さらに高度なインサイトの取得を可能にするコネクタを Azure Data Factory に追加

2月 4, 2019 に投稿済み

Program Manager, Azure Data Factory

データはビジネスの要です。他社を引き離すためには、ビジネス情報をさらに効率的に引き出せるようにすることが重要です。データの量や種類が増え、発生するスピードが速まるほど、データ サイロの壁を越えて統合しなければならないデータセットの種類は増えていきます。企業はそうしたデータを高度に分析し、ビジネス チャンスを得る必要があります。これに対応するビッグ データ分析ソリューションを構築する場合、最初の課題は、さまざまな種類のデータ ストアと接続し、データを集めることです。Azure の分析ワークロード用フル マネージド データ統合サービスである Azure Data Factory (ADF) では、ドラッグ アンド ドロップだけで 80 種類以上のデータ ソースからデータをコピーできます。また、柔軟な制御フロー、高度な監視機能、CI/CD 機能によって ETL フローや ELT フローを運用、管理し、お客様の SLA に対応できます。

本日マイクロソフトは新しい ADF コネクタを発表しました。これを使用することで分析ワークロードのシナリオや可能性がさらに広がります。たとえば以下のようなシナリオに対応できます。

  • Google Cloud Storage から Azure Data Lake Gen2 にデータを取り込み、Azure Databricks と併せて他のソースからのデータを処理する
  • 他社データ ベンダーの S3 互換データ ストレージから Azure にデータを移動する
  • MongoDB などから Azure Cosmos DB の MongoDB 用 API にデータをコピーし、アプリケーションで使用する
  • 任意の RESTful エンドポイントからデータを取得し、さまざまな SaaS アプリケーションの拡張ポイントとして使用する

この新しいコネクタと、既存のコネクタに追加された機能について以下にまとめました。

コネクタの更新情報

Azure Cosmos DB の MongoDB 用 API

既にサポートされている SQL API と同様に、Azure Cosmos DB の MongoDB 用 API との間でもデータを双方向にコピーできるようになりました。コネクタ シンクは Azure Cosmos DB の一括実行ライブラリをベースとしており、Azure Cosmos DB への書き込みに特化され高いパフォーマンスを発揮します。詳しくは Azure Cosmos DB の MongoDB 用 API のドキュメントをご覧ください。

Amazon S3

ADF では、Amazon S3 コネクタでカスタム S3 エンドポイントを構成できます。このコネクタを使用するとあらゆる S3 互換ストレージからデータをコピーすることが可能で、Amazon S3 純正以外のサービスを使用することもできます。詳しくは Amazon S3 コネクタのドキュメントをご覧ください。

Google Cloud Storage

Google Cloud Storage は S3 互換で相互運用が可能になり、Google Cloud Storage からデータをコピーできるようになりました。この場合、S3 コネクタで Google Cloud Storage の S3 エンドポイントに接続します。詳しくは Google Cloud Storage コネクタのドキュメントをご覧ください。

MongoDB

MongoDB の機能の対応範囲、パフォーマンス、スケーラビリティに対するフィードバックを受けて、ADF の MongoDB コネクタを更新しました。これにより、接続オプションを含む汎用 MongoDB 接続文字列、ネイティブな MongoDB クエリ、階層型データの抽出など、ネイティブな MongoDB 機能が包括的にサポートされました。詳しくは MongoDB コネクタのドキュメントをご覧ください。

Azure Database for MariaDB

Azure Database for MariaDB にデータをコピーできるようになりました。詳しくは Azure Database for MariaDB コネクタのドキュメントをご覧ください。

一般的な REST ソース

より多くの RESTful サービスや RESTful アプリからデータを取得できるようになりました。汎用 HTTP コネクタに加えて、特定の目的に特化した REST コネクタを ADF に追加しました。この 2 つはお客様からのフィードバックを受けて対応したもので、Azure Active Directory (AAD)、サービス プリンシパル、Azure リソースのマネージド ID (MSI) 認証、および改ページ位置ルールがサポートされます。詳しくは REST コネクタのドキュメントをご覧ください。

一般的な OData

OData エンドポイントからデータをコピーする際に、ADF で AAD のサービス プリンシパルと Azure リソースのマネージド ID 認証を使用できるようになりました。詳しくは OData コネクタのドキュメントをご覧ください。

Dynamics AX (プレビュー)

OData プロトコルとサービス プリンシパル認証を使用して Dynamics AX からデータをコピーできるようになりました。Dynamics 365 Finance and Operations (F&O) でもこのコネクタを使用できます。詳しくは Dynamics AX コネクタのドキュメントをご覧ください。

ぜひこれらの機能をお試しのうえ、ご意見をお寄せください。皆様のお役に立つことを願っています。ご不明な点がありましたら Azure Data Factory フォーラムまで質問をご投稿ください。また、ご意見は Data Factory フィードバック サイトまでお寄せください。