Azure イン オープン プランのライセンスの紹介

リセラーを通じて Azure イン オープン プランのクレジットを購入した場合は、以下の使用オプションから選択して、Azure サービスを使用してください。

新しいサブスクリプション

クレジットを使用して新しいサブスクリプションをライセンス認証

有効化する

現行のサブスクリプション

既存の Azure イン オープン プランのライセンス サブスクリプションに Azure クレジットを追加

クレジットの追加

Azure のリセラーからの購入

Microsoft Azure なら、IT にかかるコストの削減や、必要に応じたスケールアップとスケールダウンといったクラウドのメリットを、お客様のビジネスにおいて素早く、しかも容易に実感していただけます。Azure をオープン ライセンス プログラムからご購入いただけるようになりました。ここでは、クラウド サービスをマイクロソフト リセラーから簡単かつ柔軟に購入できます。

使い慣れた、便利な購入オプション

多くの中小規模企業のお客様が Microsoft オープン ライセンスを通じて購入しているなか、Azure も他の Microsoft ソフトウェアと同じ便利なプログラムを通じて利用できるようになりました。

はじめに

Azure を使い始めるのは簡単です。Microsoft パートナーに問い合わせて、クラウドがお客様のビジネスにどのようなメリットをもたらすかをお調べください。パートナーを探す必要がありますか? Microsoft Pinpoint にアクセスして、今すぐ開始できます。

Microsoft パートナー様が利用できるメリット

Azure イン オープン プランのライセンスでは、他のオンプレミス ソリューションと共にクラウド サービスを簡単に追加できる使い慣れたライセンス オプションを使用して、クラウド ビジネスを拡大することができます。クラウドによるビジネス機会は急速に広がっており、Azure ビジネスの 35% は、お客様のようなパートナーからもたらされています。はじめにページにアクセスし、この機会をとらえる方法についてさらに詳しくご覧ください。パートナーの詳細については、パートナー マーケティング センターをご覧ください。オープン ライセンス専用の価格計算ツールも掲載されています。

難しいことはありません。次のように、操作は簡単です。

Azure 年額コミットメント クレジットは、オンライン サービスのライセンス認証 (OSA) キーの形式でリセラーより購入できます。OSA キーのアクティベーションから 12 か月間、消費量に基づいて計算されるすべての Azure サービスについてクレジットをご利用になれます。Azure の価格は、使用するサービスに固有のものです。コミットメント額の対象となる Azure サービスの詳しい一覧、および詳細な価格については、こちらを参照してください。

Azure サービス クレジットは購入した各ユニットにつき、$100 にほぼ相当する単位で使用できます。通貨セレクターを使用して、購入済みのユニットごとの Azure サービス クレジットに相当する金額を、通貨ごとに確認できます。次の表に、Azure の購入に使用できる通貨の一覧を示します。

*Azure クレジット金額には、購入時に支払う税金は含まれていません。

サブスクリプションにクレジットをアタッチする

Azure イン オープン プランのサブスクリプションには、パートナーから最初の購入時と同じプロセスで購入することにより、いつでもクレジットを追加できます。クレジットは、先入れ先出し法ベースで使用され、購入した各クレジットは、ライセンス認証から 12 か月以内に使用する必要があります。

パートナーに追加のクレジットを再注文する前にクレジットを全部使ってしまいそうな場合には、クレジット カードを使用して、サブスクリプションにクレジットをアタッチするオプションがあります。これは、使用量と課金ポータルでクレジットを追加したいサブスクリプションを選択することで実行できます。このページで、[クレジットの追加] オプションを選択し、[方法] からクレジット カード オプションを選択します。

この機能は次の国ではご利用いただけませんのでご注意ください。

  • アゼルバイジャン
  • ベラルーシ
  • ブラジル
  • カナダ
  • 日本
  • カザフスタン
  • 韓国
  • ロシア
  • 台湾
  • ウクライナ

サポートの利用

リセラーにお問い合わせいただくか、Microsoft Azure クラシック ポータルよりオンラインでサポート ケースをお送りください。サブスクリプションおよび課金の問題でサポートに連絡する必要はありません。ただし、技術または障害対応の問題では Azure サポート プランが必要で、これは別途購入する必要があります。

利用できるサポート プランの詳細については、Azure のサポート プランのページを参照してください。

詳細

プランの利用、使用量クォータ、サービス レベル アグリーメントなどの Azure イン オープン プランの詳細については、従量課金のページを参照してください。

よく寄せられる質問 (FAQ)