Azure Data Lake Storage

Azure Blob Storage 上に構築された、非常にスケーラブルで安全な Data Lake 機能

クラウド規模の強力なデータ レイク機能を利用する

Azure Data Lake Storage Gen2 は、スケーラビリティが高く費用対効果に優れた、ビッグ データ分析用のデータ レイク ソリューションです。ハイパフォーマンス ファイル システムの能力に加えて、非常に高いスケーラビリティと経済性を兼ね備えており、お客様が分析情報を得るまでの時間を短縮するのに役立ちます。Data Lake Storage Gen2 は Azure Blob Storage の機能を拡張するもので、分析ワークロードに最適化されています。Data Lake Storage Gen2 は、利用できる中で最も包括的なデータ レイクです。

ブログを読む

他のビデオを見る

高速

ファイルとフォルダーのアトミック操作がサポートされ、超高速でジョブを実行できるよう最適化された Hadoop 互換のファイル システムによって、モデルのテストを高速化できます。

拡張性

Azure Blob Storage のグローバルなスケーリング、耐久性、パフォーマンスを拡充し、大量のストレージ アカウントをサポートできます。

セキュア

POSIX 準拠のきめ細かい ACL のサポート、保存データの暗号化によるオブジェクト ストア セキュリティ、Azure Active Directory 統合、ストレージ アカウントのファイアウォールなどのツールやリソースにより、最も厳格なエンタープライズ データ セキュリティ要件を満たしています。

コスト効率

クラウド オブジェクト ストアの価格レベルでデータ レイク機能をご利用いただけます。Data Lake Storage Gen2 は、Blob Storage に組み込まれているのと同じライフサイクル ポリシー管理やオブジェクトレベルの階層化を提供します。

サービスの機能

高度な拡張性

分析データ用のほぼ無限のストレージ

クラウド オブジェクト保存価格

Azure Blob Storage と同様の低コスト データ ストレージ モデル

より少ないファイル/フォルダー トランザクション

より少ないコンピューティング サイクルと、より高速なジョブ実行を実現するアトミック トランザクション

きめ細やかなファイル/フォルダー セキュリティ

POSIX に準拠した、きめ細やかなアクセス制御リスト (ACL)

単一ストア内の単純化されたインジェスト

Data Lake Storage Gen2 または Blob Storage REST API を使用する、統合済みデータ ストレージ

完全な Azure Blob Storage 機能セット

データ ライフサイクル ポリシー管理; ホット層, クール層, アーカイブ層; 高可用性/ディザスター リカバリー サポート

ロールベースのアクセスおよびストレージ アカウントのファイアウォール

データ アクセスを制御し、承認済み IP からのユーザーだけが分析を実行できるようにする、他層セキュリティ

Common Data Model (CDM) サポート

Microsoft Dynamics 365 (CRM 用) および Power BI など、強力なアプリケーションとのデータ交換機能

信頼されたパートナー

  • Informatica Cloud
  • Attunity
  • WANDisco
  • Striim
  • Qubole
  • Cloudera

関連製品およびサービス

Azure Databricks

迅速、簡単で協調型の Apache Spark ベースの分析プラットフォーム

Data Factory

エンタープライズでの利用に耐えうる大規模なハイブリッド データ統合を簡単に実現

SQL Data Warehouse

エンタープライズ クラスの機能を伴うエラスティックなサービスとしてのデータ ウェアハウス (data warehouse-as-a-service)

Azure Data Lake Storage の概要