Azure Blockchain Tokens

台帳ベースのトークンを簡単に定義、作成、管理

台帳ベースのトークンを簡単に定義して構築

Azure Blockchain Tokens プレビューを使用すると、標準トークンのデプロイと管理がこれまで以上に簡単になります。このサービスは、ブロックチェーン業界のリーダー企業のオープン コンソーシアムである Token Taxonomy Initiative が策定した標準に基づいて構築されています。Azure 内のブロックチェーン ネットワークでトークンを確実に使用し、Microsoft とパートナーによって作成されている豊富なイニシアティブ準拠テンプレートから最適なものを選択できます。

デジタル資産または物理資産を表す Token Taxonomy Framework 準拠のトークンを簡単に定義して作成できます。

元帳全体にセキュリティが組み込まれたエンタープライズ対応トークンを管理し、一般的なシナリオで構成可能なテンプレートを使用します。

一連のオープン SDK を通じて、ビジネス定義のトークンを既存のアプリケーションに組み込みます。

ブロックチェーンの専門家によって開発されたオープン コミュニティの標準に基づいてトークンを構築します。

ブロックチェーンの開発を加速

準拠トークンを簡単に定義、作成、管理できます。選択した台帳を問わず、取引先との間のトークンの転送、トランザクション実行、焼却、鋳造をより安全に行うことができます。Microsoft とパートナーによって作成された一般的なシナリオ向けの構成可能なテンプレートを利用できます。トランザクションをセキュリティで保護できるように Azure Key Vault と Azure Active Directory が統合されています。

ドキュメントを探す

オープンで拡張可能なフレームワークを活用

オープン API 駆動の対話モデルを使用して、Azure Blockchain Tokens を既存のアプリケーションに簡単に統合できます。ブロックチェーン トークン インフラストラクチャからビジネス ロジックを抽象化することで、アプリケーションの構築を簡素化します。Token Taxonomy Initiative に準拠しているため、Ethereum ネットワーク全体の相互運用性が確保されます。追加のネットワークも間もなく公開されます。

ホワイト ペーパーを読む

標準ベースの基盤の上に構築

Azure Blockchain Tokens は、Token Taxonomy Initiative によって策定された標準に基づいています。これらの業界リーダーは、交換可能な通貨に似た特性や固有の利点を持つトークンについて、共通標準の定義とスコープを開発しています。

Token Taxonomy Initiative に問い合わせる

Azure Blockchain Tokens を使い始める

5 分で完了するクイックスタート チュートリアルとドキュメントから始めます。
トークン SDKVisual Studio Code の拡張機能を使用して、トークンを作成、コンパイル、デプロイします。

開発者向けリソース

ホワイト ペーパーを読む

台帳ベース トークンに関するホワイトペーパー「Tokenization: Establishing Digital Representations of Value as the Medium of Exchange」 (トークン化: 価値のデジタル表現を交換の手段として確立) を参照し、ブロックチェーン アプリケーションの開発を加速する方法を学びます。

クラウドでの開発パターンを確認する

毎週配信される、Azure Blockchain エンジニアリング チームによるブロックチェーンとクラウド開発に関する番組 Block Talk の各話をご覧ください。

コード サンプルを利用して開発期間を短縮

Token Taxonomy Framework を使用してトークンを定義し、SDK とサンプルを使用してトークン化ソリューションの構築を開始します。

あらゆる規模の企業から寄せられる信頼

Azure Blockchain Tokens に関してよく寄せられる質問

  • いいえ、サービスのプレビュー期間中には課金されません。
  • はい、Azure Blockchain Tokens を既存の Azure Blockchain Service ノードに接続できます。ただし、これは必須ではありません。
  • はい、Token Composability API を使用して独自のテンプレートを作成できます。ただし、プレビュー期間中は、この操作を Azure Portal から行うことはできません。
  • はい、サービスの一般提供が開始されたら、構成済みのトークン テンプレートを再利用できるようになります。

Azure Blockchain Tokens を使い始める

プレビューにサインアップ