ナビゲーションをスキップする

Red Hat Enterprise Linux on Azure の High Availability Add-On の更新情報

2019年8月7日 に投稿済み

Program Manager, Azure Compute Linux/OSS

高可用性は、ミッションクリティカルな運用環境にとって非常に重要です。Red Hat Enterprise Linux の High Availability Add-On は、それが使用されている重要な運用サービスに信頼性と可用性を提供します。本日は、Red Hat Enterprise Linux (RHEL) on Azure の High Availability Add-On に関するパフォーマンスの改善とイメージの更新についてお知らせします。

Pacemaker

Pacemaker は、高可用性コンピューティング クラスターで使用される、堅牢で強力なオープンソースのリソース マネージャーです。これは、RHEL 用 High Availability Add-On の重要な部分です。

Pacemaker の更新により、Azure Fencing Agent のパフォーマンスが向上し、Azure のフェールオーバー時間が大幅に短縮されました。それによりお客様のダウンタイムが大幅に削減されました。この更新プログラムは、Azure Marketplace の従量課金制イメージまたは Bring-Your-Own-Subscription イメージのいずれかを使用している RHEL 7.4 以上をご利用のすべてのユーザーに提供されます。

High Availability Add-On を使用した新しい従量課金制 RHEL イメージ

Azure Marketplace では現在、High Availability Add-On を備えた RHEL の従量課金制 (PAYG) イメージを提供しています。これらの RHEL イメージには、High Availability Add-On リポジトリへのアクセスが追加されています。これらのイメージの料金の詳細については、料金計算ツールをご覧ください。

以下の RHEL HA PAYG イメージが、US Government Cloud を含むすべての Azure リージョンの Marketplace で提供されています。

High Availability Add-On を使用した新しい従量課金制 RHEL for SAP イメージ

また、SAP パッケージと、Marketplace で提供されている High Availability Add-On の両方が含まれている RHEL イメージもあります。これらのイメージには、SAP リポジトリ、High Availability Add-On リポジトリへのアクセスが含まれており、Red Hat の標準ポリシーに従って 4 年間のサポートが提供されます。これらのイメージの料金の詳細については、料金計算ツールをご覧ください。

以下の RHEL for SAP with HA and Update Services イメージが、US Government Cloud を含むすべての Azure リージョンの Marketplace で提供されています。

SAP 認定の Azure VM サイズの一覧は、Certified and Supported SAP HANA Hardware Directory をご覧ください。

また、以下の Azure CLI コマンドで、RHEL with HA および RHEL for SAP with HA イメージを含む、Azure 上の RHEL イメージの全リストを取得することができます。

az vm image list --publisher redhat --all

サポート

Azure 上のすべての RHEL with HA および RHEL for SAP with HA イメージは、Red Hat と Microsoft の統合サポート チームによって完全にサポートされています。

こちらのサポート サイトと、こちらの Red Hat サポート サイトをご覧ください。

Red Hat Enterprise Linux サポート ライフサイクルの詳細については、こちらをご覧ください。

次のステップ