ナビゲーションをスキップする

クラウド サーバーの概要

クラウド サーバーのしくみと、クラウド サーバーを選択する方法について説明します

クラウド サーバーの概要

簡単なクラウド サーバーの定義は、クラウド サーバーは無制限のユーザーがオンデマンドでアクセスできる、クラウド コンピューティング環境で実行されている仮想 (物理ではない) サーバーであるというものです。

クラウド サーバーは物理サーバーと同じように動作し、データの格納やアプリケーションの実行などの同様の機能を実行します。クラウド サービスはサード パーティ プロバイダーによってホストされているため、多くの場合インターネット経由で、ネットワークを介してコンピューティング リソースを提供します。

クラウド サーバーは、仮想化ソフトウェア (ハイパーバイザーと呼ばれます) を使用して物理サーバーを複数の仮想サーバーに分割することによって作成されます。ハイパーバイザーは、サーバーの処理能力を抽象化し、それらをまとめてプールして仮想サーバーを作成します。

クラウド サーバーのしくみ

クラウド サーバーとは何かがわかったところで、クラウド サーバーのしくみを確認しましょう。クラウド上のサーバーは、従来のサーバーと同じように機能しますが、1 つの重要な違いがあります。リモートでアクセスされるため、事実上どこからでも配置できます。これに対し、従来のサーバーまたは専用サーバーは通常、オンサイトでホストされており、その場所のユーザーのみがアクセスできます。

また、専用サーバーとは異なり、クラウド サーバーでは、リンクされた (仮想) サーバー間でメモリと処理能力を共有できます。サーバー空間にアクセスできるクラウド サーバーは、サービスとしてのインフラストラクチャ (IaaS)、サービスとしてのプラットフォーム (PaaS)、サービスとしてのソフトウェア (SaaS) など、あらゆる種類のクラウド コンピューティング配信モデルを強化するために使用できます。クラウド データ サーバーには、実行に必要なすべてのソフトウェアも組み込まれているため、アップグレードについて心配する必要はありません。

クラウド コンピューティング モデルに関する詳細情報

クラウド サーバーと従来のサーバーの違いは何ですか?

クラウド サーバーは、処理能力、アプリケーション、ストレージを提供するため、従来のサーバーと同様に機能します。ただし、クラウド サーバーはリモートでアクセスされるため、一般に従来のサーバーよりも安定性と安全性が高くなります。

クラウド サーバーと従来のサーバーの主な違いは、多くの場合、インターネットなどのネットワークを介して、アクセス可能なプラットフォームを介してクラウド サーバーを多くのユーザー間で共有できることです。従来の (専用) サーバーには、特定の会社またはエンティティのみがアクセスします。クラウド サーバーは物理サーバーと同じ機能を実行しますが、クラウド サーバーは、オンサイトで設定および管理されるのではなく、ネットワーク経由でホストおよび配信されます。クラウド サーバーと物理サーバーの間のもう 1 つの違いは、クラウド サーバーは無制限のコンピューティング容量を提供しますが、物理サーバーは既存のインフラストラクチャまたはコンピューティング容量に制限されていることです。

クラウドと物理サーバーを比較すると、通常物理サーバーはクラウド サーバーよりもカスタマイズ可能で、より高い処理能力、追加のランダム アクセス メモリ、バックアップ電源へのアクセスが提供されます。

クラウド サーバーの利点

拡張性

アクセスできるコンピューティング能力の量に制限はなく、メモリまたは領域を簡単にアップグレードして、より多くのユーザーをサポートできるため、クラウド サーバーは成長を遂げている企業にとって最適なオプションになります。

セキュリティ

クラウド コンピューティング用のサーバーは、多すぎるユーザーからのオーバーロードに対して脆弱ではありません。古いプログラムや不正確なデータ編集などのソフトウェアの問題は、ローカル環境から分離されています。

処理能力

クラウド コンピューティング用のサーバーは、さまざまなワークロードのコンピューティング能力を共有するために一緒にリンクされているため、アプリケーション、ツール、環境を構築する際に重要な役割を果たすことができます。

信頼性

クラウド サーバーは、信頼性が高く、中断されない接続を提供し、承認されたユーザーにすばやくアクセスできます。

柔軟性

クラウド サーバーを介して作業すると、ユーザーは異なる場所から同じサーバーにアクセスできるため、従業員の柔軟性を高めることができます。さらに、クラウド サーバーは、さまざまなコンピューティング要求にすばやくスケーリングすることにより、さまざまなワークロードに対応できます。

手頃な価格

ほとんどのプロバイダーが従量課金制の価格を提供しているため、クラウド サーバーではハードウェアの費用が削減され、企業のエネルギー コストを削減できます。つまり、コンピューティング能力とリソースは、需要に基づいて自動的にスケーリングできます。

クラウド サーバーの種類

クラウド サーバーには、どのような種類があり、どのような利点がありますか?

クラウド コンピューティングには 3 種類 (パブリック、プライベート、ハイブリッド) あるのと同じように、クラウド サーバーには対応する次の 3 つの種類があります:

パブリック

パブリック クラウドでは、サードパーティのクラウド サービス プロバイダーが、サーバーなどのコンピューティング リソースをインターネット経由で提供します。すべてのハードウェア、ソフトウェア、およびサポート インフラストラクチャは、クラウド プロバイダーによって所有および管理されています。

プライベート

パブリック クラウド サーバーとは異なり、プライベート クラウド サーバーは単一のビジネスまたは組織によって排他的に使用され、多くの場合、最も安全です。サーバーは、オンサイトのデータセンターに物理的に配置することも、サードパーティのサービス プロバイダーがプライベート ネットワーク経由でアクセス可能なプライベート クラウド (サーバー) をホストすることもできます。

ハイブリッド

ハイブリッド クラウド サーバーは、パブリック クラウドとプライベート クラウドの両方を組み合わせたものです。これにより、データとアプリケーションをパブリック クラウドとプライベート クラウドの間で移動できるため、企業の柔軟性が向上し、デプロイ オプションが増え、既存のインフラストラクチャ、セキュリティ、コンプライアンスを最適化することができます。

クラウド サーバーの選び方

適切なクラウド コンピューティング サーバーの選択は、組織またはビジネスの要件によって異なります。ただし多くの場合、選択肢は予算、テクノロジー構成、プロバイダー評価の組み合わせになります。最も一般的にデプロイされているクラウド サーバーは、サードパーティ プロバイダーがサーバーやその他のインフラストラクチャを所有および管理するパブリック クラウドにあり、顧客はオンデマンドでコンピューティング サービスにアクセスします。プライベート クラウドはクラウド サーバーのホスティングをプライベートに提供しており、他の個人や組織と共有されないため、このオプションは最も安全です。プロバイダーを使用して独自のクラウド サーバーを構築する前に、さまざまな種類のクラウド コンピューティング オプションから選択する場合は、通常お客様のニーズに優先順位を付けることが有益です。

クラウド サーバーを選択する場合の手順は次のとおりです:

  1. 可変のワークロードまたはデータを区別するワークロードがあるかどうかを判断します。クラウド サーバーは可変ワークロードに最適ですが、物理サーバーはデータを区別するワークロード用に構築されています。
  2. 予算、プロバイダー、テクノロジーの要件に基づいてニーズを分類します。
  3. セキュリティのニーズを定義し、パブリック クラウドの使用による予期しない需要が原因となる停止やその他の機能の問題に対処できるかどうかを決定します。
  4. ハイブリッド展開 (クラウドとオンサイト インフラストラクチャの組み合わせ) が、両方の長所を活用して、お客様のニーズをより適切に満たせるかどうかを検討してください。

よく寄せられる質問

  • クラウド サーバーは、通常、一度に複数のユーザーがオンデマンドでアクセスできるネットワークを介したサードパーティ プロバイダーによって配信されるクラウド コンピューティング サービスの一種です。

    詳細情報

  • クラウド サーバーは従来のサーバーと同じように動作しますが、1 つの重要な違いがあります。リモートでアクセスされるため、事実上どこからでも配置できます。クラウド サーバーは多くの場合仮想化されています。つまり、複数の仮想マシンを作成してコンピューティング能力を共有する、ハイパーバイザーと呼ばれるソフトウェアを使用してリンクされています。

    詳細情報

  • クラウド サーバーは従来のサーバーとは異なります。多くの場合ネットワーク経由で、アクセス可能なプラットフォームを介して多くのユーザー間で共有されています。従来のサーバーには、サーバーの物理的な場所と同じ場所にいるユーザーのみがアクセスできます。

    詳細情報

  • クラウド サーバーには、柔軟性、手頃な価格、スケーラビリティ、セキュリティ、信頼性、処理能力の向上など、複数の利点があります。

    詳細情報

  • クラウド サーバーには、パブリック、プライベート、ハイブリッドの 3 つの主な種類があります。

    詳細情報

  • クラウド サーバーを選択する場合は、まず予算、テクノロジー、プロバイダーの機能や設定に基づいてニーズを優先します。もう 1 つの重要な決定は、お客様のビジネスに最適なクラウド コンピューティング プロバイダーの種類 (パブリック、プライベート、ハイブリッド) についてです。

    詳細情報

どのようなご用件ですか?