ナビゲーションをスキップする

Service Bus

信頼できるクラウドのサービスとしてのメッセージング (MaaS) とシンプルなハイブリッド統合

  • メッセージングを使用して信頼性の高い柔軟なクラウド アプリを構築する
  • トラフィックの一時的な急増からアプリケーションを保護する
  • アプリケーションを相互に分離する
  • 既存のオンプレミス システムをクラウド ソリューションに接続する
  • 複数の独立したバックエンド システムにメッセージを配布する
  • 順序付けされたメッセージングを複数のリーダーにスケールアウトする
  • 既存の Java Message Service (JMS) アプリケーションが Service Bus と通信できるようにする

エンタープライズ クラウド メッセージングの簡素化

オフラインの場合にもアプリケーションとサービス間に信頼できるクラウド メッセージング サービスが必要ならば、Service Bus にお任せください。すべての Azure リージョンでご利用いただけるこのフル マネージド サービスは、サーバー管理とライセンスの負担をなくします。構造化された先入れ先出し (FIFO) メッセージングとパブリッシュ/サブスクライブ機能を備えた非同期操作により、クライアントとサーバー間のメッセージングを仲介する際の柔軟性が向上します。

スケーラブルなクラウド ソリューションの作成

非同期メッセージング パターンの機能を活用することで、お使いのエンタープライズ アプリケーションを確実にスケーリングできます。Azure SQL Database、Azure Storage、Web Apps などのクラウド リソースを Service Bus メッセージングと統合することで、変動する負荷の下でも円滑に操作し、断続的な障害が発生しても処理を継続できる持続性を実現できます。

複雑なメッセージング ワークフローの実装

複雑なルーティングでメッセージング トポロジを構築することで、可用性が向上します。Service Bus を使用して複数の利用者にメッセージを配信し、大規模なメッセージ配信をダウンストリーム システム全体に展開します。

既存の Java Message Service (JMS 2.0) アプリケーションが AMQP 経由で Service Bus と通信できるようにする

ネイティブ JMS がサポートされており、オンプレミスまたはサービスとしての (IaaS) 環境でメッセージング ブローカーを実行する場合のライセンスと運用コストを気にすることなく、フル マネージドのエンタープライズ メッセージング サービスを利用できます。

Service Bus を信頼する理由

  • Microsoft では、サイバーセキュリティの研究と開発に年間 USD 10 億を超える投資を行っています。
  • Microsoft には、データ セキュリティとプライバシーを専門とする 3,500 人を超えるセキュリティ エキスパートがいます。
  • Azure は他のクラウド プロバイダーを上回るコンプライアンス認定を受けています。包括的なリストをご確認ください。

Service Bus の価格

  • 事前コストなし
  • 解約手数料不要
  • 従量課金制

作業を開始するために必要なものがそろっています

無料の Azure アカウントにサインアップすることで、無料で 750 時間の Service Bus を使い始めて、$200 のクレジットも入手できます。

5 分でできるクイックスタート チュートリアルとドキュメントで、Service Bus の使用方法をご確認ください。

セキュリティバックアップ サービスなどの追加の機能や製品を使用して Service Bus を強化します。

Service Bus の無料アカウントの利用を開始

どのようなご用件ですか?