Azure Blockchain Service との統合: Azure Blockchain Workbench 1.7.0 をリリース

6月 27, 2019 に投稿済み

Program Manager II, Microsoft Azure

このたび、Microsoft Azure Blockchain Workbench 1.7.0 をリリースしました。新しい Azure Blockchain Service との統合によりブロックチェーンの開発とプロジェクトをさらに迅速化できます。ご利用いただくには、Azure Portal から Blockchain Workbench の新しいインスタンスをデプロイするか、アップグレード スクリプト (英語) から既存環境を 1.7.0 にアップグレードしてください。 

今回の更新による強化点は以下のとおりです。

Azure Blockchain Service との統合

現在プレビュー中の Azure Blockchain Service を使用すると、Azure Blockchain Service を基盤ブロックチェーンとして Blockchain Workbench で直接開発することができます。マイクロソフトのサービスを利用してブロックチェーン開発を行ってきたユーザーは、プライベート ブロックチェーン ネットワークの構成とデプロイメントを効率化するテンプレートを利用できます。なお、新しいバージョンへのアップグレード、セキュリティ パッチのインストールなど、ブロックチェーン ノードの管理と運用は、今後もユーザーが決定できます。Azure Blockchain Service では、フル マネージド型のブロックチェーン ノードを実行して、基盤となるブロックチェーン ネットワークのメンテナンスを簡素化できます。

 

Azure Blockchain Service の概要ページ

 

Blockchain Workbench は、ブロックチェーン ネットワーク上に必要なスキャフォールディングの構築を支援し、ブロックチェーン ソリューションを迅速にイテレーションして開発できるようにします。Workbench 1.7.0 では、Workbench から直接 Azure Blockchain Service をデプロイできます。Azure Marketplace から Workbench をデプロイするには、[Advanced settings] ブレードに移動し、[Blockchain settings] の下でブロックチェーン ネットワークの [Create new] を選択します。

 

Azure Blockchain Workbench デプロイメント エクスペリエンスから Azure Blockchain Service を設定

このオプションを選択すると、Azure Blockchain Service ノードが自動的にデプロイされます。なお、Azure Blockchain Service のプライマリ トランザクション ノードでプライマリ API キーをローテーションする場合は、Blockchain Workbench の構成済み RPC エンドポイントのキーを変更する必要があります。この場合、Key Vault を新しいキーで更新して、VM を再起動します。

Quorum との互換性を強化

お客様から特に多くリクエストいただいていたのが、他のブロックチェーン ネットワーク プロトコルとの互換性の追加です。以前までの Blockchain Workbench リリースでは、既定のブロックチェーン ネットワークは Ethereum Proof-of-Authority (PoA) ネットワークでした。今回の Blockchain Workbench 1.7.0 では、Quorum ブロックチェーン ネットワークとの互換性 (英語) を追加しました。

これにより、Quorum 上でブロックチェーン アプリの構築を検討しているお客様が Blockchain Workbench から直接 Quorum ベースのアプリを開発、構築できるようになりました。

Azure Blockchain Service の最新情報を入手するには、Twitter アカウント (@MSFTBlockchain) をフォローしてください。機能についてのフィードバックやご提案、アイデアなどは、Blockchain UserVoice (英語) までお寄せください。皆様のご意見を参考にサービスを改善してまいります。たくさんのご意見をお待ちしています。