ナビゲーションをスキップする

Bot Framework の更新内容

プレビュー 現在はプレビュー段階です。

更新日: 2017年10月23日

Bot Framework の更新内容を発表します。開発者向けツールが拡充されたほか、他のボット開発用サービスとの統合が合理化されました。

更新

  • Cortana の統合と音声サポートにより、Cortana チャネルが利用可能になり、Cortana の開発エクスペリエンスをお楽しみになれます。これにより、開発者は、Cortana にスキルをトリガー、作成、公開できるようになります。
  • Bing ボットは、Bot Framework を使用して作成され、Bing チャネルを通じて接続されます。ボット開発者は作成したボットを Bing に公開できます。ボットは Bing Bots Rich Answer に表示されるほか、Bing.com ではユーザーがボットとチャットすることもできます。
  • Adaptive Cards を使用することで、開発者は、簡単な方法でカードを作成できるようになります。Adaptive Cards は JSON で記述された視覚的なビルディング ブロックを組み合わせて構成されており、ホストの UX やテーマ、モダリティに自動的に適応します。

これらの更新内容および Bot Framework のその他の更新内容を確認する。

Learn more about Azure Bot Service.
  • Azure Bot Service
  • 関連するフィードバック