HSBC が Microsoft Azure で PayMe for Business アプリを構築

7月 18, 2019 に投稿済み

Partner Director, Software Engineering

銀行レベルの強固なセキュリティ、超高速トランザクション、分析 

アジア圏に暮らしたり、旅行で訪れたりすればきっと、日常生活のあらゆる側面にモバイル テクノロジが大きく影響しているのを目の当たりにするでしょう。特に香港では、ほとんどの人が日々スマートフォンを使用しており、そこに新たなビジネス チャンスを見いだした企業が直接スマートフォンにコンテンツやサービスを配信しています。

世界的な大手銀行 HSBC は、新しいサービスをクラウドに構築することで、データをより効率的に整理し、利用者に対する理解を深め、主要なカスタマー ジャーニーや機能をモバイル ファーストで提供しています。

HSBC の香港のリテール バンキング チームとビジネス バンキング チームは、スマートフォンの利便性とクラウド サービスを組み合わせて、スマートフォンから電子決済できる「キャッシュレス」取引を実現しました。現在、150 万人以上のユーザーが HSBC の PayMe アプリで友人や知人とお金のやり取りを無料で行っています。また企業は、Azure でネイティブに構築された HSBC の新しい PayMe for Business アプリを使用し、すべての取引の 98% が 500 ミリ秒以内に完了する即時処理で代金を回収しています。さらに、企業はアプリの強力な組み込みインテリジェンスを活用して、販売や経営の改善を図っています。

Microsoft Mechanics の本日のエピソード「How We Built it」では、HSBC の PayMe 担当チーフ アーキテクト Alessio Basso 氏が、同社のアプローチと開発の経緯を語っています。

Microsoft Mechanics エピソード - HSBC の PayMe for Business アプリ

銀行レベルの強固なセキュリティ、短時間での配信、動的スケーリング、回復性

Basso 氏とチームが最初に下した決断は、フル マネージド型サービスを活用することでした。これにより、発案からわずか数か月で完全に運用可能なサービスを作り上げることができました。同社のアプローチの重要なポイントは、Azure Kubernetes ServiceAzure Database for MySQL を利用したマイクロサービス ベースのアーキテクチャを採用したことです。

各マイクロサービスは、Azure Database for MySQL、Azure Event HubsAzure Storage、資格情報とシークレットを管理する Azure Key Vault などの Azure マネージド サービスのインスタンスを使用して、独立したものとして設計されました。このレベルの分離を実現したことで、共通の依存関係が回避され、セキュリティとアプリケーション全体の稼働率が強化されました。

マイクロサービス

各マイクロサービスは、必要に応じて、迅速、柔軟、かつ独立してコンピューティング リソースとデータベース リソースをスケーリングできます。さらに、Azure Database for MySQL は、支払い取引の応答時間に影響を与えることなく、読み取り専用クエリと分析クエリをオフロードするための読み取りレプリカを作成できます。

レプリカ

セキュリティ面では、各マイクロサービスが Azure Virtual Network 内の専用サブネットの中で実行されるため、ネットワークを分離して、仮想ネットワークのサービス エンドポイントを介したサービス プリンシパルによる Azure リソース間の通信を制御できます。

高速で応答性の高い分析プラットフォーム

HSBC の PayMe の中核的な考えは、利用者が個人的なネットワークを確立し、その輪の中にいる人々や企業と容易にやり取りしたり取引することができるソーシャル アプリを構築することです。利用者と企業の双方により多くの価値をもたらすために、Azure Cosmos DB を使用して、顧客と事業者との取引関係をモデル化したグラフ データを格納することができます。

Azure Database for MySQL、Event Hubs、Storage からの大量の構造化および非構造化データはストリーミングされ、変換されています。チームは、Azure Databricks Delta の非マネージド テーブル機能を使用して、データ収集プロセスを内部で開発し、分析クエリのパフォーマンス用に最適化された S.L.I.M (シンプルで軽量な統合モデル) と呼ばれる分析モデルを組み込み、分析プラットフォームでデータを仮想的に利用できるようにしています。

仮想化データ

Azure Databricks 上に構築された分析プラットフォームでの機械学習により、パターンと関係性の迅速な判定と、変則的なアクティビティの検出を可能にしています。

Azure を活用することで、進化したデジタル決済プラットフォームなど、コンテンツやサービスをモバイル デバイスに直接配信するという新しい機会をスピーディに活用できます。

  • HSBC が設計した独自のキャッシュレス デジタル取引プラットフォームの詳細については、エピソード全編 (英語) をご覧ください。
  • Azure Database for MySQL などの Azure マネージド サービスのインスタンスを利用してマイクロサービスの独立性を実現する方法をご確認ください。