Microsoft Bot Framework で会話型エクスペリエンスを作成する

2018年9月24日 に投稿済み

Corporate Vice President, Artificial Intelligence and Research Group

会話型 AI はコンピューター環境における次のユーザー インターフェイス パラダイムであり、人とコンピューターの間の会話がいっそう自然になります。人が学習してコンピューターに合わせる世界から、コンピューターが人を理解して人と対話する方法を学習する世界へと発展してきました。会話型 AI が実現すると、人は音声、グラフィック (カード)、テキストなどの自然な方法でコンピューターと対話でき、コンピューターは人をよりよく理解するために学習して適応できます。Microsoft が提供する Azure Bot Service と Microsoft Bot Framework はどちらも、そのような会話型エクスペリエンスをアプリケーションで開発するのに役立ちます。

2017 年 12 月に一般公開された Azure Bot Service では、Microsoft Teams、Skype、Cortana、Facebook、Web などのパブリック チャネルおよびアプリやデバイスのカスタム エクスペリエンスで、会話型 AI を対象ユーザーに接続するための、堅牢なソリューションが提供されます。Azure Bot Service は、既存の ISO 27001、27018、PCI (DSS)、HIPAA/HITRUST への準拠に加えて、SOC 1、SOC 2、SOC 3 に準拠します。

今日は、Microsoft Bot Framework SDK V4 の C# 用、JavaScript 用、およびボット、ボットのサービス、チャネルを管理するためのクロスプラットフォームのコマンド ライン ツール セットが一般公開されたことをお知らせします。Bot Framework Emulator V4 は新しいバージョンになっていますが、まだプレビュー段階です。このリリースの Microsoft Bot Framework と Azure Bot Service では、Azure Bot Service でインテリジェントなエンタープライズ レベルのボットを作成、テスト、発行するための包括的なエクスペリエンスが提供されています。

Microsoft Bot Framework と Azure Bot Service を使用して、ボットの開発を始めることができます。

よりよい開発の実現

30 万人以上の開発者に使われた V3 SDK の大きな成功を基にして、V4 SDK では会話型アプリケーションの開発に階層型アプローチが採用されています。V4 SDK では、サポートされるすべてのプログラミング言語 (C#、JavaScript、Python、Java) について一貫した開発者エクスペリエンスとアーキテクチャが提供されています。また、オープンでモジュール形式の拡張可能なアーキテクチャを備え、開発者はほとんどあらゆる環境 (パブリック クラウドとプライベート クラウド内、IoT デバイス上、さらにはブラウザー内) で会話型アプリケーションを柔軟に実行できます。V4 SDK では拡張可能なミドルウェア アーキテクチャを備えており、SDK のコア機能を拡張するためのフックが開発者に提供されます。

Bot Framework V4 を使用すると、シンプルなボットの設計をすぐに始めることができ、Language Understanding (LUIS) モデルや QnA Maker ナレッジ ベースのような他の Azure Cognitive Services を追加して精巧さとインテリジェンスを高めることができます。LUIS を使用して自然言語による対話を追加すると、ユーザーはいっそう自然で豊かな表現を使ってボットと対話できるようになります。ボットの会話では、プレーンテキストだけでなく、テキスト、画像、アクション ボタンを含むさらに洗練されたカードも使用できます。

テンプレートとサンプルを使用して簡単に始める

V4 SDK には、Azure で会話型アプリケーションの作成を始めるための、テンプレートサンプル、参照実装のしっかりしたセットが付属しています。これらのテンプレートには、Cognitive Services を使用して会話型アプリを開発している多くの開発者との作業から得られたベスト プラクティスとパターンが含まれます。

テンプレートを使用すると、すべての必要な Azure 依存関係を含む基本的なボットを作成できます。これらの基礎を基にして始めることで、開発者は Language Understanding や QnA Maker ナレッジ ベースのような他の Azure Cognitive Services を追加してアプリケーションの精巧さとインテリジェンスを高めることに集中でき、ユーザーは音声やテキストだけでなくテキスト、画像、アクション ボタンを含むさらに洗練されたカードを使用していっそう自然かつ表現力豊かにボットと対話できるようになります。

Bot Framework Emulator を使用してテストと統合を簡素化する

Bot Framework Emulator は、Mac、Windows、Linux 用のオープン ソースでクロスプラットフォームのアプリケーションであり、ボットの開発者はそれを使用して、ローカル コンピューターやクラウドで会話型アプリケーションのテストとデバッグを行うことができます。Bot Framework Emulator には、向上した動的レイアウト モデル、LUIS や QnA などのボットのサービスからの応答を調べる機能と複数のボット構成のサポート、およびプレゼンテーション モードでのトランスクリプト ログとトランスクリプト再生に基づくボットのデバッグなどの機能が含まれます。

Bot Framework Emulator V4 により、会話エクスペリエンスの一部であるさまざまなサービスの統合と管理が簡単になります。開発者は、Azure に直接ログインし、ボットの一部である Language Understanding (LUIS) や QnA Maker などの Cognitive Services を開いて管理できます。

Bot Framework Emulator の新しいプレビュー バージョンは Bot Framework SDK のすべてのバージョンのボットをサポートするので、今すぐダウンロードしてください。

画像

開発者およびビジネス所有者のための包括的なツールセット

Bot Framework V4 で提供されているリッチなツールセットを使用すると、会話型アプリケーション言語を独力で理解し、言語モデルを簡単に生成できます。開発者と製品の所有者はどちらも会話型アプリ作成プロセスに参加し、豊富なログと分析を使用して全体的な会話パフォーマンスを確認できます。

Microsoft の Bot Framework SDKEmulatorコマンド ライン ツールはすべて、GitHub のオープン ソース プロジェクトとして利用でき、活発なコミュニティを持ち、Mac、Windows、Linux をサポートします。Microsoft の言語理解サービスは、Language Understanding (LUIS)、QnA Maker ポータル、Cognitive Services から利用できます。

堅牢な自然言語機能を使用して会話エクスペリエンスを拡張する

多くのお客様は、名前、地理的な場所、電話番号、その他のドメインに関する独自の認識機能の作成に多くの時間と労力を費やしています。現在、Language Understanding Intelligent Service (LUIS) では、人の名前や地理的な場所に対する新しい組み込みエンティティ型など、向上した認識機能が発表されています。Language Understanding Intelligent Service (LUIS) は、既存の ISO 27001、27018、HIPAA の認定資格に加えて、PCI の監査にも合格しました。

QnA Maker でのおしゃべりのサポート

QnA Maker は、ユーザーの質問に自然な会話形式で応答するための使いやすい Azure Cognitive サービスです。QnA Maker のグラフィカル インターフェイス サービスのおかげで、自然言語認識の専門家であることや、自然言語認識の利用経験は必要ありません。QnA Maker を使用すると、質問と回答を行うボットを分単位の時間で作成、トレーニング、発行できます。QnA Maker には Bot Framework SDK V4 のサポートが組み込まれており、ボットの会話機能をいっそうスマートにできます。  このリリースでは、.doc や .pdf の半構造化データから知識を抽出する QnA Maker の機能がさらに強化されています。QnA Maker は、これらのファイルから質問と回答のペアを抽出し、それを KB に追加します。

このリリースの QnA Maker では、簡単なおしゃべりエクスペリエンスのサポートも追加されています。定義済みのおしゃべりのセットをどの KB にでも簡単に追加することができ、[The Professional] (プロフェッショナル)、[The Friend] (フレンド)、[The Comic] (コミック) の 3 種類のパーソナリティから選択できます。さらに、ボットに合わせておしゃべりのデータを編集およびカスタマイズできます。QnA Maker サービスへのおしゃべりの追加の詳細を確認してください。

QnA Maker は、完了している既存の ISO 27001、27018 のコンプライアンス監査に加えて、SOC と PCI の監査にも合格しました。

Azure Bot Service で QnA ボットを作成し、更新された QnA Maker ポータルを確認してください。

独自の仮想アシスタントの作成

お客様やパートナーからは、それぞれのブランドに合わせて調整され、それぞれの顧客に合わせて個人設定され、広い範囲の会話キャンバスやデバイスで使用できるようにされた会話アシスタントの提供に対する大きなニーズがありました。Microsoft では Bot Framework SDK に対するオープン ソース アプローチが続けられており、オープン ソースの仮想アシスタント ソリューション アクセラレータによって、基本機能セットを基にして構築されたエンド ユーザー エクスペリエンスに対する完全な制御が提供されます。さらに、真の統合されたインテリジェントなエクスペリエンスのためのエンド ユーザーとデバイス/エコシステムの情報に関するインテリジェンスで、エクスペリエンスを強化できます。

Microsoft のお客様はカスタマー リレーションシップと分析情報を所有して強化しているものと強く信じています。したがって、仮想アシスタントはユーザー エクスペリエンスの完全な制御をお客様とパートナーに提供します。組織のニーズに合わせて名前、声、パーソナリティを変更できます。この仮想アシスタント ソリューション アクセラレータを使うと、独自のアシスタントの作成が簡単になり、すぐに始めることができます。

仮想アシスタントの機能の範囲は広く、通常、エンド ユーザーに広範な機能を提供します。開発者の生産性を高め、再利用可能な会話エクスペリエンスの活発なエコシステムを可能にするため、再利用可能な会話スキルの初期の例を開発者に提供します。これらのスキルを会話アプリケーションに追加して、目的地の発見、カレンダー、タスク、メールの操作、その他多くのシナリオなど、特定の会話エクスペリエンスを強調できます。スキルは完全にカスタマイズ可能で、言語モデルとコードで構成されています。

Ignite では最初のプレビューをお知らせし、初期のお客様やパートナーと協力して、オープン ソース リポジトリを今後数か月以内にさらに広く検証および利用できるようにする作業を行っています。

詳しくは、仮想アシスタント ソリューション アクセラレータのドキュメントをご覧ください。

Web チャットでのユーザー エクスペリエンスの完全な制御

Bot Framework Web チャット コントロールは、Azure Bot Service を使用したお客様との会話キャンバスの中でも人気のあるものの 1 つです。Web チャット コントロールでは、開発者が簡単にボットを既存の Web サイトに統合できる手段が提供されています。コミュニティやお客様からのフィードバックを基にして、Web チャット コントロールの V4 リリースでは、色、パディング、サイズの変更や、独自のグラフィックやロゴでのキャンバスのブランド化など、開発者はチャット ウィンドウを完全にカスタマイズできるようになっています。開発者は音声入力の配置やメッセージの順序さえ制御でき、永続的なメニュー ボタンを追加したり、カスタム アバターを導入したりできます。新しいアーキテクチャには強化された認証や永続的な会話履歴が含まれ、異なるページや機能への移動や複数の会話間の移動などのアクションを実行できます。その他の更新には、強化された認証機能、および複数の会話にまたがる永続的な会話履歴が含まれます。

画像

Web チャットの最新の変更を確認してください。

Progressive、Dixons Carphone、UPS、Progressive、Adobe などの多くのお客様が、AI アプリとエージェントを作成しています。

開始する

会話 AI ツールとフレームワークの機能強化は続けられており、お客様がユーザー向けにどのような会話エクスペリエンスが作成されるのか見るのを楽しみにしています。今すぐお試しください