ナビゲーションをスキップする

Azure Advisor に追加された新しいレコメンデーション

9月 25, 2018 に投稿済み

Program Manager, Azure Advisor

Azure Advisor は、Azure のベスト プラクティスに関する、個別化された無料のガイドです。Azure の使用量と構成を分析することで、リソースの高可用性、セキュリティ、パフォーマンス、およびコストの最適化を支援します。Azure をさらに活用していただけるように、Microsoft では継続的に Advisor の情報を増やし、多くの新しいレコメンデーションと統合を積極的に提供しています。

blog-image-1 (1)

SQL Data Warehouse テーブルでのテーブル統計の作成または更新

テーブル統計は、最適なクエリ パフォーマンスを確保する上で重要です。SQL Data Warehouse のクエリ オプティマイザーは、最新の統計を使用してクエリ結果のカーディナリティまたは行数を推定することで、パフォーマンスを向上する高品質のクエリ プランを生成します。

Advisor には、SQL Data Warehouse のクエリ パフォーマンスを向上するうえで役立つレコメンデーションが追加されました。Adviser により、古いテーブル統計や欠落したテーブル統計を含むテーブルが特定され、テーブルを作成または更新するようにレコメンデーションが行われます。

SQL Data Warehouse テーブルのデータ スキューの除去

データ スキューは、分散間でデータ量の偏りが生じているときに発生し、ワークロードの実行時に不要なデータ移動やリソースのボトルネックが引き起こされてパフォーマンスが低下することがあります。Advisor によって 15 パーセントを超える分散データ スキューが検出されると、データの再分散とテーブルの分散キーの再選択を行うようにレコメンデーションが行われます。

Azure Storage BLOB での論理的な削除の有効化

お使いのストレージ アカウントで論理的な削除を有効にすると、削除された Azure Storage BLOB は、完全には削除されずに、論理的に削除された状態に切り替わります。データを上書きした場合、上書きされたデータの状態を保存するために、論理的に削除されたスナップショットが生成されます。これにより、不注意で削除や上書きを行った場合に、回復できるようになります。Advisor によって、論理的な削除が有効になっていない Azure ストレージ アカウントが特定され、有効にするように提案が行われるようになりました。

Azure Resource Manager への Azure ストレージ アカウントの移行

Azure Resource Manager (ARM) は、Azure リソースを管理するための最新の方法で、テンプレート デプロイや追加のセキュリティ オプションを利用できます。また、GPv2 アカウントにアップグレードして Azure Storage の最新機能を利用することもできます。Azure は、クラシック デプロイ モデルを使用しているスタンドアロンのストレージ アカウントをすべて特定し、ARM デプロイ モデルに移行するようレコメンデーションを行います。

Office 365 向け Microsoft ピアリングを使用しているお客様のための追加の Azure ExpressRoute 回線の作成

Office 365 向け Microsoft ピアリングを使用しているお客様は、単一障害点となるのを避けるために、異なる場所に 2 つ以上の ExpressRoute 回線を用意する必要があります。Advisor は、ExpressRoute 回線が 1 つしかない状況を特定し、新たに作成するようにレコメンデーションを行います。

Azure Virtual Machines (VM) エクスペリエンスへの Azure Advisor の統合

VM リソースを表示しているときに、そのリソースに関連する Azure Advisor のレコメンデーションがある場合は、通知が表示されるようになりました。エクスペリエンスの上部の青色の通知に、受信しているレコメンデーションの数と、そのうちの 1 つについての説明が表示されます。通知をクリックすると、Advisor のフル エクスペリエンスが表示され、そのリソースに関するすべてのレコメンデーションを確認できます。

blog-image-2

blog-image-3

Azure Cost Management で使用可能になった Advisor のレコメンデーション

Azure Advisor のレコメンデーションは、Enterprise Agreement (EA) 登録で現在プレビュー段階にある Azure Cost Management の新しいエクスペリエンスに統合されました。左側のメニューで Advisor のレコメンデーションをクリックすると、Advisor のコスト タブが開きます。Advisor が Azure Cost Management と統合されたことにより、コストに関するレコメンデーションを 1 か所で確認できるようになりました。これによって、Azure Cost Management からでも、直接 Azure Advisor でコストのレコメンデーションを表示している場合でも、同様のエクスペリエンスを得ることができます。

blog-image-4

Azure Advisor のレコメンデーションの確認

Azure Advisor の詳細を確認し、すぐに Azure portal で Advisor のレコメンデーションを見直して、Azure リソースの高可用性、セキュリティ、パフォーマンス、コストの最適化を開始しましょう。作業を始めるにあたっては、Advisor のドキュメントを参照してください。