ナビゲーションをスキップする

パンデミック対策を支援するため、Azure Health Bot にインドを含む新しい 8 つのリージョンと追加の言語サポートを追加

2021年5月12日 に投稿済み

Head of Health & Life Sciences Israel R&D Center

Azure Health Bot を利用すると、医療機関の開発者は、人工知能 (AI) を利用し、コンプライアンスに準拠している、会話方式の医療エクスペリエンスを構築して大規模にデプロイすることができます。臨床用語の解釈のために組み込みの医学インテリジェンスと自然言語機能の組み合わせが使用されていて、臨床的および運用上のユース ケースをサポートできるように簡単にカスタマイズすることができます。医療機関は、このサービスを使用して HIPAA や HITRUST などの業界の要件に準拠することができます。たとえば、米国の 22 の州で 3,000 万人を超える人々に医療を提供する、米国最大の医療システムの 1 つである Trinity Health は、Azure Health Bot を効果的に活用して、患者が必要なケアを迅速に得られるようにしています。

本日、Azure Health Bot が新たに 8 つのリージョンで利用できるようになりました。

  • 米国西部2
  • 米国東部2
  • 米国中南部
  • 英国南部
  • 北ヨーロッパ
  • 東南アジア
  • オーストラリア東部
  • インド中部

インドで新型コロナウイルス感染症の患者が急増していることを受けて、この地域でのパンデミック対策の取り組みを支援するため、インド中部も追加されます。米国東部と西ヨーロッパに加えて、これらの新しいリージョンでも利用できるようになったため、Azure Health Bot は、3 つの大陸にまたがる合計 10 のリージョンで一般提供されることになります。

Microsoft のお客様は、さまざまなユース ケースで Azure Health Bot を使用して取り組みを加速しています。たとえば Sharecare は、Sharecare VERIFIED™ を含む自社のミッションクリティカルなサービスを実現するために、世界中で利用できる Health Bot を活用しています。Sharecare VERIFIED™ はヘルス セキュリティ プラットフォームであり、ホテル、競技場、学校などの施設が、新型コロナウイルス感染症のような緊急の健康上の事象から生じる、運用上の課題や健康上の安全に関わる課題に対応できるように支援しています。2020 年 11 月に Forbes Travel Guide との戦略的パートナーシップから生まれた Sharecare VERIFIED™ は現在 70 か国を超える 700 近いホテルやリゾートで使用されています。 

「Sharecare VERIFIED™ は、ホテルや学校などの施設で、従業員、ゲスト、教師、親、学生たちが安心を取り戻せるようにするための手段として、パンデミックの中で考案されました。Sharecare のヘルス セキュリティ プラットフォームで Azure Health Cloud と Health Bot を活用することにより、これがなければできなかったと思われるほど迅速かつ効率的にスケーリングできていますし、新しいソリューションを、企業が最も必要としているタイミングで、より少ないコストで提供できました。」—Erik Feingold 氏、Sharecare 社チーフ イノベーション オフィサー

症状チェッカーでの新たな言語

世界中のより多くの組織に Azure Health Bot を提供して利用していただくため、新しいデプロイ リージョンが追加されるだけでなく、組み込みの症状チェッカーにも 16 の言語が新たに追加されます。Azure Health Bot のユニークな機能である症状チェッカーには、健康状態、医師、薬剤に関する医療情報が含まれています。このエクスペリエンスをそれぞれのカスタム シナリオに適応させることで、この機能をニーズに合わせて調整することができます。英語以外の言語を話すユーザーや患者が自分の症状を入力すると、Health Bot は Azure Cognitive Services のニューラル機械翻訳を利用して、初期症状に関する情報を抽出します。その後、重症度に関する情報をユーザーまたは患者の母語で伝えます。

症状チェッカーでサポートされている言語の一覧については、このドキュメントをご覧ください。

Azure Health Bot 症状チェッカーは、複数言語をサポートしています

AI は利用する側と提供する側の両方にとって変革の推進力となっており、Microsoft はそのテクノロジによってその実現に貢献できていることを誇りに思います。Center for Disease ControlHelsinki University Hospital は Health Bot を利用してさらに多くの情報をユーザーに提供することで、セルフサービスを可能にし、コストを削減しています。Microsoft は、今後組織がこれらの新しいテクノロジを利用してどのように良い影響を与えていくのかを楽しみにしています。

今すぐご利用ください