Container Registry

Docker プライベート レジストリをファーストクラスの Azure リソースとして管理

Play

あらゆる種類のコンテナーのイメージを管理

Azure Container Registry を使用すると、DC/OS、Docker Swarm、Kubernetes、Azure サービス (App Services、Batch、Service Fabric など) などのあらゆる種類のコンテナー デプロイのイメージを保管できます。デプロイおよび運用チームは、各種アプリの構成をホスティング環境の構成とは別に管理できるようになります。

Azure Container Registry でイメージを保存する
Docker レジストリを使用することで待機時間を減らす

コンテナー イメージを近くに保存

Docker レジストリをデプロイと同じデータ センターに配置することで、ネットワーク待機時間を短縮し受信/送信料金を削減します。Azure Container Registry では、サブスクリプション内のコンテナー イメージがネットワーク上の近い場所にローカルで保存され、アクセスとイメージ名を完全に管理することができます。

使い慣れたオープン ソースの Docker CLI を使用可能

新しい API やコマンドを覚える必要はありません。Azure Container Registry はオープン ソースの Docker Registry v2 との互換性があるため、使い慣れたものと同じオープン ソースの Docker CLI ツールと、持っているスキルを活用して、効率的にレジストリを操作できます。

Azure Container Registry で Docker CLI ツールを使用する

関連製品およびサービス

コンテナー サービス

Kubernetes、DC/OS、または Docker Swarm を使用してコンテナーをスケールしオーケストレーションする

App Service

コンテナーを使用して Linux で動作する Web アプリをデプロイする

Service Fabric

Windows または Linux でのマイクロサービスの開発とコンテナーのオーケストレーション

Azure Container Registry を使ってみる