大容量 Managed Disks のパブリック プレビューの紹介

2018年9月24日 に投稿済み

Corporate Vice President, Azure Storage, Media, and Edge
最大 32 TiB をサポートする、より大容量のマネージド ディスク サイズが一般提供されました。詳細については、ブログ記事「より大容量でより強力な Azure Virtual Machines 用マネージド ディスク」をご覧ください。

Azure Managed Disks は、仮想マシンでご利用いただける耐久性と可用性に優れた永続ストレージを提供するソリューションです。パフォーマンス特性が異なる 3 種類のディスクが提供されています。Premium SSD は、プロビジョニングのパフォーマンスが高く、待機時間が短いディスクであり、データベースやオンライン トランザクション システムなどの I/O 集中型のワークロードに最適です。Standard SSD は、新たに追加されたエントリー レベルの SSD サービスであり、一貫性のあるパフォーマンスを低い IOPS で実現するため、Web サーバーやデータ ウェアハウス アプリケーションに適しています。Standard HDD は、磁気ハード ディスクで提供されるコスト効率の良いディスクであり、開発/テスト ワークロードやコールド ストレージに適しています。

本日、すべてのディスクの種類に対する Azure Managed Disks のスケーラビリティ目標が、容量とパフォーマンスの両方で大幅に増加したことをお知らせします。Premium SSD では、最大ディスク サイズが 32 TiB に、最大ディスク IOPS と帯域幅が 20,000 IOPS と 750 MBps に増加しています。VM ごとにサポートされる最大ディスク容量は 8 倍になり、VM SKU とは無関係にストレージを柔軟にスケーリングできるようになりました。大容量ディスクによって、複数のディスクに実装される 複雑な RAID を管理するオーバーヘッドが排除されます。大容量ディスクで実行されているアプリケーションを Azure に簡単に移行できるようになりました。複数の Azure ディスクへのストライピングは不要です。3 倍向上した大容量ディスクのパフォーマンス目標によって、Premium SSD では多様なトランザクション ワークロードの実行が可能になり、Standard SSD ではビッグ データ ワークロードのパフォーマンスが上昇します。

今回のリリースでは、9 つの新しい Managed Disks SKU が導入されています。下の表で、新しい SKU のパフォーマンス目標を見つけることができます。期待されているディスクの IOPS と帯域幅を達成するには、ディスクのパフォーマンスを最適化する方法のガイダンスを参照することをお勧めします。

Premium SSD ディスク

Premium SSD は、Dynamics AX や Dynamics CRM などのエンタープライズ アプリケーションと、一貫性のある高いパフォーマンスと短い待機時間を必要とする SQL Server や MongoDB などのデータベース ワークロードに最適です。

PremiumSSD

Standard SSD ディスク

Standard SSD は、一貫性のあるパフォーマンスと低い IOPS レベルを必要とする Web サーバー、IOPS が低いアプリケーション サーバー、およびエンタープライズ サーバーに適しています。Standard SSD は現時点で、Azure が提供されているすべてのリージョンでご利用いただけます。

Standard SSD ディスク

Standard HDD ディスク

磁気ドライブに基づく Standard HDD は、開発/テスト シナリオにとって最もコスト効率の良いソリューションです。

StandardHDD

メモ:

  1. Standard SSD と Standard HDD の新しいディスク SKU のパフォーマンス目標を達成するには、これらの推奨される VM シリーズを使用する必要があります。

使用を開始するには

Azure Powershell または CLI を使用して、新しい Managed Disks のサイズを今すぐお試しください。大容量 Managed Disks のサイズのパブリック プレビューは、Azure Government、Azure China、Azure Germany の各クラウドを除くほとんどの Azure リージョンでご利用いただけます。プレビュー機能の使用に関する一般的な情報については、Azure プレビュー ガイドラインを参照してください。Managed Disks をお使いでない場合は、今すぐアンマネージド ディスクからマネージド ディスクへの変換を行って、これらの新しいサービスの活用を始めてください。

Azure ディスクのポートフォリオを探すには、こちらのページをご覧ください。価格の詳細については、Managed Disks の価格ページをご覧ください。

次のステップ

近い将来、追加シナリオに対するサポートについてお知らせします。しばらくお待ちください。予定されている機能強化の一部を次に示します。

  • Azure Portal での大容量ディスクのサポートと既存のディスクのサイズ拡張機能
  • Managed Disks のインポートとエクスポート エクスペリエンスでの大容量ディスクのサポート。
  • Azure Backup と Azure Site Recovery での 4 TiB を超える大容量ディスクのサポート。

プレビューのフィードバック

この機能に関するフィードバックをお待ちしています。AzureDisks@microsoft.com 宛にメールをお送りください。

ありがとうございます。
Azure Disks チーム