エラスティック コンピューティングやクラウドのエラスティック性とは

エラスティック コンピューティングとは、容量計画やピーク時の利用状況に合わせた技術的対応について心配することなく、コンピューターの処理リソース、メモリ リソース、およびストレージ リソースを、変わり続ける需要に合わせて急速に拡大または縮小する機能です。エラスティック コンピューティングは、通常はシステム監視ツールによって制御されており、運用を中断させることなく、実際に必要なリソース量に合わせたリソース量を割り当てます。クラウドのエラスティック性によって、企業は使用していない容量やアイドル状態のリソースに費用を支払わずに済みます。また、追加のリソースと設備の購入や保守への投資について思い悩む必要はありません。

エラスティック クラウド コンピューティングは、導入を検討する際にセキュリティと限定されたコントロールについて考慮しなければならないとはいえ、数多くの利点があります。エラスティック コンピューティングは一般的な IT インフラストラクチャよりも効率がよく、通常は自動化されています。そのため、管理者が常に待機している必要がなく、不必要な遅延時間やサービスの中断を発生させずに、サービスを常に使用できる状態に保つことができます。

関連製品およびサービス

SQL Database

サービスとしての管理されたリレーショナル SQL Database

Load Balancer

アプリケーションに優れた可用性とネットワーク パフォーマンスを提供

Traffic Manager

高パフォーマンスと高可用性のために着信トラフィックをルーティングする