ナビゲーションをスキップする

Container Instances

サーバーを管理することなく Azure でコンテナーを簡単に実行

仮想マシンを管理したり、新しいツールを習得したりせずに、アプリをすばやく開発できます。お客様のアプリケーションだけを、コンテナー内で、クラウドで実行できます。

サーバーを管理することなくコンテナーを実行

Azure Container Instances (ACI) でワークロードを実行することで、アプリケーションの設計と開発に集中できます。アプリケーションを実行するインフラストラクチャの管理を心配する必要はありません。

必要に応じてコンテナーの俊敏性を向上

かつてないシンプルさと速度でコンテナーをクラウドにデプロイしましょう。必要なのは、たった 1 つのコマンドだけです。ACI なら、必要に合わせてコンピューティングを追加でプロビジョニングし、要求の厳しいワークロードに対応できます。たとえば、Virtual Kubelet と共に ACI を使用すれば、トラフィックが急激に増加した際に、Azure Kubernetes Service (AKS) クラスターから柔軟にバースティングを行えます。

ハイパーバイザー分離によってアプリケーションをセキュリティ保護

軽量なコンテナーの効率性を維持しながら、コンテナー ワークロードに関して仮想マシンのセキュリティを確保します。ACI では、コンテナー グループごとにハイパーバイザー分離が行われます。そのため、コンテナーはカーネルを共有することなく、分離した状態で実行されます。

Azure Container Instances で構築できるもの

AKS による柔軟なバースティング

ACI は、急激に増加したトラフィックに対応できる、分離された高速なコンピューティングを提供します。お客様がサーバーを管理する必要はありません。たとえば Azure Kubernetes Service (AKS) では、Virtual Kubelet を使用して、数秒で開始されるポッドを ACI 内にプロビジョニングできます。そのため、AKS は平均的なワークロードにちょうど十分な容量で実行されます。AKS クラスターの容量が不足したら、管理の必要なサーバーを追加することなく、ACI で追加のポッドをスケールアウトできます。

Azure Logic Apps によるイベントドリブンなアプリケーション

ACI を ACI Logic Apps コネクタ、Azure キュー、Azure Functions と組み合わせれば、必要に応じてコンテナーを柔軟にスケールアウトできる、堅牢なインフラストラクチャを構築できます。Azure Container Instances なら、イベントに対応できる複雑なタスクを実行可能です。

データ処理ジョブ

ソース データを取り込んで加工し、Azure Blob Storage などの永続ストアに配置するデータ処理に、Azure Container Instances を使用しましょう。静的にプロビジョニングされた仮想マシンではなく ACI でデータを処理すれば、秒単位の課金によって大幅なコスト削減を実現できます。

書籍『Designing Distributed Systems (分散システムの設計)』のカバー

無料電子書籍: 『Designing Distributed Systems (分散システムの設計)』

繰り返し使用できる汎用パターンと再利用可能なコンポーネントにより、どのように分散システムの開発がより簡単かつ効率的になり、お客様が開発に専念できるようになるのかを説明しています。Microsoft の主任エンジニアであり、Kubernetes プロジェクトの共同創設者である Brendan Burns による O’Reilly の電子書籍は無料で入手できます。

電子書籍をダウンロードする

Container Instances を試す