ナビゲーションをスキップする

クラウド コンピューティングとは

ビギナーズ ガイド

簡単に言えば、クラウド コンピューティングとはコンピューティング サービス (サーバー、ストレージ、データベース、ネットワーク、ソフトウェア、分析、インテリジェンスなど) をインターネット (“クラウド”) 経由で配信して、迅速なイノベーション、柔軟なリソース、およびスケール メリットを提供することです。通常は使用するクラウド サービスに対してのみ支払い、運用コストを削減し、インフラストラクチャをより効率的に実行し、ビジネス ニーズの変化に合わせてスケーリングするのに役立てます。

クラウド コンピューティングの利点

クラウド コンピューティングは、IT リソースに対する企業の従来の考え方を大きく変えるものです。組織がクラウド コンピューティング サービスの導入を始めている 7 つの共通する理由を説明します。

コスト

クラウド コンピューティングでは、ハードウェアやソフトウェアの購入、およびオンサイトのデータセンターのセットアップと運用 (サーバー ラック、無休の電源供給および冷却用の電力、インフラストラクチャを管理する IT 専門家) のための資本コストがかかりません。このようなコストはすぐに膨れあがります。

スピード

ほとんどのクラウド コンピューティング サービスはセルフサービスかつオンデマンドで提供されます。そのため、広大なコンピューティング リソースであっても、通常はマウスを数回クリックするだけで、数分でプロビジョニングができます。そのため、企業は柔軟に対応でき、容量計画のプレッシャーからも解放されます。

グローバルな拡張性

柔軟に拡張できることも、クラウド コンピューティング サービスの利点の 1 つです。つまり、クラウドの視点で言えば、ある程度のコンピューティング能力、ストレージ、帯域幅などの IT リソースを、必要となるまさにそのときに、適切な場所から適切な量だけ提供できることです。

生産性

オンサイトのデータセンターは通常、大量の “ラックアンドスタック”、つまりハードウェアのセットアップ、ソフトウェアのパッチ適用、その他の時間のかかる IT 管理業務が必要になります。クラウド コンピューティングによってこれらのタスクの多くが不要になるため、IT チームはもっと重要なビジネス目標の達成に時間をかけることができます。

パフォーマンス

最大級のクラウド コンピューティング サービスが、セキュリティで保護された世界中のデータセンター ネットワーク上で稼働しています。これらのデータセンターは、迅速で効率的な最新世代のコンピューティング ハードウェアへと定期的にアップグレードされます。単一の企業データセンターを配備する場合よりも、アプリケーションのネットワーク遅延が減少する、より規模の経済が働くなどのさまざまな利点があります。

セキュリティ

多くのクラウド プロバイダーでは、お客様のセキュリティ体制全体を強化するポリシー、テクノロジ、およびコントロールの広範なセットを提供して、お客様のデータ、アプリ、インフラストラクチャを潜在的な脅威から保護することを支援しています。

クラウド コンピューティングの種類

1 つとして同じクラウドはなく、すべての人に合ったクラウド コンピューティングの種類もありません。さまざまなモデル、種類、およびサービスが、お客様のニーズに合ったソリューションを提供するために進化してきました。

クラウド デプロイの種類: パブリック、プライベート、ハイブリッド

最初に、クラウド サービスを実装するクラウド デプロイの種類 (クラウド コンピューティング アーキテクチャ) を決定する必要があります。クラウド サービスをデプロイするには、パブリック クラウド、プライベート クラウド、ハイブリッド クラウドという 3 つの方法があります。

パブリック クラウド

パブリック クラウドは、サードパーティのクラウド サービス プロバイダーが所有し運用するクラウドです。このようなプロバイダーは、サーバーやストレージなどの自社のコンピューティング リソースをインターネット経由で顧客に提供します。Microsoft Azure はパブリック クラウドの一例です。パブリック クラウドでは、すべてのハードウェア、ソフトウェア、およびその他の支援インフラストラクチャがクラウド プロバイダーによって所有され、管理されます。ユーザーは Web ブラウザーを使用してサービスへのアクセスやアカウント管理を行います。

プライベート クラウド

プライベート クラウドとは、単独の企業や組織が専用的に使用するクラウド コンピューティング リソースです。プライベート クラウドは、企業のオンサイト データセンター内に物理的に配置できます。サードパーティのサービス プロバイダーに費用を払ってプライベート クラウドをホスティングしてもらう場合もあります。プライベート クラウドは、プライベート ネットワーク上でサービスおよびインフラストラクチャが維持されるクラウドです。

ハイブリッド クラウド

ハイブリッド クラウドは、パブリック クラウドとプライベート クラウドを組み合わせたもので、データおよびアプリケーションをこの 2 種類のクラウド間で共有できるようにするテクノロジによって、これらのクラウドが結び付けられています。ハイブリッド クラウドでは、データやアプリケーションをプライベート クラウドとパブリック クラウドの間で移行できるようにすることで、お客様のビジネスに高い柔軟性とより多くのデプロイ オプションを提供して、既存のインフラストラクチャ、セキュリティ、コンプライアンスの最適化を支援します。

クラウド サービスの種類: IaaS、PaaS、サーバーレス、SaaS

ほとんどのクラウド コンピューティング サービスは、サービスとしてのインフラストラクチャ (IaaS)、サービスとしてのプラットフォーム (PaaS)、サーバーレス、およびサービスとしてのソフトウェア (Saas) の 4 つカテゴリに大別されます。それぞれ、別のサービスの上層に構築されるため、これらをまとめてクラウド コンピューティング スタックと呼ぶこともあります。これらのサービスの定義や相違点を知ることによって、ビジネス目標の達成が容易になります。

サービスとしてのインフラストラクチャ (IaaS)

最も基本的なクラウド コンピューティング サービスのカテゴリです。IaaS では、サーバーと仮想マシン (VM)、ストレージ、ネットワーク、オペレーティング システムなどの IT インフラストラクチャを、クラウド プロバイダーから従量課金制でレンタルします。詳細については、「IaaS とは」を参照してください。

サービスとしてのプラットフォーム (PaaS)

サービスとしてのプラットフォームとは、ソフトウェア アプリケーションの開発、テスト、配信、管理のためのオンデマンド環境を提供するクラウド コンピューティング サービスのことです。PaaS は、開発者が Web アプリケーションやモバイル アプリケーションをすばやく、より簡単に作成できるようになっています。開発に必要となるサーバー、ストレージ、ネットワーク、データベースによる基盤インフラストラクチャのセットアップや管理の心配はいりません。詳細については、「PaaS とは」を参照してください。

サーバーレス コンピューティング

PaaS とオーバーラップするサーバーレス コンピューティングは、アプリの機能のビルドに重点を置いています。これを行うために必要なサーバーとインフラストラクチャを継続的に管理するために時間を費やす必要はありません。お客様の代わりにクラウド プロバイダーが、セットアップ、キャパシティ プランニング、およびサーバー管理を処理します。サーバーレス アーキテクチャは、イベント駆動型で高いスケーラビリティを誇り、特定の関数やトリガーが発生したときにだけリソースを使用します。

サービスとしてのソフトウェア (SaaS)

サービスとしてのソフトウェアは、インターネット経由でソフトウェア アプリケーションを配信するための手法であり、この配信はオンデマンドで、通常はサブスクリプションに基づいて行われます。SaaS では、クラウド プロバイダーがソフトウェア アプリケーションおよび基盤インフラストラクチャのホスティングと管理を行い、ソフトウェアのアップグレードやセキュリティ パッチ適用など、すべての保守作業を担当します。ユーザーはインターネット経由で、通常は自分の携帯電話、タブレット、または PC の Web ブラウザーを使用してアプリケーションに接続します。詳細については、「SaaS とは」を参照してください。

クラウド コンピューティングの仕組み

どのクラウド コンピューティング サービスも少しずつ異なっていますが、多くのサービスは、馴染みのあるブラウザーベースのダッシュボードを提供しており、IT プロフェッショナルや開発者はこのダッシュボードを使用して、これまでよりも簡単にリソースの発注やアカウント管理を行うことができます。一部のクラウド コンピューティング サービスは、REST API やコマンドライン インターフェイスと連携するようになっており、開発者は複数のオプションから選択できます。

クラウド コンピューティングの利用

現代ではおそらく誰もが、意識していなくてもクラウド コンピューティングを利用しています。メールの送信、ドキュメントの編集、映画や TV、音楽、ゲーム、画像などのファイルの保管のためにオンライン サービスを利用している場合、水面下ではクラウド コンピューティングによって実現されている可能性が高いと言えます。初期のクラウド コンピューティング サービスの登場から 10 年ほどしか経っていませんが、ごく小規模なスタートアップ企業から世界規模の企業や政府機関、非営利団体まで、さまざまな組織が既にあらゆる目的でこのテクノロジを活用しています。

現在、クラウド プロバイダーのクラウド サービスを使用してできるいくつかの例を次に示します。

新しいアプリケーションおよびサービスの作成

任意のプラットフォームでアプリケーション (Web、モバイル、API) をすばやくビルド、デプロイ、スケールします。パフォーマンス、セキュリティ、コンプライアンスの要件を満たすために必要なリソースにアクセスします。

アプリケーションのテストとビルド

簡単にスケールアップまたはスケールダウンできるクラウド インフラストラクチャを使用することで、アプリケーション開発のコストと時間を削減します。

データの保存、バックアップ、回復

任意のデバイスを使用してどこからでもアクセスできるオフサイトのクラウド ストレージ システムにデータをインターネット経由で転送することで、データをよりコスト効率よく大規模に保護します。

データを分析する

チーム、部門、およびクラウド内の場所にわたってデータを統合します。次に、機械学習や人工知能などのクラウド サービスを使用して、より多くの情報に基づいた意志決定を下すための分析情報を見いだします。

オーディオ、ビデオのストリーミング

グローバル配信を使用した高解像度のビデオと音声により、あらゆる場所、時間、デバイスで対象ユーザーとつながれます。

埋め込まれたインテリジェンス

顧客を引きつけて、キャプチャしたデータから貴重な分析情報を提供するのに役立てるため、インテリジェント モデルを使用します。

ソフトウェアのオンデマンド配信

サービスとしてのソフトウェア (SaaS) としても知られるオンデマンド ソフトウェアにより、顧客がどこにいても、顧客が必要な場合にいつでも最新のソフトウェア バージョンと更新プログラムを提供できます。

Microsoft とクラウド コンピューティング

Microsoft は、あらゆる規模の企業に対してクラウド コンピューティング サービスを世界中で提供するリーディング プロバイダーです。Microsoft のクラウド プラットフォームとサーバーレス アプリケーション プラットフォームの詳細、および Microsoft Azure と他のクラウド プロバイダーの比較については、「Azure とは」および「Azure vs. AWS」 (Azure と AWS の比較) をご覧ください。

準備はできましたか

Azure の無料アカウントをセットアップしましょう。