小売業者に選ばれる Azure IoT Central

2020年1月13日 に投稿済み

Sr. Product Marketing Manager

世界中の多くの小売業者にとって一年で最も忙しいこの四半期が、ブラック フライデーからサイバー マンデーを挟んでボクシング デーにかけてのホリデー ショッピングで幕を閉じたばかりです。小売業界では、サプライ チェーンの最適化からデジタル配信や店舗内分析に至るまで、需要の急増に対応するために IoT テクノロジが全面的に採用しされいます。特に、ブランド ロイヤリティを構築するために、柔軟性を確立し、有能な人材を雇用し、カスタマー エクスペリエンスを最適化する必要があるシナリオでは、採用が進んでいます。Microsoft が委託して 2020 年 1 月に公開された小売業界向け IoT Signals の最新調査では、現在 IoT を使用しているリーダーから得られた有益な分析情報について検討されています。ここでは、カスタマー エクスペリエンスの向上、人工知能を使用した飛躍的な業績向上の達成、セキュリティ上の懸念事項とコンプライアンスに関連する世界の各市場の差異など、さまざまな成長分野について説明しています。

Azure IoT Central を使用した小売 IoT ソリューションの構築

Microsoft とそのグローバル パートナーは、小売の分析情報を世界中の小売業者を支援するソリューションに変換する取り組みを続けていますが、IoT 投資の意思決定者は依然として重要な問題に直面しています。つまり、ソリューションをゼロから構築するか、ニーズに合ったソリューションを購入するかという判断です。Azure IoT Central は、予測可能な価格と小売に固有のアプリケーション テンプレートなどの独自機能を備えた、多くのソリューション ビルダーにとって最適なフル マネージド IoT プラットフォームです。30 を超える Azure サービスがその基盤となっているため、ソリューション開発を迅速化することができます。サービスの管理は Microsoft に任せ、業界に関する深い知識を適用して、お客様を支援するというもっと重要な業務に集中してください。

小売業向け IoT ソリューションの構築を促進する新しいツール

このたび、ソリューション ビルダー向けに 6 番目となる IoT Central 小売アプリケーション テンプレートが追加されました。マイクロフルフィルメント センター テンプレートには、接続と自動化によるダウンタイムの排除、セキュリティの強化、効率性の向上を通じて、コストがどのように削減されるかが示されます。アプリ テンプレートには、オペレーター ダッシュボードのサンプル、デバイス テンプレートのサンプル、リアルタイム データを生成するシミュレートされたデバイス、プラグ アンド プレイ デバイスへのアクセス、および安心して利用できるセキュリティ機能が含まれているため、ソリューション ビルダーはこれを使用してすばやく作業を開始することができます。フルフィルメントの最適化は多くの小売業者にとって業務の基盤となるものであり、早期に最適化することによって将来大きな利益が得られる可能性があります。アプリケーション テンプレートは、ソリューションビルダーが、概念実証フェーズに合格したり、新しい IoT シナリオに対応した迅速なビジネス ケースを構築したりするなどの課題を克服する際に役立ちます。

ソリューション ビルダー向けの IoT Central 小売アプリケーション テンプレート

: ソリューション開発を促進するように設計された 6 つの IoT Central 小売アプリケーション テンプレート。

革新的な小売業者が語る IoT の事例

Microsoft では、IoT Signals で述べられているような豊富な業界情報に加え、IoT ソリューションに投資している上位グローバル ブランドとこれらをサポートする小売ソリューション ビルダーに取材した、意思決定、トレードオフ、プロセス、および業績についての 3 つの詳細な事例も公開しています。これらの企業がどのように IoT を実装し、どのようにその投資から成功を収めたのかをお読みになり、お客様自身の投資やチャンスを判断する際の参考となる可能性のある詳細情報をご確認ください。

South Africa Breweries と CIRT チームの協力による、クーラーの追跡という難題の解決

AB InBev の子会社である South Africa Breweries は世界最大規模の醸造会社で、製品を新鮮な低温状態に保つことを顧客に約束していますが、これはほとんどの消費者が当然のことと見なしている課題です。AB InBev のイノベーションおよび分析担当ディレクター Sameer Jooma 氏は、行方不明のクーラーの追跡やコストの削減、持続可能性目標の達成について、南アフリカのソリューション ビルダーである Consumption Information Real Time (CIRT) が主導する IoT イノベーションに助力を求めました。CIRT はクーラー監視システムである Fridgeloc Connected Cooler のパイロットを任されました。このシステムは、温度 (クーラー内部とコンデンサーの両方) に関するリアルタイムの分析情報、接続状態、南アフリカの都市部と地方にある数百のクーラーの位置情報を提供します。クーラーが適切な場所にあることを確認するために監査担当者が販売業者の場所を訪れなければならない従来のクーラー監査プロセスの改革と、販売店に納品されてから配置されるまでの間の時間の追跡。これは、Jooma 氏がプロセス最適化に見出した利点のうちのほんの 2 例に過ぎません。

「管理チームはクーラーの位置を把握し、全国規模で一元管理できるようにする必要がありました。IoT Central を利用することで、そのライブ ビューを入手することができました。」 - AB InBev 社のイノベーションおよび分析担当ディレクター、Sameer Jooma 氏。

世界中の販売業者と消費者向けパッケージ製品企業が直面する共通課題の詳細については、お客様事例をご覧ください。

コネクテッド クーラーが普及していない南アフリカの地方部の居酒屋に向かう途中で、砂地にスタックする現場担当者の車

"コネクテッド クーラーが普及していない南アフリカの地方部の居酒屋に向かう途中で、砂地にスタックする現場担当者の車。"

南アフリカ、ソウェトの居酒屋に配置されている Fridgeloc Connected Cooler

"南アフリカ、ソウェトの居酒屋に配置されている Fridgeloc Connected Cooler"

Footmarks Inc. によって明らかになった Mars Incorporated のハロウィン ディスプレイ キャンペーンに関する新たな分析情報

多くの消費者向けパッケージ製品では、オンライン ディスプレイ広告から店舗内の物理的ディスプレイまで、マーケティングと販売が一体になった広告への投資によってホリデー期間の売上が急増しています。菓子類その他食品製品の世界的メーカーである Mars Inc. のグローバル ディスプレイ開発責任者 Jason Wood 氏は、前回のハロウィーン期間に、製品ディスプレイが倉庫を離れた後どこに向かうのかを追跡するという以前からの問題を詳しく分析するべき時期にきていると判断しました。これまで Mars では、作ったディスプレイの数と、小売業者の店舗に向けて倉庫を離れたディスプレイの数しか追跡できていませんでした。Mars は、Azure IoT Central を使用してビーコンおよびゲートウェイベースのディスプレイ追跡ソリューションを設計した Footmarks Inc. と最適なパートナーシップを組みました。このソリューションを利用することで、ディスプレイが移動し始めて以降何が起こっているかを安全かつ簡単に、またスケーラブルな形で把握することができます。いくつかの興味深い分析情報がキャンペーン中とその後も得られました。

「ディスプレイがどの時点で売り場から撤去されるかという情報は驚くべき内容でしたが、それはこのソリューションなしには手に入れることができなかったであろう重要な分析情報でした」 - Mars Inc. のグローバル ディスプレイ開発責任者、Jason Wood 氏。

ディスプレイ追跡用デバイスをスケーリング、価格設定、および管理する際に Mars と Footmarks が直面した問題の詳細については、お客様事例をご覧ください。

: Mars Wrigley のために Foormarks Inc. が IoT センサーを使用して開発した Smart Connect Cloud ダッシュボード。2019 年ハロウィーン キャンペーン向けのディスプレイ追跡ソリューションが表示されている。

": Mars Wrigley のために Foormarks Inc. が IoT センサーを使用した開発した Smart Connect Cloud ダッシュボード。2019 年ハロウィーン キャンペーン向けのディスプレイ追跡ソリューションが表示されている。"

Microsoft は C.H. Robinson と Intel の協力を得て Xbox および Surface のサプライ チェーンの可視化を実現

多忙な 2019 年ホリデー シーズンと多くの新規 Surface SKU の導入に先だって、Microsoft サプライ チェーン チームでは、出荷途中の IoT デバイスに単一のプラットフォームをグローバルに接続し、分析とデバイス管理を効率化することの利点をテストする計画を立てていました。 また、この Microsoft チームでは、最新の Xbox コンソール、Xbox Series X、および一連の Surface 新製品の発売準備についても前もって検討していました。Surface と Xbox の需要が世界中で拡大することが予測されているため、サプライ チェーン全体についての分析情報と適切なアクションの必要性は大きくなる一方でした。Microsoft チームは、Intel と提携関係にあるグローバル テクノロジおよび物流管理プロバイダーである TMC (C.H. Robinson の事業部門) と協力し、Azure IoT Central を使用してグローバルにデプロイできる、TMC の既存の Navisphere Vision ソフトウェアに基づく画期的なソリューションを設計しました。その目標は、荷物の環境条件 (衝撃、光、温度) を追跡および監視して、数百万の製品に対応する規模で、世界中のどこからでもリアルタイムに損傷状況を特定することにありました。

「真価の源泉は、サプライ チェーンの専門家によって構築されたテクノロジである C.H. Robinson の Navisphere Vision と、Azure IoT Central の速度、セキュリティ、および接続性の連携にあります。」 - TMC のコマースおよび製品戦略担当ディレクター、Chris Cutshaw 氏

今回のホリデー シーズンでの成果や、グローバル サプライ チェーンを可視性を高めるために Navisphere Vision で実現できる内容の詳細については、お客様事例をご覧ください。

CH Robinson 画像 5

"Azure IoT Central を介して管理される IoT センサーのアクティビティが表示された Navisphere Vision のダッシュボード。"

使用を開始するには

NRF 2020: Retail's Big Show が、1 月 12 日から 14 日にかけてマンハッタンで開催されます。Azure IoT のエキスパートと、小売ソリューション ビルダーである Attabotics、C.H. Robinson、CIRT などのエキスパートが出席する予定です

詳細については、小売業向け IoT Signals レポートをご確認ください。

今すぐ Azure IoT Central を使用して作業を開始しましょう。

これらのお客様が現在使用しているソリューションの詳細については、以下をご覧ください。


"Intel、Intel ロゴ、およびその他の Intel マークは、Intel Corporation またはその子会社の商標です。"