Azure Spot Virtual Machines の一般提供開始を発表

2020年5月12日 に投稿済み

Principal PM Manager, Azure Compute

本日、Azure スポット Virtual Machines (VM) の一般提供開始をお知らせします。Azure スポット VM は、未使用の Azure コンピューティング容量への大幅な割引価格でのアクセスを提供します。スポット料金は、VM スケール セット (VMSS) に加えて、単一の VM でも利用できます。これにより、Azure により幅広い種類のワークロードをデプロイできます。また、従量課金制の料金と比較して、割引価格でご利用いただけます。スポット VM には、従量課金制の仮想マシンと同じ特性がありますが、価格と削除に違いがあります。Azure で容量が必要な場合は、いつでもスポット VM を削除できます。

スポット VM での実行に適したワークロードには、次のようなものがありますが、これらに限定されるわけではありません。

  • バッチ ジョブ。
  • 中断されても持続可能であるか、回復可能なワークロード。
  • 開発とテスト。
  • スポット VM を使用してスケールアウトできるステートレスなアプリケーションにより、コストを削減。
  • VM が削除された場合に再び簡単に実行できる有効期間の短いジョブ。

スポット VM は、スケールセットの Azure 低優先度 VM のプレビューに置き換えられました。対象となる低優先度 VM は、スポット VM に自動的に移行されています。

スポット VM の価格:

低優先度 VM とは異なり、スポット VM の価格は、Azure リージョンのサイズまたは SKU の容量によって異なります。スポット価格では、特定の Azure VM シリーズおよびリージョン内の特定サイズにおける可用性や需要に関する分析情報を確認できます。料金は、安定化のために徐々に変更されるため、予算をより適切に管理できます。Azure portal では、現在の Azure VM スポット料金にアクセスして、お客様のニーズに最適なリージョンまたは VM サイズを簡単に特定できます。スポット価格は、従量課金制の価格が上限となります。

リージョンの VM サイズとスポット価格を示す、ポータルの [VM サイズ] ウィンドウ。
 

スポット VM のデプロイ

スポット VM は簡単にデプロイおよび管理できます。スポット VM のデプロイは、通常の VM の構成とデプロイに似ています。たとえば、Azure portal では、Azure スポット インスタンスを選択して、スポット VM をデプロイするだけです。また、スポット VM の最大価格を定義することもできます。いくつかのオプションがあります。

  1. 上限価格を設定せずに、スポット VM をデプロイすることができます。Azure ではお客様に対し、どんなときでもスポット VM の料金を請求します。料金が理由でお使いの VM が削除されることはありませんので、ご安心ください。
      削除の種類で容量のみを選択する。
  2. または、予算内に抑えるために特定の価格を指定することもできます。Azure では、設定した最大価格を超えて課金されることはありません。スポット価格が、定義した最大価格を上回ると VM は削除されます。
       スポット VM をデプロイする最大価格を指定する機能。
     

コストを削減するために使用できるオプションは他にもいくつかあります。

  1. お使いのワークロードで特定の VM シリーズとサイズが必要ない場合は、同じリージョン内の他の VM を探して、より安価に利用することができます。
  2. お使いのワークロードが特定のリージョンに依存しておらず、データ所在地の要件がない場合は、別の Azure リージョンを探してコストを削減することができます。

スポット VM のクォータ

この発表の一環として、さらに柔軟性を高めるために、Azure ではスポット VM 用の別のクォータをロールアウトします。これは、従量課金制 VM クォータとは別のものです。スポット VM とスポット VMSS インスタンスのクォータは、特定の Azure リージョンのすべての VM サイズに対し、単一のクォータです。このアプローチにより、より広範な VM のセットに簡単にアクセスできます。
   スポット VM の新しいクォータを要求。

削除への対処

Azure では、お客様のスポット VM の実行を維持し、削除を最小化しようとしますが、Azure スポット VM と VMSS インスタンスのランタイムは保証されていないため、お客様のワークロードの削除を処理できるように準備する必要があります。スケジュール済みイベントにサブスクライブすることで、オプションの削除の 30 秒前の通知を受け取ることができます。VM は、次のような理由により削除される可能性があります。

  1. この VM に対して定義した価格が、スポット価格の上限を超えた。Azure スポット VM は、選択した VM のスポット価格が、デプロイ時にお客様が定義した価格を超えたときに削除されます。価格を変更することで、VM の再デプロイを試すことができます。
  2. Azure で容量を回収する必要がある。

どちらのシナリオでも、同じリージョンまたは可用性ゾーンに VM の再デプロイを試すことができます。

ベスト プラクティス

Azure スポット VM を最大限に活用するための効果的な方法を次に示します。

  • 実行時間の長い操作の場合は、チェックポイントを作成するようにして、前回の既知のチェックポイントからワークロードを再開し、削除に対処して時間を節約できるようにします。
  • スケールアウトのシナリオでは、コストを節約するために、2 つの VMSS を使用できます。1 つには通常の VM があり、もう 1 つにはスポット VM があります。両方を同じロード バランサーに配置し、状況に応じてスケールアウトできます。
  • VM の削除通知をリッスンして、VM が削除されようとしているときに通知を受け取ることができます。
  • 従量課金制の料金を支払う場合は、[削除の種類] を [容量の削除のみ] にします。API では、最大価格に -1 を指定します。これにより、Azure ではスポット料金を超えるお客様への課金が行われなくなります。
  • 削除を処理するには、VM を再デプロイする再試行ロジックを作成します。特定の VM シリーズおよびサイズを必要としない場合は、ワークロードのニーズに合致する別のサイズをデプロイしてみてください。
  • VMSS のデプロイ時に、ポータル管理タブで最大拡散を選択するか、API で FD==1 を選択して、ゾーンまたはリージョンで容量を検索します。

お客様の成功事例

お客様やパートナー様からのフィードバックのご提供をお待ちしております。また、Microsoft の関係者のニーズを満たせるよう、このオファリングの機能を拡張する予定です。

rescale_logo 「当社のお客様より、ご利用の HPC 環境で柔軟性が必要であるというご意見をよくいただきます。VM の種類、利用可能な容量、事前契約における柔軟性です。Azure のスポット オファリングには柔軟性が備わっており、Rescale と組み合わせることでコスト効率が高まり、プリエンプションのリスクを減らすことができるため、とても魅力的です。」 Gerhard Esterhuizen 氏 (VP of Engineering、Rescale and Brian Tecklenburg、VP of HPC Marketing、Rescale)

「当社はクラウド プロバイダー全体のパフォーマンスをベンチマークしており、Azure は常に上位のパフォーマーに入っています。Azure スポット VM により、お客様がアドホック形式で利用できる最適なインフラストラクチャを使用できるようになりました。Azure スポット VM を Rescale の HPC ジョブ オーケストレーションと自動チェックポイント再起動と組み合わせることで、プリエンプションのリスクを軽減することができます。その結果、当社のお客様は、必要に応じていつでも最適なクラウド インフラストラクチャを使用できるようになります。」 Mulyanto Poort 氏 (VP of HPC Engineering、Rescale)

 

InMobi_blue 「InMobi は、大規模なプラットフォームの 1 つである InMobi Exchange を、Azure 上で完全に実行しています。高レベルの同時実行性とスケールをサポートする、コスト効率に優れたクラウドネイティブ ソリューションを使用することが、当社のビジネスにとって非常に重要でした。InMobi Exchange は、デジタル広告業界の季節特性によって、トラフィック曲線の変動に対応する必要がよくあるからです。Azure スポット VM オファリングを利用することで、当社のアプリケーション スタックを完全にステートレスにすることができました。これは、コスト効率を高めるための真のゲーム チェンジャーとなりました。InMobi はスポット VM オファリングの最初の導入企業の 1 つであったため、必要なレベルのスケールと機能を満たせるように製品を進化させるための優れた支援を Microsoft が提供してくれました。現在では、当社のサービス提供およびデータ処理のコンピューティング ニーズの大部分を Azure スポット VM に移行しました。これにより、当社のコンピューティング ニーズに対して約 50 ~ 60% のコスト効率を実現できました。これは、当社のビジネスの経済的な効率をより高めるための大きな助けとなっています。」 Prasanna Prasad 氏 (Senior Vice President、Engineering、InMobi)

Azure Spot Virtual Machines の詳細情報