ナビゲーションをスキップする

Azure イン オープン プランのライセンスの紹介

リセラーから Azure イン オープン プランのクレジットを購入した場合、Azure サービスを使用するには、次の引き換えオプションから選択してください。

新しいサブスクリプション

クレジットを使用して新しいサブスクリプションをライセンス認証

有効化する

現行のサブスクリプション

既存の Azure イン オープン プランのライセンス サブスクリプションに Azure クレジットを追加

クレジットの追加

Azure のリセラーからの購入

Microsoft Azure なら、IT にかかるコストの削減や、必要に応じたスケールアップとスケールダウンといったクラウドのメリットを、お客様のビジネスにおいて素早く、しかも容易に実感していただけます。Azure をオープン ライセンス プログラムからご購入いただけるようになりました。ここでは、クラウド サービスをマイクロソフト リセラーから簡単かつ柔軟に購入できます。

使い慣れた、便利な購入オプション

多くの中小規模企業のお客様が Microsoft オープン ライセンスを通じて購入しているなか、Azure も他の Microsoft ソフトウェアと同じ便利なプログラムを通じて利用できるようになりました。

始める

Azure を使い始めるのは簡単です。Microsoft パートナーに問い合わせて、クラウドがお客様のビジネスにどのようなメリットをもたらすかをお調べください。パートナーを探す必要がありますか?Microsoft Pinpoint にアクセスして、今すぐ開始できます。

Microsoft パートナー様が利用できるメリット

Azure イン オープン プランのライセンスでは、他のオンプレミス ソリューションと共にクラウド サービスを簡単に追加できる使い慣れたライセンス オプションを使用して、クラウド ビジネスを拡大することができます。クラウドによるビジネス機会は急速に広がっており、Azure ビジネスの 35% は、お客様のようなパートナーからもたらされています。はじめにページにアクセスし、この機会をとらえる方法についてさらに詳しくご覧ください。パートナーの詳細については、パートナー マーケティング センターをご覧ください。オープン ライセンス専用の価格計算ツールも掲載されています。

難しいことはありません。次のように、操作は簡単です。

Azure 前払いクレジットは、オンライン サービス アクティベーション (OSA) キーの形式でリセラーから購入できます。OSA キーのアクティベーションから 12 か月間、消費量に基づいて計算されるすべての Azure サービスについてクレジットをご利用になれます。Azure の価格は、使用するサービスに固有のものです。Azure 前払いの対象となる Azure サービスの完全な一覧と詳細な価格については、こちらをご覧ください。

Azure サービスのクレジットは、購入したユニットにつき約 $100 単位で利用できます。通貨セレクターを使用して、購入済みのユニットごとの Azure サービス クレジットに相当する金額を、通貨ごとに確認できます。次の表に、Azure の購入に使用できる通貨の一覧を示します。
国/地域 請求通貨
アフガニスタン 米国 – ドル ($) USD
アルバニア 米国 – ドル ($) USD
アルジェリア 米国 – ドル ($) USD
アンゴラ 米国 – ドル ($) USD
アルゼンチン 米国 – ドル ($) USD
アルメニア 米国 – ドル ($) USD
オーストラリア オーストラリア - ドル ($) AUD
オーストリア ユーロ ゾーン – ユーロ (€) EUR
アゼルバイジャン 米国 – ドル ($) USD
バハマ 米国 – ドル ($) USD
バーレーン 米国 – ドル ($) USD
バングラデシュ 米国 – ドル ($) USD
バルバドス 米国 – ドル ($) USD
ベルギー ユーロ ゾーン – ユーロ (€) EUR
ベリーズ 米国 – ドル ($) USD
バミューダ諸島 米国 – ドル ($) USD
ボリビア 米国 – ドル ($) USD
ボスニア ヘルツェゴビナ 米国 – ドル ($) USD
ボツワナ 米国 – ドル ($) USD
ブラジル ブラジル – Real (R$) BRL
ブルネイ ダルサラーム国 米国 – ドル ($) USD
ブルガリア ユーロ ゾーン – ユーロ (€) EUR
カーボベルデ共和国 米国 – ドル ($) USD
カメルーン 米国 – ドル ($) USD
カナダ カナダ – ドル ($) CAD
ケイマン諸島 米国 – ドル ($) USD
チリ 米国 – ドル ($) USD
コロンビア 米国 – ドル ($) USD
コンゴ共和国 米国 – ドル ($) USD
コスタリカ 米国 – ドル ($) USD
コートジボワール 米国 – ドル ($) USD
クロアチア ユーロ ゾーン – ユーロ (€) EUR
キュラソー島 米国 – ドル ($) USD
キプロス ユーロ ゾーン – ユーロ (€) EUR
チェコ共和国 ユーロ ゾーン – ユーロ (€) EUR
デンマーク デンマーク – クローネ (kr) DKK
ドミニカ共和国 米国 – ドル ($) USD
エクアドル 米国 – ドル ($) USD
エジプト 米国 – ドル ($) USD
エルサルバドル 米国 – ドル ($) USD
エストニア ユーロ ゾーン – ユーロ (€) EUR
エチオピア 米国 – ドル ($) USD
フェロー諸島 デンマーク – クローネ (kr) DKK
フィジー オーストラリア - ドル ($) AUD
フィンランド ユーロ ゾーン – ユーロ (€) EUR
フランス ユーロ ゾーン – ユーロ (€) EUR
ジョージア 米国 – ドル ($) USD
ドイツ ユーロ ゾーン – ユーロ (€) EUR
ガーナ 米国 – ドル ($) USD
ギリシャ ユーロ ゾーン – ユーロ (€) EUR
グアテマラ 米国 – ドル ($) USD
ホンジュラス 米国 – ドル ($) USD
香港特別行政区 米国 – ドル ($) USD
ハンガリー ユーロ ゾーン – ユーロ (€) EUR
アイスランド ユーロ ゾーン – ユーロ (€) EUR
インド インド – ルピー (₹) INR
インドネシア 米国 – ドル ($) USD
イラク 米国 – ドル ($) USD
アイルランド ユーロ ゾーン – ユーロ (€) EUR
イスラエル 米国 – ドル ($) USD
イタリア ユーロ ゾーン – ユーロ (€) EUR
ジャマイカ 米国 – ドル ($) USD
日本 日本 – 円 (¥) JPY
ヨルダン 米国 – ドル ($) USD
カザフスタン 米国 – ドル ($) USD
ケニア 米国 – ドル ($) USD
韓国 韓国語 – ウォン (₩) KRW
クウェート 米国 – ドル ($) USD
キルギス 米国 – ドル ($) USD
ラトビア ユーロ ゾーン – ユーロ (€) EUR
国/地域 請求通貨
レバノン 米国 – ドル ($) USD
リビア 米国 – ドル ($) USD
リヒテンシュタイン スイス – フラン (chf) CHF
リトアニア ユーロ ゾーン – ユーロ (€) EUR
ルクセンブルク ユーロ ゾーン – ユーロ (€) EUR
マカオ 米国 – ドル ($) USD
マケドニア旧ユーゴスラビア共和国 米国 – ドル ($) USD
マレーシア 米国 – ドル ($) USD
マルタ ユーロ ゾーン – ユーロ (€) EUR
モーリシャス 米国 – ドル ($) USD
メキシコ 米国 – ドル ($) USD
モルドバ 米国 – ドル ($) USD
モナコ ユーロ ゾーン – ユーロ (€) EUR
モンゴル国 米国 – ドル ($) USD
モンテネグロ 米国 – ドル ($) USD
モロッコ 米国 – ドル ($) USD
ナミビア 米国 – ドル ($) USD
ネパール 米国 – ドル ($) USD
オランダ ユーロ ゾーン – ユーロ (€) EUR
ニュージーランド ニュージーランド - ドル ($) NZD
ニカラグア 米国 – ドル ($) USD
ナイジェリア 米国 – ドル ($) USD
ノルウェー ノルウェー – クローネ (kr) NOK
オマーン 米国 – ドル ($) USD
パキスタン 米国 – ドル ($) USD
パレスチナ自治政府 米国 – ドル ($) USD
パナマ 米国 – ドル ($) USD
パラグアイ 米国 – ドル ($) USD
ペルー 米国 – ドル ($) USD
フィリピン 米国 – ドル ($) USD
ポーランド ユーロ ゾーン – ユーロ (€) EUR
ポルトガル ユーロ ゾーン – ユーロ (€) EUR
プエルトリコ 米国 – ドル ($) USD
カタール 米国 – ドル ($) USD
ルーマニア ユーロ ゾーン – ユーロ (€) EUR
ルワンダ 米国 – ドル ($) USD
セントクリストファー・ネーヴィス 米国 – ドル ($) USD
サウジアラビア 米国 – ドル ($) USD
セネガル 米国 – ドル ($) USD
セルビア 米国 – ドル ($) USD
シンガポール 米国 – ドル ($) USD
スロバキア ユーロ ゾーン – ユーロ (€) EUR
スロベニア ユーロ ゾーン – ユーロ (€) EUR
南アフリカ 米国 – ドル ($) USD
スペイン ユーロ ゾーン – ユーロ (€) EUR
スリランカ 米国 – ドル ($) USD
スウェーデン スウェーデン – クローナ (kr) SEK
スイス スイス – フラン (chf) CHF
台湾 台湾 - ドル (NT$) TWD
タジキスタン 米国 – ドル ($) USD
タンザニア 米国 – ドル ($) USD
タイ 米国 – ドル ($) USD
トリニダード・トバゴ 米国 – ドル ($) USD
チュニジア 米国 – ドル ($) USD
トルコ 米国 – ドル ($) USD
トルクメニスタン 米国 – ドル ($) USD
ウガンダ 米国 – ドル ($) USD
ウクライナ 米国 – ドル ($) USD
アラブ首長国連邦 米国 – ドル ($) USD
イギリス イギリス - ポンド (£) GBP
米国 米国 – ドル ($) USD
ウルグアイ 米国 – ドル ($) USD
ウズベキスタン 米国 – ドル ($) USD
ベネズエラ 米国 – ドル ($) USD
ベトナム 米国 – ドル ($) USD
米領バージン諸島 米国 – ドル ($) USD
イエメン 米国 – ドル ($) USD
ザンビア 米国 – ドル ($) USD
ジンバブエ 米国 – ドル ($) USD

*Azure クレジット金額には、購入時に支払う税金は含まれていません。

サブスクリプションにクレジットをアタッチする

Azure イン オープン プランのサブスクリプションには、パートナーから最初の購入時と同じプロセスで購入することにより、いつでもクレジットを追加できます。クレジットは、先入れ先出し法ベースで使用され、購入した各クレジットは、ライセンス認証から 12 か月以内に使用する必要があります。

パートナーに追加のクレジットを再注文する前にクレジットを全部使ってしまいそうな場合には、クレジット カードを使用して、サブスクリプションにクレジットをアタッチするオプションがあります。これは、使用量と課金ポータルでクレジットを追加したいサブスクリプションを選択することで実行できます。このページで、[クレジットの追加] オプションを選択し、[方法] からクレジット カード オプションを選択します。

この機能は次の国ではご利用いただけませんのでご注意ください。

  • アゼルバイジャン
  • ベラルーシ
  • ブラジル
  • カナダ
  • 日本
  • カザフスタン
  • 韓国
  • ロシア
  • 台湾
  • ウクライナ

サポートの利用

リセラーにお問い合わせいただくか、Microsoft Azure クラシック ポータルよりオンラインでサポート ケースをお送りください。サブスクリプションおよび請求に関する問題については、サポート契約は必要ありません。ただし、技術的または障害対応の問題の場合は Azure サポート プランが必要で、これは別途購入する必要があります。

利用できるサポート プランの詳細については、Azure のサポート プランのページを参照してください。

移行の背景と詳細

オファーの利用、使用量クォータ、サービス レベル アグリーメントなどの Azure in Open の詳細については、従量課金制のページを参照してください。

よく寄せられる質問 (FAQ)

  • Azure の価格は、使用するサービスに固有のものです。Azure サービスの価格の詳細については、https://azure.microsoft.com/pricing/ をご覧ください。

  • Azure では、ご利用対象の特定のサービスごとに、消費量ベースでの価格が設定されています。たとえば、Azure Backup には、バックアップ圧縮、データ暗号化、バックアップの復元に必要となるネットワーク帯域幅などの追加機能が含まれるため、標準の Azure Storage とは料金が異なります。

  • Azure イン オープン プランのボリューム ライセンスでは、Microsoft パートナーから Azure サービスを購入するための新しいオプションを提供しています。お客様は、オープン、オープン バリュー、またはオープン バリュー サブスクリプションのボリューム ライセンス プログラムを通して Azure SKU を購入できます。Azure イン オープン プランの購入は、ライセンス認証後 12 か月間有効で、購入日から 5 年以内にライセンス認証する必要があります。

    SKU は、オンライン サービス アクティベーション (OSA) キーの形式で提供されます。これは、リセラーがディストリビューターから購入し、お客様に販売するものです。フル購入は、購入時に別途指定のない限り、単一の OSA キーで発行されます。

    注文が処理されると、OSA キーをボリューム ライセンス サービス センターから取得し、Azure アカウント ポータル (https://aka.ms/azureinopen) でライセンス認証できるようになります。

  • 2014 年 8 月以前、お客様が Azure を購入するには 2 つの方法がありました。それは、azure.microsoft.com から、またはマイクロソフトエンタープライズ契約 (EA) の一部として購入する方法です。今回の変更では、Azure はマイクロソフト ボリューム ライセンスのメリットを提供する別の一般的なライセンス オプションを通じて利用できるようになりました。

    Azure をオープン ライセンスで購入する利点の 1 つは、Open Volume License プログラムで、購入先として選択できるリセラーを継続して使用できることです。アカウント管理のサポートをしてもらうほか、これらのリセラーが提供するサービスと専門知識を活用できます。

  • Azure イン オープン プランのご購入をサポートするリセラーをお探しの場合は、Microsoft Pinpoint にアクセスしてください。

  • Azure イン オープン プランは、Open ボリューム ライセンス プログラムを利用でき、Azure ダイレクトを提供している国で利用できます。お客様の国でオープン ボリューム ライセンスが利用可能かどうかを確認するには、こちらにアクセスしてください。

  • Azure Marketplace では、オープン ライセンスのお客様はすべてのライセンス持ち込み (BYOL) サービスを処理できますが、使用量ベースの新しいサブスクリプションにクレジット カードを関連付ける必要があります。一部の Azure サービスは、ユーザー ライセンスあたりの年間契約でオープン ライセンスを通じて別途購入できます。この例として、Azure Active Directory Basic および Premium、Enterprise Mobility Suite (EMS) などがあり、これらは、ユーザー ライセンスあたりの年間契約で別途購入できます。

    サービスによっては、すべてのデータセンターではご利用いただけないものがあります。各データセンターで提供されているサービスについては、ここで確認できます。

  • Azure Government は、米国政府のニーズに合うよう特別に設計された、政府機関向けのコミュニティ クラウドで、米国本土に位置する物理的に独立したデータセンターとネットワーク上にあります。現在、Azure イン オープン プランを使用して Azure Government Cloud からサービスを購入することはできません。

  • いいえ。Azure イン オープン プランのプログラムでは、将来の期間への繰り越しはできません。お客様には、ライセンス認証日から 12 か月後に期限の切れる、\"使わなければ失われる\" タイプの有効期限が設定されます。お客様は複数のタイミングで複数の OSA キーをライセンス認証した場合、各キーには利用開始日に基づいて異なる有効期限が設定されます。

  • Azure イン オープン プランのサブスクリプションを EA に関連付けると、未使用分の Azure イン オープン プランのクレジットは失われます。Azure イン オープン プランのアカウントを EA に関連付ける前に、関連する Azure EA のドキュメントを確認してください。クレジットの失効の可能性を防ぐため、アカウントを EA にアタッチする前に、Azure イン オープン プランのサブスクリプションのクレジットをすべて使用することをお勧めします。

  • 管理ポータルは、Azure サービスを構成して使用するためのものです。使用量と課金ポータルは、Azure サブスクリプションの使用量、消費、および残高情報を確認するためにご利用いただけます。また、アカウントの詳細を更新することもできます。プレビュー ポータルは、この情報を組み合わせて提供しており、他のポータルと同様にご利用いただけます。3 つのポータルには、https://azure.microsoft.com/account/ からアクセスできます。

  • お客様は Microsoft Azure クラシック ポータルを使用して、ドメイン、エンド ユーザー、サブスクリプション、および共同管理者の管理を処理します。また、お客様は Microsoft パートナーに自身のアカウントの管理を任せるか、パートナーと連携してそれらを管理することを選択できます。

  • Azure アカウントを任意のオファー タイプ (Azure 試用版、Office365 を含む) で 2014 年 7 月 14 日以前に作成したお客様は、別の電子メール アドレスを使用して新しい Azure アカウントを作成し、Azure イン オープン プラン サブスクリプションを作成する必要があります。

  • お客様のアカウントを管理するために、リセラーはお客様と協力し、アカウントの共同管理者として自身をアタッチする必要があります。これは、管理ポータルの [設定] セクションで設定します。その後、リセラーは各お客様のポータルにアクセスし、アカウントを監視、管理できます。

  • お客様のアカウントにログインして残高や消費量を確認できるほか、トークンの残高が初期値の 30% になると、自動でお客様に電子メールでの通知が送られます。課金アラート機能を使用し、最大 5 つの構成可能なアラートを作成することもできます。このアラートは、サブスクリプション クレジットの残りが構成した値に達した場合に電子メールで通知を送ります。各アラートは、2 つの電子メール アドレスに送付できます。アラートはサブスクリプション レベルで作成され、[アラート] タブの使用量と課金ポータルからアクセスできます。詳細は下部に説明されています。

    Azure イン オープン プランの課金アラート:

    • トークン クレジットの残り: トークンの残高が、トークンの初期残高の 30% 以下です。
    • トークンの有効期限: トークンの有効期限日の 30 日前。有効期限日を過ぎると、未使用のクレジットは失われます。
    • サブスクリプション クレジットの残り: サブスクリプション クレジットの合計残高は、構成した値以下です。
  • Azure イン オープン プランのサブスクリプションの残高がゼロになると、サービスは中断されます。データは 90 日間保持され、サブスクリプションへの支払いが確認されると、サービスは復帰します。ただし、一部のサービスでは、再デプロイが必要になる場合があります。

  • お客様は、パートナーに直接連絡するか、Microsoft Azure クラシック ポータルからオンラインでサポート ケースを送信できます。サブスクリプションおよび請求に関する問題については、サポート契約は必要ありません。ただし、技術的または障害対応の問題の場合は、クレジット カードで購入可能な Azure サポート プランが必要です。マイクロソフトのサポートを受けるには、以下のリンクからアクセスしてください。

  • Azure ワークロードは一様でないため、移行できるかどうかは課金サポート チームの判断に委ねられます。