Functions

サーバーレス アーキテクチャでアプリをすばやく構築

イベント ドリブン型のサーバーレス コンピューティング エクスペリエンスにより、開発を高速化できます。必要に応じてスケールでき、使用したリソースに対してのみ料金を支払います。

Functions でサーバーレス コンピューティングを活用する

必要に応じてスケーリングするシンプルなサーバーレス関数で、お望みのアプリを簡単に作成できます。プログラミング言語はお好きなものを使用でき、サーバーやインフラストラクチャを気にする必要はありません。

インフラストラクチャではなくアプリを管理

優れたアプリの構築に集中できます。特にワークロードが増大した場合に、サーバーのプロビジョニングや保守について心配する必要がありません。Azure Functions は、信頼性が高く安全な、完全管理型コンピューティング プラットフォームを提供します。必要に応じてスケールでき、必要なリソースを必要なときに入手できます。

各自の方法で開発

JavaScript、C#、Java など、さまざまな言語で関数を作成でき、Python、PHP、Bash、Batch、PowerShell などでスクリプトを作成することもできます。使いやすい Web ベースのインターフェイスでコードを作成するか、お好みの開発ツールで作成した事前コンパイル済みコードをアップロードします。継続的デプロイを利用して DevOps パイプラインを統合し、監視ツールを使用してトラブルシューティングします。

サービスにバインドする

広範な Azure サービスや外部サービスを活用することで、豊富なサーバーレス シナリオを構築します。Functions に入出力バインディングを追加することにより、Azure Cosmos DB、Storage などに加えて、Twilio や SendGrid などの外部サービスと簡単にやりとりできます。保守対象のコードを減らしてコストを削減します。

Functions でサーバーレス アプリケーションを開発しているお客様

Functions でできること

タイマーベースの処理

Functions では、Cron ジョブ構文を使用した、タイマーに基づくイベントがサポートされます。たとえば、カスタムのビジネス ロジックに基づいてデータベース テーブルを整理するコードを 15 分ごとに実行できます。

Azure Functions タイマー ベース処理

Azure サービスのイベント処理

Functions では、Azure サービスでのアクティビティに応じてイベントをトリガーできます。たとえば、Blob Storage コンテナーで新しく検出されたテスト ログ ファイルを読み込んで SQL Database テーブルの行に変換するサーバーレス コードを実行できます。

Azure Functions イベント処理

SaaS イベント処理

Functions では、サービスとしてのソフトウェア (SaaS) ベースのアプリケーションのアクティビティに基づくトリガーが可能です。たとえば、OneDrive にファイルを保存すると、Microsoft Graph API を使用してスプレッドシートを変更する関数がトリガーされ、追加のグラフと計算データを作成できます。

SaaS イベント処理およびサーバーレス コード関数

サーバーレス Web アプリケーション アーキテクチャ

Functions ではシングル ページ アプリを使用できます。このアプリでは、Webhook URL を使用して関数を呼び出して、ユーザー データを保存し表示するデータを決定できます。または、関数を呼び出して広告対象を変更し、この関数にユーザー プロファイル情報を渡すなど、単純なカスタマイズを行うこともできます。

Azure Functions のサーバーレス アーキテクチャ

サーバーレス モバイル バックエンド

モバイル バックエンドを、Webhook URL を使用してモバイル クライアントから呼び出される一連の HTTP API とすることができます。たとえば、モバイル アプリケーションでイメージをキャプチャしてから関数を呼び出して、Blob Storage へのアップロード用のアクセス トークンを取得できます。BLOB へのアップロードで 2 番目の関数をトリガーして、イメージをモバイルに合わせたサイズに変更できます。

サーバーレス モバイル バックエンド

リアルタイム ストリーム処理

たとえば、モノのインターネット デバイスから Stream Analytics にメッセージを送信し、このサービスでメッセージを変換する関数を呼び出すことができます。この関数でデータを処理して、SQL のデータベースに新しいレコードを作成します。

リアルタイム ストリーム処理

リアルタイム ボット メッセージング

Functions を使用すれば、Webhook でボットの動作をカスタマイズできます。たとえば、Cortana Analytics によりメッセージを処理する関数を作成し、Microsoft Bot Framework を使用してこの関数を呼び出すことができます。

Azure Functions のリアル タイム ボット メッセージング

アナリスト レポート

サーバーレス クラウド コンピューティング エコノミクス

レポートを読む

ウェビナー

サーバーレスに移行する

ウェビナーを見る

ビデオ

Azure サーバーレスでアプリをより迅速に構築する

今すぐ見る

ビデオ

Azure Functions を使ってみる

今すぐ見る

関連製品およびサービス

Logic Apps

コードを記述せずに、クラウド全体でデータのアクセスと使用を自動化する

Azure Cosmos DB

あらゆるスケールに対応するグローバル分散型のマルチモデル データベース

Event Grid

信頼性の高い大規模イベント配信の実現

コードの実行がはるかに容易に

お持ちのアカウントで、1 か月あたり 1,000,000 件の Functions 要求を無料で使用できます