Azure Machine Learning の奨学金およびコースに関する Udacity との発表

2020年6月17日 に投稿済み

Corporate Vice President, Microsoft Azure

人工知能 (AI) とデータ サイエンスの役割に対する需要は増え続けています。LinkedIn による 2020 年の Emerging Jobs Report によると、AI 専門家の役割が最も需要が多く、過去 4 年間で雇用の年間増加率が 74% になっています。さらに、現在の健康にかかわる世界的大流行によって、リモートでの業務への移行が促進され、専門のトレーニング リソースに対する関心が高まっています。この需要に応えるために、Microsoft は Udacity と提携して、初級者と上級ユーザーの両者を対象とした機械学習の新しいコースと、奨学金プログラムを始めることを発表いたします。

Microsoft では、これらの新しいオファリングを通じて、データ サイエンティストの人材プールの拡大を手助けし、関心のあるすべての人が教育およびリソースへアクセスしやすくなるようにすることを目指しています。最近、Udacity の CEO である Gabe Dalporto 氏とこの提携について話し合いました。

Udacity はデジタル教育プラットフォームで、現在アクティブな受講生が 250,000 人を超えています。受講生は、高度なプログラミングの知識を必要としない、機械学習 (ML) の初級コンテンツに絶えず関心を示しています。このことに応じて、Microsoft Azure と Udacity で Azure Machine Learning ベースの独自の無料コースが作成されました。この "Azure での機械学習の概要" コースは、Azure Machine Learning の自動 ML とドラッグ アンド ドロップ機能を利用するローコード エクスペリエンスを通じて ML の基本を受講生が学習するのに役立ちます。受講生は、Udacity のクラス内で直接 Azure Machine Learning のハンズオン ラボを使用して学習し、データ サイエンスのスキルの基礎を磨く機会を得ることができます。

上級ユーザー向けには、Microsoft Azure を使用する機械学習の新しい Nanodegree Program が提供されます。このプログラムでは、PyTorch、TensorFlow、scikit-learn、ONNX などの人気のオープンソース ツールおよびフレームワークを使用して、高度な ML ソリューションを構築およびデプロイすることで、受講生はスキルをさらに向上させることができます。Azure Machine Learning の責任ある MLMLOps の機能を使用することで、受講生は ML モデルの理解、ユーザーとそのデータの保護、エンドツーエンドの ML ライフサイクルの大規模な制御における経験を積むことができます。

この提携の一環として、無料の初級コースにおける成績の上位 300 人に Nanodegree Program のための奨学金が提供されるので、データ サイエンスのスキルの向上を継続できます。これらの新しいコースによって、より多くの受講生がデータ サイエンスと AI の習熟度を高めることができます。プログラムの詳細については、コースのページをご覧ください。

今すぐサインアップしましょう!