GPU 視覚化ワークロード用の NVv4 Azure 仮想マシンの概要

2019年8月8日 に投稿済み

Senior Program Manager, Microsoft Azure

Azure には、多様なお客様のニーズに合わせて、さまざまなサイズの仮想マシン (VM) が用意されています。Microsoft の NV サイズ ファミリーは、CAD、ゲーム、シミュレーションなど、GPU を利用した視覚化ワークロード用に最適化されています。現在、Microsoft のお客様は、これらの VM を使って、クラウド内のリモート視覚化サービスと仮想デスクトップを強化しています。既存の NV サイズの VM は、グラフィックの多い視覚化ワークロードを実行する際に効果を発揮しますが、お客様からは、クラウド内のエントリレベルのデスクトップの場合、必要とされる GPU リソースはそのほんの一部であるというフィードバックがよく寄せられます。現在、最小サイズの GPU VM には、1 つのフル GPU と、クラウドのナレッジワーカー デスクトップが必要とするよりも多くの vCPU/RAM が搭載されています。一部のお客様にとって、これはコスト効率の良い構成ではなく、エントリレベルのシナリオには適していません。

AMD EPYC 7002 プロセッサと仮想化された Radeon MI25 GPU に基づく NVv4 Azure 仮想マシンの発表。

新しい NVv4 仮想マシン シリーズのプレビューが秋に開始されます。NVv4 では、かつてないほど柔軟に GPU リソースを割り当てることができ、お客様の選択の幅がさらに広がっています。お客様が選択できる VM は、フル GPU を備えた VM から、GPU が 8 分の 1 の VM まで多岐に渡ります。これにより負荷が低いエントリレベルのワークロードのコスト効率が、かつてないほど向上する一方で、スケールアップ オプションも用意されており、お客様は強力な GPU の処理能力をフル活用できます。

NVv4 仮想マシンでは、最大 32 vCPU、112 GB RAM、および 16 GB の GPU メモリがサポートされています。

 

サイズ vCPU メモリ GPU メモリ Azure ネットワーク
Standard_NV4as_v4 4 14 GB 2 GB 50 Gbps
Standard_NV8as_v4 8 28 GB 4 GB 50 Gbps
Standard_NV16as_v4 16 56 GB 8 GB 50 Gbps
Standard_NV32as_v4 32 112 GB 16 GB 50 Gbps

AMD MxGPU と業界標準 SR-IOV テクノロジの上に構築された Microsoft のハードウェア ベースの GPU 仮想化ソリューションにより、お客様は専用 GPU フレーム バッファーを使用して、仮想 GPU でワークロードを安全に実行できます。新しい NVv4 仮想マシンでは、Azure Premium SSD ディスクもサポートされます。NVv4 によって、同時マルチスレッド (SMT) が、追加 vCPU を利用できるアプリケーションに対して有効になります。

GPU を利用した VM を、サービスとしてのデスクトップ (DaaS) オファリングの一部として利用すること検討しているお客様のために、Windows Virtual Desktop には、Azure で実行される包括的なデスクトップおよびアプリケーション仮想化サービスが用意されています。新しい NVv4 シリーズ仮想マシンは、Windows Virtual Desktop および Azure Batch のバッチ処理でもサポートされます。

リモート ディスプレイ アプリケーションおよびプロトコルは、クラウドでの VDI/DaaS を使用した快適なエンド ユーザー エクスペリエンスの鍵となります。新しい仮想マシン シリーズは、Windows リモート デスクトップ (RDP) 10、Teradici PCoIP、および HDX 3D Pro で動作します。AMD Radeon GPU では、DirectX 9 ~ 12、OpenGL 4.6、および Vulkan 1.1 がサポートされています。

お客様はこのフォームに記入することにより、NVv4 アクセスに今すぐサインアップできます。NVv4 仮想マシンは、年内には Azure の米国中南部および西ヨーロッパ リージョンで最初に利用可能になります。その他のリージョンについても、その後、順次利用可能になる予定です。