら

接続された廃棄物管理

ゴミ箱の監視と作業員の派遣により、ゴミ収集の効率を最大化します。

詳細はこちら

業界をまたいだ一般的な IoT シナリオに対処する

構築する準備は整いましたか?一般的な業界のシナリオを対象とした増え続ける IoT アプリ テンプレートを活用して、市場をリードし、ビジネスを変革しましょう。お客様のデータとブランドを管理しながら、他の業界のテクノロジやパートナー ソリューションと統合することで、ご自分のオファリングを強化することができます。

業界向けアプリ テンプレートを確認する

業界最高レベルのセキュリティを使用して安全を確保する

  • Microsoft では、サイバーセキュリティの研究と開発に年間 $10 億を超える投資を行っています。
  • Microsoft には、データ セキュリティとプライバシーを専門とする 3,500 人を超えるセキュリティ エキスパートがいます。
  • Azure は、他のクラウド プロバイダーを上回るコンプライアンス認定を受けています。包括的なリストをご確認ください。

簡略化され、予測可能な料金

  • 前払い手数料なし
  • 契約解除手数料なし
  • 必要な分だけお支払い

開発者向けリソース

ドキュメント

クイックスタート、攻略ガイド、チュートリアル、API リファレンス ドキュメントをご覧ください。

ドキュメントに移動する

IoT 開発者ガイド

最初に参照すべきリソースを探して、技術的な課題に対処してください。

ガイドを入手する

Microsoft Learn

IoT の初心者でも、経験豊富なプロフェッショナルでも、ソリューションを構築するための情報や学習リソースを見つけることができます。

コースを見る

IoT Show

IoT サービスとしてのソフトウェア (SaaS) ソリューション構築に関するライブ ストリーム配信イベントと技術的な詳細情報をご覧ください。

今すぐ見る

IoT 技術コミュニティ

Microsoft のエンジニアや Azure のエキスパートに質問して回答をもらいましょう。

最新ニュースを確認する

IoT デバイス カタログ

IoT ソリューションの構築を今すぐ開始するために、1000 を超える認定 IoT ハードウェア デバイスを参照してください。

今すぐ参照する

あらゆる規模の企業から寄せられる信頼

病院が糖尿病性切断のリスクを減らす

ソフトウェアおよびウェアラブル企業の Sensoria Health は、Azure IoT Central と Azure API for FHIR® (高速医療相互運用性リソース) を使用して、高リスクの糖尿病患者向けの継続的な監視ソリューションを開発しました。

FHIR® は HL7 の登録商標であり、HL7 の許可を得て使用しています。

RanchoLosAmigos

Sunwest Bank が現金預金のセキュリティを改善

"With an IoT solution that tracks drops, we have more visibility into workloads and can create a more efficient staffing model at scale. Small daily time savings become very meaningful when applied across an entire branch network."

Carson Lappetito 氏 (President、Sunwest Bank)
SunwestBank

Microsoft ロジスティック チームがサプライ チェーンの可視化を実現

"The only way you can gain this visibility is through IoT devices. That's why using Azure IoT Central was crucial for us."

Chris Cutshaw 氏 (Director of Commercial and Product Strategy、TMC、a division of C.H.)ご覧ください
Microsoft

Mars は店舗内ディスプレイについての分析情報を入手

Mars とそのパートナー Footmarks は、スピード、コスト効果の高いオファリング、スケーリングを実現する IoT プラットフォームが必要であることを認識していました。そして Azure IoT Central を使用することで、チームは迅速かつシームレスにオンボードできることを理解しました。

MARS

Azure IoT Central を使ってみる

デモ ビデオを見る

インターフェイスのツアーを見る

Azure IoT Central の更新プログラム、ブログ、お知らせ

  • Azure IoT Central では、99.9% の接続性が保証されます。SLA を参照してください
  • Azure IoT Central には、ほとんどのデスクトップ、タブレット、ブラウザーからアクセスできます。サポートされているブラウザーと接続要件については、一覧を参照してください。
  • データは、30 日単位で循環して保持されます。エクスポート機能を使用してデータを継続的にエクスポートすることができます。

準備が整ったら、Azure の無料アカウントを設定しましょう。