ナビゲーションをスキップする

Azure Bot Service

優れた対話者を構築

Web サイト、アプリ、Cortana、Microsoft Teams、Skype、Slack、Facebook Messenger などで自然なやりとりができるインテリジェント ボットを構築、接続、デプロイ、管理できます。完全なボット構築環境ですぐに始めることができます。使用した分だけお支払いいただけます。

需要に応じてスケールできるインテリジェント ボットの作成

開発期間を短縮

Azure Bot Service は、Microsoft Bot Framework コネクタと BotBuilder SDK によるボット開発専用の統合された環境を提供することにより、開発のスピードを高めます。開発者は、基礎、フォーム、言語理解、質疑応答、プロアクティブ ボットなどのシナリオごとにすぐに使用できるテンプレートを使って、数秒で開始できます。

Cognitive Services でお客様のボットにインテリジェンスを与える

お客様のボットに強力な機能を追加できます。ボットが優れた対話者となるだけでなく、写真でユーザーを認識したり、コンテンツを管理したり、スマートな推奨を提案したり、言語を翻訳したりすることが可能になります。Cognitive Services を使用すると、ボットがより人間らしく見て、聞いて、解釈できるようになります。

顧客がどこにいても関われる

お客様のユーザーはさまざまな場所で会話をしますが、ボットもそうです。Azure Bot Service は複数のチャネルと統合可能で、お客様の Web サイトやメール アプリ、GroupMe、Facebook Messenger、Kik、Skype、Slack、Microsoft Teams、Telegram、text/SMS、Twilio、Cortana、Skype for Business を使用して対話を増やし、より多くのユーザーに接することができます。

Navitime

"With Microsoft Bot Framework, it took just one week to develop our chatbot and another month to launch it. We were able to shorten the development period by half of what was expected, resulting in an early launch of service."

Daisuke Kezuka: General Manager of Travel Business Navitime Japan

Azure Bot Service のシナリオ詳細

商用チャットボット

  1. 概要
  2. フロー

Azure Bot Service と Language Understanding サービスを組み合わせることで、開発者は銀行、旅行、エンターテイメントなどのさまざまなシナリオに合わせた会話型のインターフェイスを作成できます。たとえば、ホテルのコンシェルジュは、ボットを使用して Azure Active Directory で顧客を認証し、Cognitive Services でテキストや音声を使用して顧客の要求を文脈から処理することで、従来の電子メールや電話でのやりとりを強化できます。音声認識サービスを追加すると、音声コマンドに対応できるようになります。

  1. 1 ユーザーがお客様のモバイル アプリを使用します
  2. 2 Azure AD B2C を使用して、ユーザーが認証します
  3. 3 カスタム Application Bot を使用して、ユーザーが情報を要求します
  4. 4 Cognitive Services が自然言語の要求を処理します
  5. 5 自然な会話を使用して質問を改善できるユーザーが応答をレビューします
  6. 6 ユーザーが結果に満足すれば、Application Bot がユーザーの予約を更新します
  7. 7 Application Insights が、ランタイム テレメトリを収集して、ボットのパフォーマンスと使用方法により開発をサポートします

It’s amazing, once development started, how quickly the whole thing came together… We didn’t need to build any special functionality to connect the bot to our product catalog and stock data—we just used existing feeds.

Antonia Colin-Jones, Strategic Partnership Program Manager, Dixons Carphone

Dixons Carphone の顧客との対話方法を見る

Information Chatbot

Azure Active Directory Azure Bot Service LanguageUnderstanding Customer mobile Consume, PC, MobileCloud 1 5 Azure App Service Azure App Insights 2 Structured Azure Search 7 6 3 4 QnA Maker Application bot
  1. 概要
  2. フロー

この Informational Bot は、Cognitive Services QnA Maker を使用してナレッジ セットや FAQ で定義された質問に回答したり、Azure Search を使用してより結論が出にくい質問に回答したりできます。

  1. 1 従業員が Application Bot を開始します
  2. 2 Azure Active Directory が従業員の ID を確認します
  3. 3 従業員はサポートされているクエリの種類をボットに質問できます
  4. 4 Cognitive Services が、QnA Maker で構築された FAQ を返します
  5. 5 従業員が有効なクエリを定義します
  6. 6 Bot が、アプリケーション データに関する情報を返す Azure Search にクエリを送信します
  7. 7 Application Insights が、ランタイム テレメトリを収集して、ボットのパフォーマンスと使用方法により開発をサポートします

Conversation as a platform is the future, so it’s great that we’re already offering it to our customers using the Bot Framework and Azure.

Katie Duffy, Application Architect, UPS

UPS が LUIS を使用して顧客のリアルタイムの荷物追跡を支援する方法を見る

Enterprise Productivity Chatbot

Azure Active Directory Azure Bot Service QnA Maker LanguageUnderstanding Customer mobile Consume, PC, MobileCloud 1 5 Graph Office 365 Dynamics CRM Speech API Azure App Service Azure App Insights 2 3 6 4
  1. 概要
  2. フロー

Azure Bot Service は容易に Language Understanding と組み合わせることができ、企業の生産性を確認するための強力なボットを構築できます。また、Office 365 カレンダーなどの外部システムや Dynamics CRM に保存されている顧客の事例などを統合することで、組織は一般的な業務を効率化できます。

  1. 1 従業員が Enterprise Productivity Bot にアクセスします
  2. 2 Azure Active Directory が従業員の ID を確認します
  3. 3 Bot は Azure Graph を介して従業員の Office 365 カレンダーにクエリを実行できます
  4. 4 カレンダーから収集したデータを使用して、Bot が Dynamics CRM の事例情報にアクセスします
  5. 5 従業員にデータが返され、その従業員は Bot に留まったままデータを絞り込むことができます
  6. 6 Application Insights が、ランタイム テレメトリを収集して、ボットのパフォーマンスと使用方法により開発をサポートします

関連製品およびサービス

Functions

サーバーレス コードを使用してイベントを処理

Bot Framework

ユーザーがどこにいてもやり取りができる優れた話し手を構築する

Cognitive Services

スマートな API 機能を追加して状況に合ったやり取りを実現する

サーバーレス ボットの作成を今すぐ始める