ナビゲーションをスキップする

Azure Network Function Manager

Azure 管理を拡張してエッジ デバイスに 5G および SD-WAN ネットワーク機能をデプロイする

Azure Stack Edge に Marketplace のネットワーク機能をデプロイする

Azure Network Function Manager は、事前検証済みのモバイル ネットワーク機能の一貫した管理エクスペリエンスを提供し、プライベート LTE/5G ソリューションを実現します。またこのサービスを使用すると、SD-WAN などの Azure Marketplace のネットワーク機能に対し、シームレスなクラウドからエッジのエクスペリエンスを実現できます。

Azure Stack Edge 上のプライベート LTE/5G ソリューションを実現するモバイル パケット コアなどの特殊なネットワーク機能

ネットワーク機能を Azure Stack Edge 上の Azure マネージド アプリケーションとして提供し、管理を簡素化

Azure Stack Edge 上で動作する検証済みのネットワーク機能を提供するパートナーの豊富なエコシステム

クラウドからエッジへの一貫したエクスペリエンスの提供

パートナーの豊富なエコシステムから、エッジでの SD-WAN、VPN ソリューションを簡単にデプロイおよび管理できます。真のハイブリッド エクスペリエンスを実現するために、Azure Marketplace をご利用ください。Azure や Azure Virtual WAN で使用しているネットワーク機能と同様に、マーケットプレースの事前検証済みネットワーク機能のリストから選択し、Azure Stack Edge での適切な動作を保証することができます。これにより、承認されたバージョンのみを使用することができ、ネットワークの専門家でなくても管理することができます。

Azure Stack Edge でプライベート LTE/5G ネットワークを実行する

オンプレミスのセキュアなプライベート 5G/LTE モバイル ネットワークを実行し、Azure portal モバイル パケット コア ネットワーク機能パートナーを選択して迅速にデプロイできます。これらの超低遅延ネットワークにより、拡張現実、仮想現実、産業用ロボットなどのユース ケースに対応したリアルタイム エッジ アプリケーションを実現できます。

一元的な可視性、操作、コンプライアンスを実現

オンプレミスの Azure Stack Edge デバイスに配信される幅広いネットワーク機能の可視化とライフサイクルの管理を一元化します。使い慣れた Azure portal を使用した一貫性のある管理サービスで、複数の Azure Stack Edge デバイス間のネットワーク機能を管理します。ロールベースのアクセス制御 (RBAC) を使用して、ネットワーク機能の ガバナンス を満たし、アクセスを委任します。

Network Function Manager を信頼する理由

  • Microsoft ではサイバーセキュリティの研究と開発に年間 $10 億を超える投資を行っています。

  • Microsoft には、データ セキュリティとプライバシーを専門とする 3,500 人を超えるセキュリティ エキスパートがいます。

  • Azure は、他のクラウド プロバイダーを上回る数の認定を受けています。包括的なリストをご確認ください。

Network Function Manager の価格

このサービスは、Azure Stack Edge では無料で提供されます。

Network Function Manager のリソース

詳しく見る

ドキュメントを読む

パートナー ソリューション

Azure Network Function Manager と Azure Stack Edge を使用した Celona Private Mobile Network ソリューションにより、エッジで低遅延、高スループットのアプリケーションを実現できます。

Azure Network Function Manager に関してよく寄せられる質問

  • Network Function Manager は米国東部、西ヨーロッパ、東南アジア リージョンで使用できます。
  • Network Function Manager は現在、ネットワーク機能と CPU/GPU アプリケーションを実行できるよう構築された AI 対応のエッジ コンピューティング デバイスである Azure Stack Edge Pro GPU デバイスをサポートしています。

準備が整ったら、Azure の無料アカウントを設定しましょう。

どのようなご用件ですか?