ナビゲーションをスキップする

Azure Chaos Studio

Improve application resilience by introducing faults and simulating outages

アプリの回復性を向上させるための実験プラットフォーム

カオス テストでは、実際の停止をシミュレートした障害を意図的に導入することで、アプリケーションの回復性を向上させることができます。Azure Chaos Studio Preview はフル マネージドのカオス エンジニアリング実験プラットフォームであり、開発の後期から運用まで、発見が困難な問題の検出を加速できます。お客様のアプリを意図的に破壊することで、ギャップを特定し、お客様の顧客が問題の影響を受ける前に緩和策を計画できます。

Azure Chaos Studio のメリットを探索する

Azure アプリケーションを実際の、またはシミュレートされた障害に適用する

お客様のアプリケーションが実際の中断にどのように対応しているかを観察する

カオス実験を品質検証のあらゆるフェーズに統合する

Microsoft のエンジニアと同じツールを使用して、クラウド サービスの回復性を高める

Azure アプリケーションの信頼性を向上させる

制御された方法で実際の、またはシミュレートされた障害をお客様の Azure アプリに与えて実験することで、アプリケーションの回復性をより適切に理解することができます。ネットワークの遅延、予期せぬストレージの停止、機密情報の期限切れ、さらにはデータセンターの完全な停止など、実際の障害に対してお客様のアプリがどのように反応するかを観察することができます。

自分の条件で実験する

お客様の組織にとって意味のある場所とタイミングで製品の品質を検証することができます。CPU の負荷、ネットワークの遅延、リソースへのアクセスの妨げ、さらにはインフラストラクチャの停止など、継続的に拡張される障害ライブラリを使用できます。アドホックのドリルを実行することでアプリケーションの回復性を高めたり、お使いの CI/CD パイプラインと統合したり、あるいはその両方を行うことで、継続的な検証を通じて運用の質を監視することができます。

作業開始に混乱することなく分析情報を得る

ツールやスクリプトを管理する必要がなく、お客様のアプリケーションの回復性に関する学習により多くの時間を費やすことができます。実験用テンプレートや障害の拡張ライブラリを使用して、すばやく作業を開始できます。これには、リソース内を破壊するエージェントベースの障害や、コントロール プレーンのリソースを破壊するサービスベースの障害が含まれています。

フォールト挿入を超えた信頼性検証

カオス実験の前後や最中に十分な情報に基づいた意思決定を行うための一貫した戦略を導入することで、アプリケーションの信頼性を向上させることができます。ロード テストをお客様のカオス実験に組み込むことで、実際の顧客のトラフィックをシミュレートすることができます。お客様のアプリを意図的に破壊することで、ギャップを特定し、お客様の顧客が問題の影響を受ける前に緩和策を計画できます。

包括的なセキュリティとコンプライアンスの組み込み

  • Microsoft ではサイバーセキュリティの研究と開発に年間 USD 10 億を超える投資を行っています。

  • Microsoft には、データ セキュリティとプライバシーを専門とする 3,500 人を超えるセキュリティ エキスパートがいます。

  • Azure は、他のクラウド プロバイダーを上回る数の認定を受けています。包括的なリストをご確認ください。

Chaos Studio の価格

Chaos Studio Preview には、初期費用または料金がありません。実験の実行に基づく従量課金制 - カオス エンジニアリング実験は、実験のアクションが各ターゲットやリソースで実行される期間に基づいて課金されます。

Chaos Studio のリソースとドキュメント

Azure Chaos Studio についてよく寄せられる質問

  • カオス エンジニアリングとは、アプリケーションやサービスに現実世界のストレスや障害を与え、信頼性の低い状態や依存性の欠落に対する回復力を構築し、検証することです。
  • Chaos Studio の障害ライブラリはますます増えています。

    現在のリストをご覧ください。

  • カオス実験では、リソースに対して障害を挿入するための明示的かつ詳細なアクセス許可が必要です。

アプリケーションの回復性の向上を開始する