ナビゲーションをスキップする

Azure Industrial IoT

Industry 4.0 サービス向け産業用システムをセキュリティで保護して最新化する、オープンで相互運用可能な IoT ソリューションを構築できます。

Industry 4.0 へのパスを加速させる

新規またはレガシのマシンを統合し、グローバルなエコシステムの中でサプライヤー、顧客、分散した従業員をつなぐ IoT ソリューションを探したり、構築したりすることができます。Azure Industrial IoT は、新しいソリューションやデータは、業界標準を通じて相互運用され、ベンダー ロックインを防ぐ必要があるという原則に基づいて構築されています。資産の迅速な検出、クラス最高のグローバル サポート、チップからクラウドまでの長年積み重ねてきたセキュリティの専門知識により、大規模な成果を達成することができます。

お客様のソリューションの制御を維持し、ブラウンフィールド機器を接続し、新しい資産や将来のテクノロジの導入に備えることができます。OPC UA 標準を通じ、産業用デバイスやシステムと互換性のある産業用 IoT ソリューションを構築できます。Azure マネージド プラットフォーム サービス、オープンソース ソフトウェア、エッジ上やクラウド内のオープンな産業用データ モデルを利用して、強力な視覚化でデータのコンテキストを把握することができます。

脅威を未然に検知して阻止する組み込みのセキュリティで、お客様の資産を守ります。Azure Sphere、Azure Defender、そして Azure IoT 内の OPC Vault マイクロサービスを利用することで、産業用資産の導入とメンテナンスを簡素化し、複雑な接続や証明書の管理を容易にすることができます。

世界的な製造元が求める分野の専門知識に基づいて産業用 IoT ソリューションを発明および提供するための技術的な支援、アドバイス、サポートを受けることができます。Azure パートナーのソリューションは厳格で独立した技術的検証を受けており、その機能が Microsoft の仕様を満たしていることが確認されています。パートナーのソリューションにより、Azure IoT プラットフォームで動作するあらゆる種類の産業用 IoT 製造インターフェイスがサポートされています。AppSource で、お客様のビジネス ニーズに適したアプリを見つけましょう。

長期的なサポートを維持することで、工場や機器への投資を最大限に活かすことができます。Azure は、製品のライフサイクルを通してサポートを受けるための一貫した予測可能なガイドラインを提供し、お客様のデジタル トランスフォーメーションの計画と実現を支援します。オープン標準、パートナーによるオープンなエコシステム、オープン ソース コードへのコミットメントにより、機器のライフサイクルを延ばし、革新的なビジネス モデルを実現するための長期的かつスケーラブルなアーキテクチャを構築することができます。

クラウドからエッジまで、一貫性のある包括的なエクスペリエンスでデータを分析情報に変えることができます。Azure AI および機械学習機能は、一貫したアプリケーション開発、総合的なセキュリティ、統一された ID、簡素化されたデバイス管理、堅牢なインテリジェント エッジ ポートフォリオやエコシステムなどの一連の原則に基づいており、お客様に選択肢を提供します。AI、時系列、分析が組み込まれ、エッジ最適化されたデータ エンジンを使用して、データ、AI、機械学習をまとめ、プロセスの効率を最大化することができます。

規範的メンテナンスを使用して機器の信頼性を向上する

Azure IoT 製品のみで構築された規範的な予測メンテナンス ソリューションを使用して、潜在的な問題を事前に特定できます。このデモでは、センサーやデバイスからのストリーミング データを分析し、継続的にデータを収集して、機械学習を適用し、機器の不具合を予測して、高額なダウンタイムの発生を回避する方法をご確認ください。

ダッシュボード

KPI の概要

アラートと警告

資産の詳細

アラートの解決

手順 1/3

リアルタイムのリモート監視

オペレーターは、ダッシュボードでインフラストラクチャ全体の場所と正常性の状態をリアルタイムに確認できます。

手順 2/3

資産の場所と状態の確認

資産の正常性を把握することは非常に重要です。業務の停止を伴う事態は生産量や供給契約の面で非常にコストがかかる可能性があります。

手順 3/3

遠隔地の管理

定期的なメンテナンスのために 6 か月に 1 回訪問していたサイトの状態をリアルタイムで追跡できるようになりました。

手順 1/2

ビジネス メトリックのリアルタイム追跡

サイトと生産に関するクリティカルなデータを集めて重要なビジネス KPI にまとめ、1 日または生産期間を通して、目標やしきい値と照らし合わせて追跡します。

これまで数日間、数週間、または数か月間監視されることのなかったような資産からリアルタイムの結果が得られます。

手順 2/2

既存のシステムとの統合

リアルタイムのセンサー データを、他の外部ソースの情報のほか、CRM や ERP サービスなどの他のエンタープライズ システムの情報と組み合わせることができます。

手順 1/3

リアルタイムのアラートと警告

アラートは、オペレーターの注意を喚起するために、リアルタイムでエスカレートされます。故障が起きた場合は、カスタム ポータルを介して、またはダッシュボードからコマンドを送信して機器をシャットダウンすることで迅速に対処できます。

手順 2/3

故障の事前予測

重要な点は、一部のアラートは予測によるものであるということです。予測モデルが問題と認識する状況または傾向をデータが示している場合、故障が起きる前にメンテナンスを実施できます。

手順 3/3

エスカレート前の問題の解決

オペレーターは、まだ解決または監視されていない最優先の重大なエラーを選択できます。

手順 1/3

リアルタイム データ フィードの分析

ダッシュボードにはリアルタイムでデータが取り込まれます。このレベルでは、個々の資産の実際の生産パフォーマンスと正常性の状態を監視できます。

手順 2/3

意思決定者の対応を支援する

このデータを基に、意思決定者は、スケジュールされた (または予定外の) 作業を計画したり、メンテナンス期間を管理したり、遠隔地にあるかどうかに関係なく資産の生産量を予測したりできます。

手順 3/3

資産が故障する前にメンテナンスを実施する

この例では、ファンに対して重大な警告が予測されています。予測によると、数日以内に故障し、資産がシャットダウンされます。また、この部品はまだ標準的な耐用年数内でもあります。特定の部品を選択して対応策を取ることができます。

手順 1/5

対処と解決

ダッシュボードのアラートの詳細には、部品および認識された問題に関する具体的な情報が表示されます。これには、シリアル番号、部品番号、さらには交換部品の在庫と場所も含まれています。

手順 2/5

ビジネス ニーズの分析

故障の予測は、機器の定期的なメンテナンスをスケジュールする前にエア フィルター ファンが故障することを示しています。故障すると、資産がシャットダウンされ、業務を停止せざるを得なくなります。

手順 3/5

データのリアルタイム分析

リアルタイム データは、現場のデバイスから取り込まれ、ポータルに表示されます。オペレーターは実際のデータ フィードをリアルタイムで監視して、表示されたアラートや情報が正しいことを確認できます。アラートのしきい値も表示されるため、ユーザーは通常の運用に関連する追跡データを簡単に確認することができます。

手順 4/5

サービス チケットの作成

メンテナンス スタッフが部品を交換し、資産を稼働させ続けるためのチケットを作成できます。また、入手した情報とデータを利用してビジネス分析を実行し、結果に基づいて運用に変更を加えることもできます。

手順 5/5

サービス チケットの作成

メンテナンス スタッフが部品を交換し、資産を稼働させ続けるためのチケットを作成できます。また、入手した情報とデータを利用してビジネス分析を実行し、結果に基づいて運用に変更を加えることもできます。

Azure Industrial IoT のソリューションとアーキテクチャについての詳細

システムやサプライチェーン全体を統合したデジタル コアを中心に運用を構築することで、画期的なデジタル トランスフォーメーションを実現できます。

状態の監視

状態の監視

機器の主要なパラメーターを監視することで、重大な変化を特定し、予期せぬ故障や生産の中断を防ぐことができます。

Predictive Maintenance

Predictive Maintenance

機器の状態や性能を診断し、潜在的な故障やメンテナンスの必要性を予測し、Mixed Reality やデジタル ツインの技術を活用してリアルタイムにサービスを向上させることができます。

Azure Industrial IoT 向けの OPC サービスについての詳細情報

OPC Twin

OPC Twin は、REST API を通じて、産業用デバイスの検出、登録、リモート制御を実現します。OPC Twin は、OPC Unified Architecture (OPC UA) SDK を必要とせず、プログラミング言語に依存しません。また、サーバーレス ワークフローに組み込むことができます。

OPC Vault

OPC Vault は、OPC UA サーバーとクライアント アプリケーションに使用される証明書のライフサイクルの構成、登録、管理をクラウドで行うマイクロサービスです。

OPC Publisher

OPC Publisher は、既存の OPC UA サーバーに接続し、JSON ペイロードを使用して、JSON エンコードされたテレメトリ データを OPC UA サーバーから Azure IoT Hub に OPC UA Pub/Sub 形式で発行する方法を示すリファレンス実装です。

Azure IoT 製品およびサービスに関する詳細情報

Azure Defender for IoT

IoT ワークロード向けのエンドツーエンドの適応型脅威検知および防止セキュリティ ソリューション

Azure IoT Edge

クラウドからエッジにワークロードを移動して、クラウド インテリジェンスと分析を拡張する

Azure IoT Central

ソリューションの作成を加速し、IoT の管理、運用、開発の手間とコストを減らす

Azure Time Series Insights

IoT ソースからの時系列データの分析、ストレージ、および視覚化サービス

Azure IoT Hub

IoT デバイスと Azure 間の双方向通信のための管理サービス

Azure Sphere

ハードウェア、OS、クラウドのコンポーネントを含む包括的なセキュリティ ソリューション

Azure Digital Twins

現実世界をモデル化する次世代の IoT ソリューション

Azure Stream Analytics

クラウドからエッジまでのサーバーレス リアルタイム分析

最新の Azure Industrial IoT ニュースと Industry 4.0 のリソースを入手する

IoT at work – ビデオ シリーズ

Attabotics の CEO および CTO からの教訓

Attabotics の CEO および CTOである Scott Gravelle 氏が、ロボットの構築、想像力の限界、そしてエンドポイント IoT の導入を推進する前に知っておきたかったことについて語ります。

Stanley, Black & Decker の CEO および CTO からの教訓

Stanley, Black & Decker の CTO である Sudhi Bangalore 氏が、標準を前もって決めておくこと、変化を受け入れること、シンプルなデザインの複雑さなど、エッジ ソリューションを導入する前に知っておきたかったアドバイスを語っています。

Fermax の CTO からの教訓

Fermax の CTO である Francisco Sanchez 氏が、エンド ユーザーの声を直接聞くことの価値、初期段階からのセキュリティの重要性、そして IoT 導入前にもっと徹底的に検討すればよかったと思う SAAS モデルの価値について語ります。

Azure Industrial IoT により、お客様はすばらしい成果を上げています

Maersk は、顧客が製品配送を追跡する支援を行う

"When topped with open source, Azure gives engineers freedom. Software developers have had enough of servers. They want to create."

Rasmus Hald 氏 (クラウド アーキテクチャ リーダー、A.P. Moller - Maersk)
Maersk

Bühler Group はダイカストを IoT で再構築

"The use of industry standards like OPC UA promotes interoperability between suppliers and enables them to work better together. It opens the door to develop solutions that drive efficiency across the entire value chain rather than a single machine."

Robert Cuny 氏 (IoT プログラム マネージャー、Bühler Group)
Buhler

Tetra Pak は食品および飲料フローの安全性を維持

"When you have plants around the world, the service knowledge we gain from one plant comes to benefit another."

Tetra Pak Services の副社長、Johan Nilsson 氏
Tetra Pak

ABB はより低コストで従業員の効率を高める

"In Azure, we have a rich menu of services that we can use to make our workforce management solution smarter, so field technicians are more productive."

ABB Enterprise Software の製品管理担当シニア ディレクター、James Pierre-Noel 氏
ABB Group

Thyssenkrupp はテナントのエクスペリエンスを強化

"I know that Microsoft has made a tremendous investment in security and that Azure has numerous regulatory and compliance certifications. Why would we choose anyone else?"

MULTI Thyssenkrupp Elevator の最高経営責任者、Michael Cesarz 教授
ThyssenKrupp

よく寄せられる質問

  • Open Manufacturing Platform (OMP) は、業界を超えたコラボレーションや知識およびデータの共有、そして新しいテクノロジへのアクセスを通じて、製造業者が大規模な IoT 製造のイノベーションを加速することを目的とした非営利のアライアンスです。

    最新のニュースを読む

  • Open Platform Communications Unified Architecture (OPC UA) は、産業用オートメーション機器やシステムのオープンな接続性、相互運用性、セキュリティ、信頼性を確保するためのグローバルな業界標準であり、製造業者はその資産をスマートな工場へと変化させるための一歩を踏み出すことができます。

    詳細情報

  • Common Data Model には、Microsoft とそのパートナーが公開した、一連の標準化された拡張可能なデータ スキーマが含まれています。事前定義済みスキーマのコレクションには、エンティティ属性セマンティック メタデータリレーションシップが含まれます。このスキーマは、アカウントキャンペーンなど、一般的に使用される概念やアクティビティを表しており、データの作成、集計、分析が容易になります。

    詳細情報

  • ANSI/ISA-95 は、主に製造業者の産業用資産を接続するために使用される、企業と制御システムの統合に関する国際規格です。この規格では、堅牢性、安全性、コスト効率に優れた情報交換が定義されている必要があり、これにより導入に伴うリスク、コスト、エラーを効果的に削減することができます。交換メカニズムでは、各システムの情報と制御範囲の整合性が保持されている必要があります。

    詳細情報

Microsoft パートナーの検索

経験豊富なパートナーとともに IoT を稼働させましょう。

完成した産業用 IoT ソリューションを購入する

認定済みアプリとサービスの豊富なカタログから検索できます。

始める

お客様のデプロイ オプションについての詳細情報をご確認ください。