ナビゲーションをスキップする

Azure Data Lake Storage

極めてスケーラビリティに優れたデータ レイク ストレージ

  • 分析データ用の無限のストレージ
  • Apache Spark と Hadoop の分析エンジンに最適化
  • きめ細やかな ACL のサポートを備えたハイパフォーマンス ファイル システム
  • ファイル システムとオブジェクト データを一元的に格納
  • Azure Blob Storage との完全統合
  • ゾーン冗長ストレージと geo 冗長ストレージのオプション

Azure Data Lake Storage Gen2 は、スケーラビリティが高く費用対効果に優れた、ビッグ データ分析用のデータ レイク ソリューションです。ハイパフォーマンス ファイル システムの能力に加えて、非常に高いスケーラビリティと経済性を兼ね備えており、お客様が分析情報を得るまでの時間を短縮するのに役立ちます。Data Lake Storage Gen2 は Azure Blob Storage の機能を拡張するもので、分析ワークロードに最適化されています。一度データを格納すれば、既存の Blob Storage および HDFS 準拠のファイル システム インターフェイスを介してアクセスできます。その際、プログラムを変更したりデータをコピーしたりする必要はありません。Data Lake Storage Gen2 は、利用できる中で最も包括的なデータ レイクです。

Data Lake Storage を選ぶべき理由

生産性の高さ

ファイルとフォルダーのアトミック操作がサポートされ、超高速でジョブを実行できるよう最適化された Hadoop 互換のファイル システムによって、モデルのテストを高速化できます。

信頼性の高さ

Microsoft のデータ レイク ファイル システムは、最も厳しいエンタープライズ データ セキュリティ要件に対応できるよう構築されており、POSIX 準拠のきめ細かい ACL のサポート、保存データの暗号化によるオブジェクト ストア セキュリティ、Azure Active Directory 統合、ストレージ アカウントのファイアウォールを備えています。

拡張性

大量のストレージ アカウントのサポートを含め、Azure Blob Storage のグローバルなスケーラビリティ、耐久性、パフォーマンスを利用できます。

コスト効率

クラウド オブジェクト ストアの価格レベルでデータ レイク機能をご利用いただけます。Data Lake Storage Gen2 では、Azure Blob Storage に組み込まれたライフサイクル ポリシー管理とオブジェクトレベルの階層化機能を利用して、サービス間でデータをコピーすることなく、データ ストレージ コストを最適化できます。

Data Lake Storage の機能

高度な分析ワークフローをすばやく構築

Data Lake Storage Gen2 は、エンド ツー エンドのビッグ データ ソリューションと高度な分析ソリューションを構築するために、Azure Databricks や Azure Data Factory など、他の Azure データ サービスとネイティブに統合されます。

ジョブをより迅速かつ効率的に実行

ビッグ データ分析のワークロードでは、ファイルとフォルダーの作成、名前変更、削除が行われる場合など、ジョブの実行中に多額のトランザクション コストが発生する可能性があります。Data Lake Storage Gen2 では、アトミックなファイル操作がサポートされており、ジョブの実行に必須のトランザクション オーバーヘッドと、ビッグデータ分析ジョブの完了にかかる時間を大幅に減らすことができます。

分析の取り組みをグローバルに展開

Data Lake Storage Gen2 は、地域のデータ管理要件に準拠しています。一般公開の際には、Data Lake Storage Gen2 がすべての Azure リージョンで使用できるようになります。

Data Lake Storage でできること

最新のデータ ウェアハウス

ビッグ データの高度な分析

リアルタイム分析

関連製品およびサービス

Azure Databricks

迅速、簡単で協調的な Apache Spark ベースの分析プラットフォーム

Data Factory

エンタープライズでの利用に耐えうる大規模なハイブリッド データ統合を簡単に実現

HDInsight

クラウド Hadoop 、Spark、R Server、HBase、および Storm クラスターのプロビジョニング