Azure Cognitive Search

モバイルおよび Web アプリ開発のための AI を活用したクラウド検索サービス

すべてのコンテンツから潜在的な洞察を引き出す

Azure Cognitive Search は、あらゆる種類の情報を拡充して関連コンテンツを簡単に特定し、大規模に検索する AI 機能が組み込まれた唯一のクラウド検索サービスです。以前は Azure Search として知られていたこのサービスでは、Bing と Office でも 10 年以上にわたって利用されている統合 Microsoft 自然言語スタックに加え、視覚、言語、音声の AI サービスが使用されます。イノベーションに費やす時間を増やし、複雑なクラウド検索ソリューションの保守に費やす時間を減らすことができます。

複雑さの軽減と簡単なスケーリングのためのサービスとしてのフル マネージド検索

優れたユーザー エクスペリエンスのためのオートコンプリート、地理空間検索、フィルター処理、およびファセット機能

洞察を引き出すための OCR、キー フレーズ抽出、名前付きエンティティの認識を含む、組み込み AI 機能

ドメイン固有のニーズに合わせた、カスタム モデル、分類子、およびランカーの柔軟な統合

最小限の投資で開始、保守、スケーリングする

検索インデックスをすばやくデプロイでき、運用保守の必要がなくなります。このフル マネージド クラウド検索サービスでは、一般的な Azure ストレージ ソリューションと統合し、シンプルな REST API または .NET SDK を介して公開されるインデックス機能を提供することで、データ インジェストとインデックス作成の複雑さを軽減します。スコアリング、ファセット、検索候補、シノニム、geo 検索などの直感的なユーザー エクスペリエンスで、完全に構成された検索サービスをデプロイします。その間、インデックスの破損のデバッグ、サービスの可用性の監視、トラフィックの変動時の手動によるスケーリングに必要な運用上のオーバーヘッドを回避できます。

お客様が検索インデックスを設定することで、数か月の事前の開発時間をどのように短縮できたかを見る

統合 AI を使用して検索可能なコンテンツを作成する

Azure AI の音声、視覚、言語サービスを利用して、生の非構造化情報を検索可能なコンテンツに変換します。独自の Cognitive Search スキルセットを定義することで、インデックスが作成される前にデータを構造化する AI サービスを簡単に編成できます。OCR、翻訳、キー フレーズ抽出や、位置、人物、組織の検出などの AI 機能は、Cognitive Search ポータルでチェック ボックスをオンにするだけで簡単に適用できます。

カスタマイズで目標を達成して業界の要件を満たす

特定のビジネス目標や業界の要件に対応できるように Cognitive Search プラットフォームを拡張します。あらゆる言語やフレームワークで利用可能な、法的条項分類子や製造原料識別子などの、カスタム モデルと分類子を使用して、データの理解を深めます。クラウド検索サービスをデプロイした後、充実した、カスタム調整されたランキング モデルを使用してすばやく検索結果を調整し、結果をビジネス目標に結び付けます。

顧客が業界のニーズに対応した事例を確認する

高度なデータのセキュリティとコンプライアンス

  • インデックス パイプライン全体にわたって組み込まれている暗号化で、悪意のある行為からコンテンツを保護します。
  • 仮想ネットワークのサポートによりセキュリティを確保します。
  • さまざまな国際コンプライアンス基準や業界固有のコンプライアンス基準に適合します。
  • セキュリティ フィルターを使用してコンテンツへのアクセスをユーザー単位で制御します。
  • 物理データセンター、インフラストラクチャ、運用でマルチレイヤーの Microsoft セキュリティを利用します。

柔軟な価格で必要な機能を利用し、制御し、カスタマイズする

Azure Cognitive Search は信頼性の高いストレージとスループットを備えた組み合わせ可能な検索ユニットで利用でき、すばやくコスト効率の高い方法でクラウド検索エクスペリエンスをセットアップしてスケーリングできます。検索ユニットを追加して、1 秒あたりのクエリを増やしたり、高可用性を有効にします。また、データ インジェストの速度を上げることもできます。トラフィックの少ない期間に検索ユニットを削除します。

利用できません Free Basic Standard ストレージの最適化
最適な環境 予想インデックス サイズとキャパシティ プランニングの見積もり。 低負荷なコンピューティングとストレージ要件を必要とするワークロードの実行。 コンピューティング、メモリ、およびストレージのバランスを取る、ほとんどのワークロード。 より少ないメモリとコンピューティングを必要とする場合に、コスト効率の高い方法で大量のデータを使用するワークロードの実行。
検索ユニット Free Basic オプション S1、S2、および S3 オプション L1 および L2 オプション
その他の機能 ドキュメント解析: 画像抽出
AI エンリッチメント

開発者向けリソース

ドキュメント

ドキュメントの概要に移動して、さまざまなシナリオで検索可能なコンテンツを単一の高速インデックスに集約する方法を確認し、さらに Cognitive Search パイプラインの詳細を確認します。

学習モジュールとクイックスタート

Cognitive Search リソースとサンプル データを備えた AI 駆動アルゴリズムを使用してコンテンツを抽出およびエンリッチする方法と、Cognitive Search でナレッジ マイニングを可能にする方法を確認し、ナレッジ マイニングのブートキャンプを受講し、ナレッジ マイニング ソリューション アクセラレータを使用します。

Azure への移行

それぞれのペースでアプリ、データ、インフラストラクチャを移行するためのリソースを確認します。オンプレミスのワークロードを Azure Virtual Machines に切り替えるときに、評価ツール、移行ツール、コスト管理ツールを無料で使用できます。

コミュニティと Azure のサポート

MSDN フォーラムや Stack Overflow で Microsoft のエンジニアや Azure コミュニティのエキスパートに質問したりサポートを要請したりするか、Azure サポートに問い合わせてください。

一般的なテンプレートとラボ

ビデオ チュートリアルや、Microsoft やコミュニティによって作成されたよく利用されている一般的な構成用のクイックスタート テンプレートを探してください。

Azure Cognitive Search を使い始める

Azure の無料アカウントにサインアップして Cognitive Search サービスを作成します。

さまざまなソースからデータを取り込み、充実させる方法を学習します。

新しい Web サイトまたはチャットボットに検索を統合するか、既存のアプリケーションに追加します。

お客様が高度な検索にどのようにクラウドを利用しているかを見る

より高速で、より深い、コスト効率のよいデータ洞察の提供

デジタル アーカイブ サービスである Archive360 では、すばやくコスト効率の高い方法でペタバイト サイズのデータセットの複雑な質問をします。

事例を見る

Archive 360

数百万ものお客様のシームレスな検索の促進

カナダの自動車検索サイトである autoTRADER.ca では、オークション サイト、イメージ検索、モバイルおよび Web 検索に Cognitive Search を利用しています。

事例を見る

Auto Trader

ビジネスの効率的かつ確実なスケーリング

音声検索のスタートアップ企業である Audioburst 社では、自社の音声ベースのコンテンツ プラットフォームをスケーリングするために Cognitive Search を使用しています。

事例を見る

Audioburst

ユーザーを最も関連性の高いコンテンツに結び付けるための新しい方法の作成

Real Madrid のデジタル スポーツ プラットフォームでは、Cognitive Search を使用して豊富なコンテンツをファンに提供しています。ファンは試合中に特定のカメラを制御して主要なプレイやプレーヤーの動きを確認できます。

事例を見る

Real Madrid

よりスマートなソリューションによる生産性の向上

契約管理企業である Icertis 社では、自社のプラットフォームに Cognitive Search を統合することで、契約交渉の時間を短縮し、リスクを低減し、契約のコンプライアンスを改善し、収益を増加させました。

事例を見る

ICERTIS

時間、エラー、リスクを減らすための手動プロセスの排除

グローバル エンジニアリング企業である Howden 社では、Cognitive Search を使用して技術レビュー プロセスをスケーリングし、より迅速かつ正確に調達製品への入札を行っています。

事例を見る

Howden

Cognitive Search の更新情報、ブログ、お知らせ

Cognitive Search に関してよく寄せられる質問

  • Cognitive Search は世界中の 20 を超える国/地域で利用でき、定期的に新しい国や地域が追加されています。
  • 有料サービス レベルでは少なくとも 99.9 パーセントの可用性が保証されます。
  • Azure Virtual Machines でホストされている Azure Cosmos DB、Azure SQL Database、Azure Blob Storage、Microsoft SQL Server で、組み込みのインデクサーを使用できます。コネクタ数が 80 を超える Azure Data Factory、または Azure Logic Apps を使用して、データ ソースに接続します。または、Cognitive Search インデックスにデータをプッシュします。データ ソースの種類に制限はありません。
  • Cognitive Search では、Microsoft Word、PowerPoint、Excel、Adobe PDF、PNG、RTF、JSON、HTML、XML などの一般的な形式を処理します。
  • Cognitive Search はサービスとしてのプラットフォームであり、開発者が独自のクラウド検索ソリューションを作成するのに役立ちます。Microsoft Search では Cognitive Search テクノロジを使用してサービスとしてのソフトウェアを提供し、Microsoft 製品内でエンタープライズ検索を実行します。
  • Cognitive Search は 50 を超える言語で使用できます。

準備が整ったら、Azure の無料アカウントを設定しましょう。